中高年の引き籠り  既に 問題視されて居た!

おそらく、政府発表の 【 引き籠り 61万人 】 の中には

今回の川崎の事件の容疑者 ( 死亡 ) や

又 関連して 起こってしまった 元農林水産事務次官の

熊沢英昭容疑者(76)=殺人未遂容疑で逮捕

=の長男(44)が東京都練馬区の自宅で殺害された事件

ぞの長男 ( 死亡 )の数は 入って居なかったと思われる。

これ、まったく私感である。

何故なら 年老いた世代は 

「 働かない者 食うべからず 」 という道徳観? 価値観の世代。

世間に対する 【 恥 】 と、考える世代だからだ。

だから よけいに そういう身内が居ることを 隠そうとするのです。

今回の両方の家庭。

近所の人も その存在に殆ど築いて居ない現実が在った!

小遣いを与え 食事を与える家族であった。

日本が貧しい時代 例えば 戦後の時代に

こんな子が居たら・・・

親は どうしただろう?

「 働かなきゃ食べられないんだよ! 家から出てきな! 」

と、叩き出したかも知れないのだ。




いつも、政府発表の統計や実態調査を見て

思う事は 「 とても甘いな~ 」 と。

とにかく おかみは 解っちゃいない。

その甘さが 今回の事件を 招いた?

と、言っても 過言ではない。





政治家 官僚 役所の方々は

国民の生活の実態
が、分かっちゃ居ない!

と、よく思う私です。





民生委員も ご近所の方も 警察も・・・

児童相談所や 保険所も・・・

その 【 引き籠りの息子さんの存在 そのもの 】 を

知らぬまま  

今回の事件に 驚いて居るのでは無いだろうか?

それは、そのお仕事が あまりにも

形式的で 表面的に 流されて居るからです。




熊沢容疑者は 父親として 切羽詰まり、

自らの責任でもって 事件を起こしかねない

( 小学生に危害を加える可能性を感じ? )

自分の息子に手をかけた。

何故 警察に言わなかったのだろう?

等と、簡単に言う評論家が居るが・・・

父親の心情としては そんな簡単なものじゃ無い。

人様の大切な小さな命を狙いかねない 【 危険な息子 】

を 自らが 処分しようと 心に決められたのだろう。

どんなに 辛かった気持ちか!

他の方に迷惑を掛ける前に

自らの手で 息子を・・・。

どんなエリートの家庭でも・・・

どんなに 恵まれた家庭でも・・・

問題を抱えていらしたのですね。

子育て・・・

それは それは 難しいのかも知れませんね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


61万人どころか!

100万人は 居るのではないか?

と、言われて居ます。

61万人でも びっくりしたのに

さらに 100万人!

さらに 200万人! 

どうなって居るのでしょう?

この 【 日本という国 】 は~~??

何故 そんなに多くの 【 問題児 】 が

出来てしまうのでしょうか?



何と言う多くの数でしょう。

まだまだ 働ける年齢 体力のある方が・・・

昼間から 家の中で 潜んで生活して居るなんて!

驚きです。

日本の国家全体から見ても 

実に もったいない人材ですよね。

その 【 心 】 を ごくごく普通の生活が出来る場に

引き戻すことが出来るなら、

どんなに 社会が助かるか!

能力もあり~仕事も出来る方々だと思います。

( 人手不足で 外国の方を入れようとして居る日本

  その前に する事が 有るでしょう~ と。 )

それぞれの能力が 認められず・・・

社会から認められず・・・

暗い部屋の中に 引き籠ってしまった、可哀そうな人たち。

簡単に 言って居ますが・・・

これって、やはり~難しい事なのか?

何とか ならないのかと 思います。




少なくとも 昨日 出逢った 【 踊芸祭 】 の 90チームの

青年たちには まったく関係の無い言葉 【 引き籠り 】 であろう。

明るい仲間と 汗をかき 踊り尽くす 日常の中には・・・

そんな 【 闇 】 は無い!

【 仲間との絆 】 が 在るからです。

趣味を持つことは 大切です。

学生時代に 多くの仲間と コミュニケーションをとる

そんな能力をつけることが 何より 大切だと思います。



親に作ってもらった 【 お弁当 】 を

一人 コソコソ食べるような青年は 危ないです。



寿司屋のカウンターの中から

大きな声で 話しかけ ガハハ~~と、

大笑いするような職人さんは 

決して 【 引き籠り 】 には なりません。

手に職をつける事も 大きなパワーになるでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


5/17(金) 7:00配信の

筑波大学・斎藤環教授による記事からです。


「 中高年ひきこもり 」

100万人の現実


〈ひきこもりの高齢化は社会全体の大問題だ〉

文藝春秋特選記事として 既に 5月の初めに

書かれて居ました。

何か 今回の川崎殺傷事件を 

予言したような気がして居ます。

 

内閣府の調査では、

40歳から64歳のひきこもりが全国に61万3000人いる、

という推計値が明らかになりました。

中高年を対象にした国の調査はこれが初めてです。

あまりに この手の調査 遅過ぎじゃありませんか?

