誰の人生も 小説のごとく   劇場のごとく・・・ あなたは?

今の時代、

「 自分の人生なんて 平凡な人生さ!」

そう~思って居られる方も多いのでしょうが・・・

実は 聴いてみると~

( 聞くと、聴くとは 大違い。

  親身に相手に寄り添って 身を入れて聞くのが 聴くという事。

  そうそう、誰にも ウカウカと自分の波乱人生を語るものじゃない。

  よほど、心を許した相手しか 話さないものである。 )

実は~

誰の人生も けっこう 波乱万丈なのですよ。

心( 精神 ) 体 (  健康 生死 病 ) 環境 ( 地域 ) 

経済・・・仕事・・・転職・・・離職・・・失職・・・

恋・・・結婚・・・自立・・・孤独・・・イジメ・・・死

家族・・・嫁姑問題 

( 子育て・・教育・・・金銭問題・・・相続・・・介護・・・)

宗教・・・思想・・・政治的支持・・・哲学・・・

あらゆる分野で 何も問題無く 歩んで来た人なんて

まず居ませんね。

あり得ないのです。

そう、絶対にあり得ない。

皆 多かれ少なかれ 

問題を抱えて暮らして居られます。




多くの悩みと、付き合って居られます。

過去に苦しんだ人。

今も苦しむ人。

私 案外、人から そういう 【 人生の話 】 を

聞く場合が多い人なのです。

( 聞き上手?? さぁ~ね? )



もちろん、多かれ少なかれ 

その差は在ります。

時代によって その人生を甘んじて~

受け入れ 我慢したまま一生を終える人も多いと言う事。

しかし、今の時代は 昔と違う!という事を

すごく感じるケースが多いのです。



まぁ~
 
そういう選択も 【 自己責任 & 自身の選択 】 だと言われれば 

否定は出来ないが・・・。

そんな時代にも 勇気を持って 現実に抵抗? 反抗し?

飛び出た人も 居られるのだから。

そういう方の中には 【 偉人 】 も 出ますよね。




今日も 友人と会い そんな話で 盛り上がりましたよ。

戦後、親を亡くし~苦労された方も多かった話。

片親を亡くされ すごく苦労された話。

それでも 国は 助けてくれなかった! という話。

( 今の世は 当時に比べて 大変に優しい国になりました。

  その評価は 色々でしょうが、 申請さえすれば

  様々な手当や補助が 受けられる時代です。 )

厳しい環境に居られた方も ( 孤児として 苦労された )

今は 立派に、社会の中で 

尊敬される存在として 暮らして居られる話をしました。




彼らが暮らした時代・・・

( 戦争中から 戦後~ )

それはそれは 厳しい社会で

仕事を選ぶとか 住む場所を選ぶとか、

そんな 【 自由 】 なんて 無かったと言う話。

我慢 我慢 の暮らしだった。

食べられれば ありがたい。

生きていけるだけで 感謝?

働いて お金をいただくと言う事の ありがたさ。

どんなに辛くても くじけず 死に物狂いで 働いた。

今の時代 仕事の面でも

【 石の上にも三年 】 

【 苦労は 買ってでもしろ~ 】

【 我慢 】 【 死に物狂いで頑張る 】 と言う言葉が

通用するのでしょうか?




もちろん、少し前の時代には、

「 24時間 戦えますか? 」 

何て言う 【 企業戦士 】 を 褒め称えるような風潮も

有りましたが。

( 決して その働き方を 推奨する訳ではありません。 )

今は 【 働き方改革 】 なんちゃって・・・

若者は 楽な方向へ 向かい?

イヤな キツイ仕事は 直ぐやめるとか?

何だか解らない ふざけをしたり?

( くだらない悪戯 コンビニや食堂で悪ふざけ )

もう、甘い甘い生き方?

自分の行動が その結果 どういう事態を招くのか?

想像出来ない人たち。

少々 同じ職場で 頑張ると言う根性まで 失いつつあるような?

