やっぱり不景気ですよ。

私、話好きで 色々な業者さんと話します。

ズ~~と、やりかけで放かってあった仕事に

やっと【 ある業者さん 】が声をかけて下さいました。

二階の部屋が寒いので 何とか 断熱材を入れたいと

思って居たのですが・・・

東日本大震災で 断熱材が無い?とかで、

その業者は ズ==と連絡が無くなって居たのです。

まぁ~結局は その仕事は 頼みません。

主人が あとどれだけ生きるか?

そんなに生きないから 今さら もういいや!と?

私の考え方と異なるのです。

それまで 来なかった業者が急に来るとは?

よほど・・・

仕事が無いのかしら?

聞くところに寄ると、

消費税が10%になった事で

急に 人々の消費マインドが

冷え切ってしまったそうです。

なるほど~~。

10%を お上に出す! 

と,いう抵抗感からでしょうか?

もちろん、一千万以下の売り上げしか無い業者さんは

消費税と称して お客さんから いただいても

実際の納税は有りません。

消費者が 出すだけ、

か細い業者さんは それでも 消費税を

3%の時から お客さんから貰って居られました。

さすがに 10%になると・・・

貰い辛いのか 消費税は要らないから 

お仕事を・・・ください、と、言われます。

???

何が何だか よ~く解らない消費税の取り方。

大きなお店は 必ず 消費税を

商品値段にプラスされます。

これ、もう~かなり 国民生活に浸透して居ます。

税が正しく使われれば 私たちは文句も言いませんが、

肝心の税の使い方が オカシイ場合は

声を上げなければなりませんね。

働き盛りの息子たちの世代は 所得税も上がりました。

サラリーマンが 一番に 取り易いからでしょう。



まぁ~

景気がかなり落ち込んで居る事だけは 

確かです。

外食産業は お客さんも チラホラ。

いつの間にか 有った筈のお店が

無くなって居たり~

小さな地方のデパートは 店じまい。

食品を扱うスーパーは、

どうしても 食べなきゃならないものなので

特売日や 遅い時間の見切り値段の時には

帰宅を急ぐ会社員のお父さん・・・

近頃は 男性客も 違和感無し。

安い売れ残り商品目当てで

お客さんが来て居ますが・・・

(私も その一人)

普通の日 本当に お客さんは チラホラ。

私の目から見ても 「 不景気だなぁ~ 」

と、感じて居ます。

これから、どうなるのか?

少々 不安も在りますね。

世界経済の減速かしら?