夏場の脳梗塞に注意です!

6~8月は脳梗塞に注意しなければならないそうです。

何処の家系にも 探してみれば~

案外 近い身内が 脳梗塞で逝かれた方が居られるのでは?

昔は 食事も塩辛いものが多かったし

知識もあまり無かったので・・・

寒い時に 無理をして

仕事をしたからです。

実は 私の身内にも・・・

母方のお爺さんが 脳梗塞で 身体不自由になり

結局 最期は寝たきりで亡くなりました。

相方の母方のお爺さんも

脳梗塞だったそうです。

なりやすい家系というものが有れば・・・

わが家も注意しなくてはなりません。




冬に起こる病だと 思って居ました。

寒い時に起こるもの ばかりじゃなく、

この暑さが 迫り来る 6月から8月にかけても

大変 危険な時期らしいのです。

皆さんに注意していただきたく こんな記事を

紹介いたします。


 ~脳梗塞 見過ごしてしまう「前兆」とは~



海原 純子(うみはら・じゅんこ)先生のお話からです。

 東京慈恵会医科大学卒業。

心療内科医、産業医。

日本医科大学・特任教授



 ◇予防のための6カ条

 以下は、夏場の脳梗塞を予防するための6カ条です。

 1.水分の補給で脱水防止

 水分補給の大切さは知っていても、仕事で会議が続いたり、車の運転で長時間、温室状態の車内にいたりした場合、汗をかいて脱水状態になることがあります。常にミネラルウオーターのボトルを持参して、時間を決めて飲んでおくことをお勧めします。会議であっても、周りの人が飲んでいないからと遠慮せず、水分を補給してください。

  私は 人が驚くほど よく水を飲みます。

  やはり 血液はサラサラ流れるように 注意して居ます。

  少し 食事が偏ったかな? と、思う時は 

  タマネギ や 納豆を 急いで 食べます。


 2. ストレスと睡眠不足に注意

 ストレスが多く、眠りが浅い、朝早く目が覚めてしまって熟睡感がないなどの場合、血圧が上昇していることがあります。寝る前に、身体をストレッチなどで緩めておくと、睡眠の質が改善します。

 私が 陥りやすいのは やはり 【 ストレス 】 かも知れません。

 楽天的&呑気な私なのですが、やはりストレスは有ります。

 ストレスに負けるものかと! 心を強く持ちたいと思います。

 3.就寝前の呼吸で自律神経調整

 寝る前の呼吸で睡眠の質は変わります。鼻から息を吸い、吸う息の倍の長さで吐くという呼吸をすると、交感神経の緊張が緩み、血圧が安定します。寝る前の10分間ほど、この呼吸で緊張を緩めてください。

  呼吸法 大切なのですね。

  交感神経の安定を目指します。

  まさに 【 ヨガ 】 の精神だと思います。

.

 4.夜のビールはほどほどに

 ビールは利尿を促すので、脱水になりやすいといえます。ビールを飲んで水分を取ったと思うのは危険です。夜、ビールを大量に飲み、そのまま寝てしまうというパターンはリスクが大きいです。

  飲めない人ではありませんが・・・

  この頃 肝臓の事も考えつつ 殆ど お酒は飲みません。

  あまり 飲みたいという気にもならないのです。

  とにかく 深酒はいけないのです。




 5.血圧を測ってみよう


 血圧計はお持ちですか。1台、家に置いて、時々測る習慣をつけてはどうでしょう。普段低くても、急に高いことに気がついたら、睡眠を十分に取って、リラックスする時間を増やすようにしてください。

  睡眠を充分にとって ( 眠れなかった日は 必ず お昼寝です。

  無理をせず 体をリラックス しまくりです。


 6.楽観バイアス禁止

 しびれがあったり、言葉が出にくくなったりしたら、すぐ症状が治まっても、必ず受診をしてください。

 何か変だと気付いても、直ぐ治ると、受診するのを遠慮したりすることがあります。

 脳梗塞は、治療開始が早ければ早いほど、予後がいいので受診をしてください。

  こればかりは 医者へ駆け込むことを 遠慮しないことですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 すぐ近くに住まわれて居るAさんですが

 今日は お元気に 植木の手入れをしておいでだったので

 驚きました。

 彼は 二年前に頼まれたお家の庭木の手入れをしていて

 倒れられたのです。

 脳梗塞でした。

 入院されましたが 奥様の献身的な介護 & 今の素晴らしいお薬

 その両方が 上手くいって~ ( 奥様は 看護婦さんです )

 メキメキと回復され、何と! 今日は 電動芝刈り機?

 ビュ~ンビュ~ンと 動かしての作業をされて居たので

 それは、それは~~驚きました。

 言いたい事は 脳梗塞にならないように 注意する事が一番ですが

 今は ありがたい事に 素晴らしい薬が在るのです。

 あきらめちゃいけない!という事です。

 前のような生活が出来るまで 回復は可能なのですね。

 

 ならないように 努力することが一番ですが、

 仮になったとしても あきらめないで~ということですが。


 
.




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年05月31日 21:36
テレビの受け売りですが脳梗塞は発見が早いと助かる確率が高く後遺症も出にくいということです。多分40分以内だったかしら・・・・。
呼吸法のことは実践してみます。
のろばあさん
2019年06月01日 14:10
こんにちは。
ハイジさん間違って居ました。
主人も一緒に見て居て「40分以内だったら」と言って居たよねと言うと
4時間以内だとセーフだと言っていたそうです。
ごめんなさい。最近特に注意力散漫です。

この記事へのトラックバック