船の座礁・・・実に迷惑な話

豪で中国船座礁


燃油流出、


汚染の恐れ

                           4月5日15時21分配信 時事通信 記事より



オーストラリア東部クイーンズランド州沿岸にある世界遺産指定のサンゴ礁







画像



グレートバリアリーフの南端で中国の石炭運搬船が座礁、画像




燃油が流出している。


約3キロにわたって油膜が広がった。                          



                                                 ↑写真は地元沿岸警備隊提供↑


石炭6万5千tと重油975tを搭載した中国船籍の石炭運搬船が


制限海域内であるにも関わらず最高速度で浅瀬に衝突して座礁、


重油約2tが流出する事態となった。


この事故により海洋汚染やサンゴ礁を損壊する恐れが懸念されている。



グレートバリアリーフと言えば・・・


美しい世界遺産である!



グレート・バリア・リーフ (Great Barrier Reef) は、オーストラリアの北東、


クイーンズランド州の沿岸にある世界最大の珊瑚礁。


珊瑚海に位置し、3,000ヶ所の独立した珊瑚礁と大小900あまりの島々からなり、


総延長は長さ2,600kmにわたる。


多くの場所はオーストラリアの国立公園に指定され、保護されている。


1981年にはユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された。


当然、オーストラリア政府は、力を入れて、この宝を保存しようと頑張って居る。


オーストラリアの大切な【 観光資源 】 でもある。





其処へ、決められた航路から30キロも外れて・・・



中国船(石炭運搬船)が、航行、そして座礁ということである。



自国の為に~~石炭を買いあさる中国。



一刻も早く自国へ運ぼうと・・・航路を短縮したつもりか?



怒り~呆れ~地球の財産を、簡単に壊されてたまるか~~という気持ちである。



自然や動物に直接的被害をもたらすニュースには、ほんとうに心痛めます。












================================


オーストラリア政府は、断固 中国に対して、


それこそ、人民総動員で海の汚染を大掃除させるくらいの・・・?


抗議をするだろう。するべきだ!!


此処で黙って居ては・・・国としての威厳がすたる。


頑張れ!


札びらをチラつかせ、


石油や石炭、鉱石を買いあさる中国に


警鐘を鳴らすべきであろう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Sauerkraut
2010年04月06日 15:43
航路を30kmも離れるなんて、それはいけませんね~。
そしてこの事故ですか~。

すでに15年も前ですが、お盆お里帰りの途中上海へ行きました。
大きな看板に中国語が沢山書いてありましたが、解読しましたのは、
「文化人として交通法規を守り、信号無視は禁止...」と言った内容でした。
中国さん、失った自然は取り戻せない、今後こんな事件が発生しないようにお願いします
2010年04月06日 17:39
Sauerkrautさん
地球にとって、大変な損害です。
日本近海でも、よく船が無謀な航海で座礁をしたり~します。
そういう船の処分は、本当に困りますね。
多くの生物(魚・貝・サンゴ礁・水そのもの)が、迷惑を受けます。
ルールを守って、海の安全航海をしてほしいものです。
何らかの、補償?損害に対する責任が中国には発生すると思うのですが、果たして為されるでしょうか??

この記事へのトラックバック