東京五輪は出来るのか?

東京五輪開催、

命を守るために早く中止の決断を




    はたして東京五輪は開催されるのか?

    新型コロナウイルスがまるで不眠不休のごとく、

    地球上で感染拡大を続けている。


    世界の新型コロナ感染者数と死者数は依然、

    右肩上がりで、イギリスやアメリカ、ブラジル、

    南アフリカ、そして、日本をはじめ、

    多くの国々で感染拡大に歯止めがかかっていない。

    集中医療体制が整ったドイツでさえも、

    医療崩壊の危機に瀕してきた。

    メルケル氏は 一月中のロックダウンを

    さらに四月まで 延長しなければならないと、

    言われて居るとか?


    多くの国々は海外からの厳しい入国規制を敷いており、

    地球全体が今、事実上ロックダウンされている状態だ。

    日本は やっと昨日 ビジネス往来を停止。

    ( 13日に11カ国・地域のビジネス関係者らの

      短期滞在・長期滞在(ビジネス往来)の

      一時停止を決めた。 )

    こうした中、

    ほとんどの国が今夏の東京オリンピック

    ・パラリンピックどころではないのが実情だろう。

    開催するには、多くのボランティアの協力も必要です。

    今 日本には その【 余力 】は 無いと

    思われます。

    感染の心配も大きく、何より【 人の移動 】が

    恐怖になり得ます。

    感染者が増えて居る理由は・・・

    何より【 異種に変性したウイルス 】が

    既に 増えつつある現実です。

    ●すでに20カ国で

     国民1000人あたり1人が死亡!!

    国際統計サイト「Worldometer」

    の1月13日時点のデータによると、

    アメリカやイギリス、フランス、スペイン、

    イタリア、ハンガリー、ペルーなど20カ国で

    すでに国民1000人あたり1人以上が

    新型コロナで死亡しています。


    考えてみていただきたい。

    1000人に1人が死亡というのは、

    「友達の誰か」

    あるいは

    「友達の友達の誰か」

    が死亡といったかなり身近な大問題だろう。


    日本の1000人当たりの死亡数は0.032人で、

    世界220カ国中136位にとどまっているが、

    海外では感染爆発によるコロナ死が

    切実で自分事になっている国々が多い。


    何処の国も・・・

    こんな大変な時に 一部の選手だけに、

    オリンピック参加を 勧められるのでしょうか?

    ●ワクチン問題

    今夏の東京五輪開幕を控え、

    ワクチンの普及も内外で大きな問題になっている。


    「 世界で(ワクチン)接種が始まっている。

      日本でも2月の下旬までには予防接種したい。

      こうしたことをしっかり対応していくことで、

      国民の雰囲気も変わってくるのではないか

      と思っている」


    菅首相は1月7日の記者会見でこう述べ、

    ワクチンの効果が出ることで


    東京五輪開催に対する国民の理解が得られる

    との認識を示した。


    日本政府は2月下旬から開始し、

    五輪開幕1カ月前の6月までに

    国民に十分なワクチンを提供する方針を示している。


    しかし、

    はたしてこれが順調にいくのか。


    例えば、

    2020年末までに2000万人のワクチン接種を

    目標としていたアメリカは、

    年内の接種人数はわずか280万人と、

    目標を大幅に下回った。

    接種を行う医療現場のスタッフ雇用などが

    思うように進んでいないという。


    ワクチンの提供の問題は日本だけの問題ではない。

    アフリカや南アメリカ、中東などの国々では

    新型コロナウイルスの第3波を阻止しようと必死だが、

    欧米主要国と違って、

    いつまでに十分なワクチンが供給されるのか

    見通しが立っていない。

    そんな状況の中、

    すべての国々の選手たちが十分に練習し、

    五輪予選や五輪本選に参加できるだろうか。

     