これは、これで 日本の弱体化を憂う原因にも なりつつある現実。

あまりに 【 ひ弱な日本人 】 を 感じる場合も有りますね。




さて、話を 私たちの時代に戻して

環境 社会 家族・・・学業・・・

がんじがらめの束縛の中で、

自分の思うように 生きるなんて、

夢の又夢だったね。

就職そのものが 大変な時代でしたから。

仕事を選ぶなんて 考えられない。




ハイ、

私も 自分の思いの通り 生きて来た訳ではありません。

親からの 【 束縛 】 

今から 思い出しても 相当 大きかったと。

親は親で その時代の常識として 当たり前の行動。

 「 自分が そんなに 子を束縛して居るなんて 」

意識して居なかったと、思う。

それ  つまり 親が言うとおりに 暮らすことが

当たり前であり 「 良かれ 」 と思い、

それが 子の幸せなのだと、決めつけて居たふしが有る。

それに 【 抵抗? 反抗? 】 出来なかった自分。

意志のしっかり持てない 実に おとなしい私。

敷かれた生き方に 従う身。

国内の旅でさえ 簡単に許されなかった。

つくづく情けない自分。

そう、親の言いなりになって居た自分。

流された人生でした。

要するに 自分が 選んだ道なのかも知れません。

全ての人が その環境の中で

生きて来た。

やはり 自分で選んだ道だった?のかな。

今更ながら 「 何を 言って居るのか?」

「 もう、お婆さんでしょう? 」 

「 寝ぼけた事など 言わないでくださいね。 」

「 ハイ、寝ぼけた事は もう~言いません。」

自分を責め 反省します。




昨夜は 「 こんなところに日本人 」 という番組を見ながら

グァテマラで 原始的な生活をされて居る 日本人女性の考え方を

知り、すごく考えさせられました。

彼女は 離婚もし~シングルマザーになり

その後 グァテマラ人と結婚、さらに その間にも 子を持ち

誘拐や略奪の多い地を離れて、今は 「 密林の中 」で

暮らして居ます。

川で洗濯?

まるで、「 桃太郎 」 のお婆さんのような毎日です。

サソリに三度も刺されたという話。

逞しいなぁ~と、驚いた次第!

ひ弱な人と 逞しい人と 両極化?

さて、これからの日本

どういう日本人は 生き方を選択するのでしょうか?

十年後の日本は 大丈夫なのでしょうか?

