恐ろしい言葉

【10月14日 AFP】

香港で4か月にわたり民主派のデモが続いている中、

中国の習近平国家主席は、

中国の分裂を図る者は

体を打ち砕かれ

  骨は粉々に

           されるだろう 」

と述べた。

中国外務省が13日、明らかにした。

何と! 恐ろしい言葉でしょう。

其処まで言うか?

其処まで 脅威を与えないと 

国は平定出来ないのか?

一党独裁では 自由は奪われるもの。

それは 当たり前の事。

一つの国に 二つの考え方は無理?

(一国二制度は 無理?)

ましてや 台湾へも侵略を考えて居る?

台湾の人たちも 香港同様に

抵抗されるのは 間違い在りません。

あれだけ 既に自由を謳歌されて居るのですから。



困りましたね。

同じ中国人であっても 同じ香港人であっても・・・

仕事が違うと にらみ合います。

警察官は 学生たちを撃ち

学生も 警官たちに抵抗します。

ドンドン エスカレートするばかりです。

結局 弱い学生は・・・

国家権力に負けるしか 無いのでしょうか?

家族も分断されて居ます。

純粋に

【 誰もが自由に

    意見を言える国 】を

目指すだけで、分断を図るとみなされ、

処罰を受けるのか?

自由が無いなら 我々は命も投げ出す!と、

学生は 追い込まれて居ます。

可哀そう過ぎますね。

かって日本も 

東大の安田講堂に立てこもった時がありました。

私が 息子と 【 あの安田講堂の地下食堂 】で

食事をした時、ふと昔の事を思い出したものです。

あの頃 私は中学生でした。

少し政治的に目覚めた子でした。

樺美智子さんの【死】に、

心痛めました。


あれから おおよそ60年・・・

日本は 変わりましたか?

又 再び ものが言えない社会が 

近づこうとして居ますか?

もしも、そうなら・・・

それは 決して許すべきじゃ無い。

あまりに一つの権力が強くなることは

望ましく無いのです。

あくまでも 話し合う事によって 

国家のあるべき姿を 探しましょう。

少々 香港の学生さんたちも

追い詰められたとは言え、

過激になり過ぎました。

何とか 双方が理性を取り戻し、

解決への道へ歩みますように

願わざるを得ません。

若い人たちが あそこまで自由を求めて

ガンバって居るのに、世界の自由国家は

応援してあげたいものです。

もちろん、中国の国内問題では有りますが・・・

干渉と言うより 

命の大切さ、自由にものを言う意味。

それらは 決して忘れてはいけない人としての道。

中国に それを気付いて欲しいものです。

学生さんたちを 無差別に捕まえ、

まさか まさかの【 人体模型 】なんかに

しちゃいけないですよ。

( 以前、思想犯をそうした国ですからね!)

そういう意味での監視は必要です。

頑張れ!

香港の若者よ!

君たちには 世界が付いて居る。

お母さんやお父さんも 心配して居るよ。



外務省によると習氏は、

「 いかなる地域であれ、

  中国から分離させよう

      と、する者は

  体を打ち砕か

  骨は粉々にされて

  死ぬだろう 」

と、述べ、

「 中国の分裂を支持する

  いかなる外部勢力も、

  中国人からは

  妄想をしている

  と、見られるだけだ 」 

と、指摘した。



11月19日

さらにあれから ひと月経ち 

学生さんたちの運動はさらに激しくなった!

今なお 香港は荒れて居る。

10月当時より 激しく抵抗して居る学生さんたち。

どうか 御無事で・・・。

オッたまげた~!

私が住む町。

日本中 どこでも同じかも知れないが・・・

亡くなる方が この頃 多いかも・・・

急に寒くなり、風邪ひきさんも多い。

私も体調が イマイチかも?

少々 不機嫌です。

不機嫌な理由は様々あれど・・・。

やはり 日本全体が 高齢化。

老人が多い社会になって居るからであろうが。

回覧板が回って来た。



近頃は~

簡単に済ます【 家族葬 】が、多い。

皆さま 付き合いは程ほどで~

シンプルになって来たので?

あまり 葬式の回覧が回って来ても、

関心を示さず~?

何処の誰だか? 顔さえ分からない方も

多いらしい。

通夜に行くべきか?

本葬に行きべきか?

お香典はいくら?

そういう迷いをする時代は 終わった?

「 フンフン~また 亡くなったのね。

  今度は一丁目の〇〇さん? 

  ガンで治療中と聞いて居たから

  ついに力尽きたのか? 」

と、そんな感じ。

たまたま 闘病中と知って居たのは

私だけ。

ラジオ体操に お出掛けして居る〇〇さんと

話した事があるからです。

しっかり お亡くなりになった方の名前も見ないで・・・

直ぐに 回覧板にチェックを入れて

次へ回す。

そんな動作をしたばかり。

その場に居た人たちも てっきり 〇〇さん!

と、思い込み?

ガン治療中だった〇〇さんが 亡くなったと。



ニ三日経って ゴミの日。

何と! ゴミ袋を持って集積場へ来られたのは

亡くなった筈の〇〇さん!

私は 自分の目を疑った!

まじまじと顔を見ちゃったよ!

「 わぁ~お化け? 」

きわめて〇〇さん 血色も良い。

青白いお化けじゃない。

〇〇さんには ちゃんと 手足が有りました。

思わず 叫びそうになりましたが・・・

グッと堪えて 朝のご挨拶。

あまりにビックリしたので・・・

「 この度はご愁傷様でした! 」

と、言うのさえ 忘れてしまった。

あぁ~不覚なり。

そういう時は 言葉が出ないものなのですね。

私は この時 たぶん・・・

まるで 【 幽霊 】でも 見たかのような貌を

していたに違いない。(笑)




どうやら 亡くなったのは 

〇〇さんの奥さんらしい?

亡くなるのは闘病中の旦那さんだと

思うのは 当然でしょう? 

回覧板の名前まで 目がいかず、

しっかり名前も確かめないで、

思いこんでしまったのね。

死ぬ順序だけは 解らないもの。

ピンピンして居た方が 突然に!

と、いう事もあるのね。



季節の変わり目。

皆さん、気をつけましょうね。

そう言う自分も・・・

インフルエンザの予防注射をしてから

少し体調がおかしいのです。

風邪気味?

気をつけましょう。

風邪は万病の元。