    ●集団免疫「2021年中は無理」 

    世界保健機関(WHO)の主任科学者

    ソミヤ・スワミナサン氏は1月11日の記者会見で、

    一部の国でワクチン接種が始まったものの、

    人口の一定数以上が免疫を持つことで

    流行を防ぐことができる「集団免疫」については、

    「2021年中には達成することはありえない。

     いくつかの国ではできるかもしれないが、

     世界全体の人が守られる水準になることはない」

    と述べた。


    さらに、WHOによると、

    約40カ国で接種が始まったが、

    国民の平均所得が高い国に集中しているという。


    先進国と途上国の間で

    ワクチン接種に格差が生じてきている中、

    東京五輪を強行していいのか。


    スポーツのフェア精神に反し、

    公平公正な競技をゆがめることにならないだろうか。

    つまり、同じ【 金メダル 】でも、

    東京オリンピックでの【 金 】は、

    不公平 不公正な競技での結果と

    みなされるのではないか?

    そんな【 金メダル 】でも・・・

    選手は 欲しいのか?

    パンデミック禍で

    富と特権を有する国と選手が

    優位にならないのか。

    ●検査問題

    東京五輪では、

    選手や大会関係者を合わせて

    約1万5000人が来日すると見込まれている。

    このほか、

    外国からの観客や大会ボランティア、

    メディア関係者らを考えれば、

    何万、いや何十万が都心に集まりかねない。

    日本はこうした人々全員に

    はたしてPCR検査を実施できるのか。

    今でさえ、必要とする人に充分に

    PCR検査が出来ない国に、

    そんな事が出来るのだろうか?

    もう、日本は 政治の遅れから

    世界の【 後進国 】かも知れないのに・・・。


    いい加減に 日本の国の、

    現実に目覚めて欲しい。


    新型コロナのお年寄りへの重症リスクが高い中、

    日本は世界一の高齢化社会だ。

    しかし、Worldometerによると、

    日本の人口100万人当たりの検査件数は

    いまだ世界220カ国中148位にとどまっている。

    とても先進国とは言えない水準だ。


    日本は世界一の高齢化社会で重症化リスクが高い中、検査件数はいまだ先進国とは言えない水準にとどまる。TOKYO MXテレビ「モーニングCROSS」出演時の画面を筆者がキャプチャー=2021年1月4日
    日本は世界一の高齢化社会で重症化リスクが高い中、検査件数はいまだ先進国とは言えない水準にとどまる。TOKYO MXテレビ「モーニングCROSS」出演時の画面を筆者がキャプチャー=2021年1月4日

    水際対策で「蟻の一穴」があれば、

    容赦なくウイルスが入り込み、

    堤防を壊して感染が広まってしまう。

    感染対策で優等生とみられてきた香港が

    その最たる例だ。


    香港は日本と違い、すでに第4波が到来している。

    感染対策の優等国でさえも、

    ウイルス封じ込め後に、

    すぐに次の感染が始まるという繰り返しが起きている。

     

    ●夏季大会史上最高額の3兆円超

    日本国内で感染が急激に拡大するなか、

    東京オリンピック・パラリンピックの延期に伴い、

    新たに必要な追加費用が昨年12月に決まった。

    「延期に伴う追加経費」として2000億円、

    コロナ対策費として1000億円の合わせて

    約3000億円が増額された。

    暑さ対策などもろもろの関連費用を含めると、

    夏季大会史上最高額の3兆円以上に達している。


    そんなにお金を 湯水のように?

    使って 日本の将来は大丈夫なのだろうか?


    東京五輪の経費は夏季大会史上最高額の3兆円超。TOKYO MXテレビ「モーニングCROSS」出演時の画面を筆者がキャプチャー=2021年1月4日
    東京五輪の経費は夏季大会史上最高額の3兆円超。TOKYO MXテレビ「モーニングCROSS」出演時の画面を筆者がキャプチャー=2021年1月4日

    これには海外からの観客への入港時検査費用などが含まれていないので、感染の拡大次第で、今後予算がひょっとしたら3兆5000億円や4兆円に膨れ上がるかもしれない。

    コロナ禍でこれだけの費用を五輪開催に投じることに国民が納得するのか。


    東京五輪の開催経費は招致時の計画では、総額7340億円だった。


    猪瀬元知事も2012年当時は、ツイッターで「誤解する人がいるので言う。2020東京五輪は神宮の国立競技場を改築するがほとんど40年前の五輪施設をそのまま使うので世界一カネのかからない五輪なのです」と述べていた。

    それがいつの間にかに総額3兆円超に達してしまった。

    原資の多くが私たちの税金だ。

    これだけの費用を五輪開催に投じるのであれば、ひっ迫する医療現場で必死に頑張っている人々、さらにはコロナ禍で自殺者が増える中、仕事を失うなどした生活困窮者や学費が払えない学生などへの支援に充てるべきではないか。


    多くの人が そう~思われるでしょう?


    さらに言えば、五輪はたとえコロナ禍で中止になっても、商業主義に陥ったオリンピックを、本来のオリンピニズムに戻す絶好の機会になるのではないか。

     

    ●親愛なるアスリートたちへ

    晴れの大舞台である五輪。

    東京オリンピック・パラリンピックの開催が中止になれば、選手たちにとっては大変気の毒になるのは重々認識している。

    家族をはじめ、いろいろな方々の支援を受けながら、人生を賭けてこれまで日夜鍛錬を積んでこられたでしょう。


    しかし、今の日本にはスポーツをしたくても、そして、どんなに運動神経が良くても、貧困でできない子どもたちがぐっと増えている。

    平均的な所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の子どもの割合を示す日本の「子どもの貧困率」は、1985年の10.9%から2018年の13.5%に上昇している。

    日本の子どもの約7人に1人が貧困状態にある。


    特に、経済協力開発機構(OECD)によれば、日本の一人親家庭の貧困率は主要国の中で最悪水準にある。



    東京オリンピック・パラリンピックに出場が予定されている選手の皆様にはぜひスポーツに専念できてこられたことですごく恵まれている環境にいることを理解していただければ、と願う。 


    某スポーツの某選手は その団体の代表が、補助金を使いこみ、自分は宅配のアルバイトをしながら、練習を続けて居ると言う。

    様々な不正も在るらしい。


    そして、コロナ禍でセーフティネットも受けられずにいる人々が日本にはまだまだたくさんおり、支援の手が必要なことに思いをはせていただければ、と理解を求めたいと思う。


    一方 小さな小さなバーまでが、一日6万円の給付金?

    あまりに ズサンな政府の方針に 呆れ果てて居る。

    お金は 大事だよ~~!

    それが、政治家には 何も解って居ませんね!



    私は 今 

    オリンピック開催には 反対である。

    愚の骨頂である。

    出来ない!

    するべき時では無い!

    そう、言い切ります。


    高橋浩祐さんのご意見を元に考えました。

    国際ジャーナリスト

    英軍事専門誌ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー東京特派員。ホリプロ所属。米ボルチモア市市民栄誉賞受賞。令和元年度内閣府主催「世界青年の船」日本ナショナルリーダー。ハフポスト日本版前編集長。元日経CNBCコメンテーター。1993年慶応大学経済学部卒、2004年米コロンビア大学大学院ジャーナリズムスクールとSIPA(国際公共政策大学院)を修了。

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 13

    なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた 驚いた
    ナイス ナイス ナイス
    ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

    この記事へのコメント

    2021年01月14日 12:28
    IOCの最古参の委員から、東京五輪の開催は
    不確実だという意見が聞こえて来ましたね。
    これはIOCがよくやる手法で、
    会長の意見や、IOCの公式見解を発表する前に、
    今後の見通しを事前に流したものと思われます。
    IOCは開催中止に動き始めてるんだな
    という事が、この委員の発言からも分かりますね。
    日本側もそれは承知してるでしょうが、
    今の段階では誰も言い出せないというのが本音でしょう。
    いずれにしろ開催中止になるとは思いますが、
    「それを日本人が言い出すのはけしからん」みたいな、
    変な国粋主義的な言動が幅を利かせないように、
    しっかり成り行きを見守りたいものですね。
    2021年01月15日 04:34
    無理でしょう! ぼちぼちこちらでも今年のオリンピックは一年延長になったが現在不透明状態である、ということがニュースで言われていました。
    春にコロナが少し静まって来たとしても、選手や委員会のメンバーやテレビ局スタッフなど、次から次に入国してくる大勢の人たちを、どのように検疫をしようと考えているのでしょうか? 2週間隔離なんて無理でしょう。私は開催に関しては否定的です。
    ハイジママ
    2021年01月15日 20:23
    araraさん

    あなたも そう思われますか?
    スイスでも、そういう報道が?

    >無理でしょう! ぼちぼちこちらでも今年のオリンピックは一年延長になったが現在不透明状態である、ということがニュースで言われていました。

    あまりに、コロナウイルスに変異種が 次から次へと出て居ますね。しかも、感染率も高くなって居るとか!

    >春にコロナが少し静まって来たとしても、選手や委員会のメンバーやテレビ局スタッフなど、次から次に入国してくる大勢の人たちを、どのように検疫をしようと考えているのでしょうか? 

    気が遠くなるような労力ですよね。とても、今の日本に、その能力はありませんね。コロナ対策一つが 台湾のように 国民の協力のもと 出来ない日本政府ですからね。

    >2週間隔離なんて無理でしょう。私は開催に関しては否定的です。

    残念ですが そうなりますよね。
    ハイジママ
    2021年01月15日 20:28
    yasuhikoさん

    こんばんは!

    >IOCの最古参の委員から、東京五輪の開催は不確実だという意見が聞こえて来ましたね。

    そうなのですよ~。誰もが 今 そちらの方向に傾いて居ます。

    >これはIOCがよくやる手法で、会長の意見や、IOCの公式見解を発表する前に今後の見通しを事前に流したものと思われます。

    なるほど・・・。

    >IOCは開催中止に動き始めてるんだなという事が、この委員の発言からも分かりますね。

    あちらから 中止と言い出すのを 日本は待って居る?

    >日本側もそれは承知してるでしょうが、今の段階では誰も言い出せないというのが本音でしょう。

    森氏も苦しいところでしょうね。

    >いずれにしろ開催中止になるとは思いますが、「それを日本人が言い出すのはけしからん」みたいな、変な国粋主義的な言動が幅を利かせないように、しっかり成り行きを見守りたいものですね。

    そうですね。国粋主義 まっぴらですね。
    ぼてくん
    2021年01月17日 16:56
    こんにちは。
    オリンピックの中止を、日本から言い出すと、今後、永遠に日本でオリンピックを開催できなくなるそうです。
    だから、IOCから言ってくれば、新たな開催のチャンスが大きくなります。
    私の希望は、東京オリンピックを2024年に延期して、今、決まっているパリとロサンゼルスを4年ずつ延期してもらうことです。
    今がピークのアスリートにはかわいそうですが、そのそのくらいのことを、バッハさんに決めてもらいたいですね。
    今年、東京がダメなら、来年の北京の冬季オリンピックもダメでしょう。
    ハイジママ
    2021年01月17日 20:35
    ぼてくんさん

    こんばんは。

    >オリンピックの中止を、日本から言い出すと、今後、永遠に日本でオリンピックを開催できなくなるそうです。

    そうなのですか?

    >だから、IOCから言ってくれば、新たな開催のチャンスが大きくなります。

    最新の情報では もはや開催とか中止とかは、国連から言ってもらわないと、決断出来ないそうです。


    >今がピークのアスリートにはかわいそうですが、そのそのくらいのことを、バッハさんに決めてもらいたいですね。

    昔、モスクワ大会が中止になった時にも 選手たちは泣きましたね。

    >今年、東京がダメなら、来年の北京の冬季オリンピックもダメでしょう。

    時として 政治的な理由で、聖なるオリンピックも開催出来ないようになりますね。
    悲しいですが、それほど~世界の動きは予想不可能な時代ですね。