あまりに ひ弱だと・・・

周りの国の侵入に負けるかも知れませんね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

美代子
2019年03月13日 18:15
 ハイジさんは達観している人なんですね。人生をしっかりと考えながら生きてきた方なんでしょうね。何時もとてもいいお話を有難うございます。自分だけが苦労したと思うのは間違いなんでしょうね。それぞれの立場でそれぞれの人生と苦労がありますからね。密林の中での暮らしも「幸せ」と思えることが幸せなんでしょうね。
2019年03月14日 08:24
美代子さん
ハイ! 誰にも 波乱の人生 ありですよ。
多かれ少なかれ 悩み・・・苦労されています。
つくづく考えさせられます。
さすらいの、、、
2019年03月14日 09:49
人それぞれの人生山あり川ありであることに異存はありませんが、苦労した人とノホホンと生きた人の差異はあると思う。
友人Tは隠れ母子家庭に育ち6畳一間の畳なく茣蓙の上で生活し壊れかけたミカン箱を机にし40Wの裸電球の下で、夏の暑い盛りには側を流れる田圃用水に身体を沈め暑さを凌ぎ絶えまなく勉強し当時の細々とした奨学金とアルバイトで一流大学を卒業し当時の最大の企業に入り幾度かの転勤をもものとせず働き定年後5年で生涯を終えてしまった。彼には3万円の融通を受けたがかえすじまいであったのが今も悔やまれる。片やわれはのほほんと生きてヨタヨタと生きている。この歳に(年齢不詳)なると60代でなくなった人には「これからが・・・」と言葉が出るが高齢になって天上人になった同期には「苦痛から解放されてよかったな」と呟く。
2019年03月14日 15:39
さすらいさん
こんにちは!
そうですね。人の心には強弱が有りますよね。
すごく苦労しても 苦労を苦労と感じないお方も居られます。
それを かえって財産ととらえ、逞しく生きる人が 居られます。
治らない病気から解放された方にも 「 苦痛から解放されたね 」 と、言いますよね。人生は苦あり、だから そのいとまの安楽が 大切なのかも?知れませんね。
2019年03月14日 16:06
多くの友はいませんが、優しい人に助けられて生きています。
誤解されるといけないのですが、必ず昔から親友や女性に助けてもらっています。
さらにみえない偶然や縁で、苦しい反面恵まれた救いがあります。優しい人がいつも救いになってくれますが、国や人は基本的に好きになれません。優しい人は別格です。優しい心には神が宿っています。これだけ信じています。優しくならないと、と、思っています。
つらい人生でしたとしか、言えません。
一番人聞きが悪い人生の話では・・。偶然ですが、女性に助けられることが、ものすごく多いです。(自慢とも言えます・・笑)
2019年03月14日 18:20
ベランダさん
こんばんは!
そうですね。ベランダさんも これまで「 波乱万丈人生 」 でしたよね。
負けそうになる苦しみの中で よく頑張って来られたと思います。
あなたが 能力があり 基本的に 「 魅力ある人 」 だからこそ 多くの人に助けられてきたのかも知れませんよ。助けても せいの無い方も居られます。
助けるに値する? と言うと 人を差別するように聞こえるかも知れませんね。
人には 助けても それに値しない? 人も居られるかも?
チャンと受け止め 感謝の気持ちが表せる方だからこそ 自然と【 救いの手 」 が 差し伸べられるのかも知れない。
不幸な人は とことん 不幸かも?
あなたは 幸せな人なのだと思いますよ。
サワークラウト
2019年03月14日 19:37
ハイジさんは高齢者反抗期ですか(^^)
学校では優等生タイプで、学級委員でしたよね。
お見合い結婚して、妻として異国駐在も受け入れ、母として子供を立派に育てる30年?、丈にあったレールを外れずに生きた日本女性のお手本では?
田舎の私の幼馴染も同じです。町役場に努め禅寺の住職と結婚し、檀家さんのお世話も全部やりこなすし、私には絶対彼女の任務は務まらないです。

自分の好きな仕事や才能を早期に発見できた人は、自他共に騙さずに生きる人は、何時の時代も「幸せ者」だと思います。たとへ弾圧される共産圏の国の中でも。
生活の糧のために、中には親の治療費のためとか、お水や売春も、性に合わない、魂を潰す仕事をしなければいけない人生とか、好きでない伴侶と暮らして、お骨になったら、電車の棚の上に置いてゆく(殺伐~。ここまで我慢したのか~?)・・他人の人生の苦は深いですね。
自分にあった人生の幸せや喜びは、自分で見つけるものでしょうね。

コンベアに乗った人生をすると、道は平坦でも、毎日同じ「賽の瓦積み」地獄の中で生きているようなものかも。「何かに向かって努力している山あり谷あり乗り越えようとする生きざま」が「人生」そのものと思っています。

2019年03月14日 20:07
サワーさん
さすがですね。あなたは強者です。素晴らしいです。
自分が納得できる人生であれば それで良し。

あなたが 言われる通りです。学級委員であり 児童会の会長まで。
想像の通りです。

他人様のお世話ばかりして来ましたよ。先生が私の隣には 問題児を置き、その世話をさせました。いわば 先生の助手の様でした。

そして、所謂 親の望むような 【 良い子 】 を演じて来ました。

もっと 【 悪い子 】 になれば良かったと。

で~途中から 【 悪い子 】 に、なりましたよ。(爆笑)

それでも、なかなか 抜けられません。

この記事へのトラックバック