 

しかし私 ( 筑波大学・斎藤環教授 ) の推定では、

この2倍はいるはずです。

日本全国には200万人以上のひきこもりがいて、

その半数が中高年だと確信しています。

 

ひきこもりの高齢化は、

生活保護や年金制度を圧迫し、

孤独死を激増させるなど、大きな影響を及ぼします。



本人や家族に限らず、社会全体にとって切実な問題なのです。



中高年のひきこもり

「孤独深まる」


5月30日(木) 産経新聞の記事から

 川崎市で児童ら19人が殺傷された事件で、

逮捕されたは岩崎隆一容疑者(51)は

ひきこもりがちだったとされる。

社会問題化している中高年のひきこもり。

80代の親と同居し、

ひきこもる50代の子のいる家庭が増えているという

「8050(はちまるごーまる)問題」の名付け親で、

大阪府豊中市社会福祉協議会福祉推進室長の

勝部麗子さんに話を聞いた。

 「 岩崎容疑者は両親ではなく高齢の親族と暮らす自宅で、

   長年ひきこもっていたとされています。

   8050問題の一般的なケースよりも、

   さらに複雑な家庭環境があったと思われます。 」



 「 岩崎容疑者はすでに自殺しており、

   ひきこもりと事件の動機との因果関係は分かっていません。

   ひきこもりの当事者はそれぞれ異なる事情を抱えており、

   誰もがこうした事件を起こすという偏見が

   助長されることを危惧します。 」


 「 インターネット上では岩崎容疑者について、

   1人で死ねばよかった、などという声も上がっています。

   多大な被害を生んだ卑劣な事件であることは

   疑いようもありませんが、

   なぜこのような事件が起きたのか、

   社会全体で考える必要があります。 」

 「 今回のケースでは、親族が事件前に

   訪問看護を受ける際、

   自宅にひきこもる岩崎容疑者がトラブルを起こさないか、

   市に何度も相談に訪れていたようです。

   一方、岩崎容疑者は、

   長年社会から断絶した生活を送ることで

   孤独を深めるとともに、

   親族の老いに対する焦りを

   抱えていたのではないでしょうか。

   親族の相談を受けた市が岩崎容疑者と

   つながることができなかったことは

   非常に残念ですが、

   難しい事情もあったのだと思います。 」



 「 高齢化した親族は長い年月の末、

   岩崎容疑者との膠着(こうちゃく)した関係を

   どうにもすることができず、

   市に助けを求めたはずだと思います。

   こうした段階では第三者の専門スタッフが

   家庭訪問などをし、

   ひきこもりの当事者にアプローチする

   『 アウトリーチ 』 をしなければ解決できない状態に

   なっていることが多いです。 」


 「 近年、自治体や社会福祉協議会には

   ひきこもりの相談窓口が設けられていますが、

   対応できる人員などには、まだまだ地域差があります。

   豊中市社会福祉協議会では

   『 コミュニティソーシャルワーカー 』が、

   ひきこもりの当事者に

   活動費が支給される軽作業を紹介し、

   社会参加ができる仕組みをつくりました。

   専門的なスキルを持った人材の育成と配置を

   充実させるとともに、
  
   ひきこもりの当事者が社会とつながりを持てる

   居場所づくりを早急に進めなければなりません。 」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


引き篭もりの方を まずは 外の世界へ

招こう?

そう簡単では無いかも知れないが・・・

能力もあり、体力もある、素晴らしい君なんだから、

と、自信を取り戻してもらおう。

それには まずは 予備軍を増やさないこと。

学校や友人 何と言っても 家族は、

あなたの味方であり 決して あなたを 

切り捨てたのではない。

待って居るよ。

部屋から出て来るのを・・・

社会は まずは 温かく彼らを迎えたいですね。

出来る事から してもらいましょう。

自分が この 【 社会の一員 】 だと言う事を

理解さえ出来たら まずは 一歩なんだから。



子育ては 甘やかしでは ダメ。

親さんが 厳しく言われたのも、

あなたの自立を願って 言われたのです。

其処の所を あなたは 理解しなくちゃ~。

人生には

厳しい事も 悲しい事も ある事を受け止め

一緒に涙し~ 

でも、楽しい事も 感動できる事も有る事に気付き、

一緒に笑い合えたら 

決して 【 引き籠り 】 なんかにならなくて済むのに。

彼らが 何か 身体的に病気が有るなら

治らない病ならば 仕方がありません。

それは病院で治してもらいましょう。

治る病なら 心の持ち方で 治る病なら

治さないといけないよ。




私は 素人で 精神上の病の事は 分かりません。

ただ、子育ての経験?

それも たぶん 楽観主義の放任主義の?

いい加減な子育てだったのかも知れません。

いい加減? だったから 子供は 救われた部分が

在るのかも知れませんね。




ちょっぴり 少しづつ 努力して

家族と話しあってください。

一番に 家族は 君の事を 心配してくれる存在です。

家族は 一番の味方です。




苦しみの中から 

あなたが 明るい顔をして

出て来てくれるのを 皆 待って居ると

思います。



ピント外れな記事かも知れませんが・・・

日本全国のママたちが

心配して居る事だけは 確かです。

全ての命が 大切なのだから。

全てのママが 産んだ時点で、

「 良い子に育ちますように~ 」 

と、願って 産んだことには 間違いありません。







"中高年の引き籠り  既に 問題視されて居た!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント