何故? 阻止されるのか・・・。

一日前の記事にて

オリンピックの聖火リレーに盛り上がる

市民の様子について書きましたが・・・  

走るお方は 晴れ晴れと~

もっともなと思われる感謝の言葉を述べ、

選ばれた事を 光栄なことと!

( 個人個人の考え方次第…自由です。)

見学するお方たちは 聖火を一目見ようと~

押し合いへし合い・・・

( 基本的に人々は お祭り好き )

完全な【 蜜状態 】の様である。

そりゃ~アブナイでしょう~!

と、言うのは

私が まったく 見学したいとも思わないし~

走るタレント や 著名人に対しても 

なんら 興味も無いからである。




ただ、オリンピックの開催については、

近々の調査でも 七割以上のお方が 開催に不安を

抱いて居るという現実。

そんな中で 初めから 盛り上げる為に

開催ありき!で 進められて居る 強引なやり方に

やはり 私も不安に思うからである。

コロナ渦 国際情勢・・・

あまりにも 困難な課題が 今 日本や世界は

直面して居るからである。

今 そんな時か?

そういう気持ちが 素直な気持ち。




とにかく 日本という国は~

お上の為さることには 反対できない国らしい。

そりゃ~為政者にとっては 

おとなしい国民の方が 治めやすいのでしょうね。

でも、でも・・・

それって? 本当に【 民主主義の国 】

なのでしょうか?



昨日の記事にも 書いたように・・・

リレーの流れに 逆らう様な?

逆走をしようとする様な [  不行届きな者 】は

一人として居ない日本!

そういう話を書いたが。

今日 新聞の片隅に~

オヤオヤ! こんな人が居たのか?

こんな処遇を受けたのか?

と、思った次第。

その内容を 少し 紹介しますね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


愛知県 半田市での聖火のコースで

【 五輪中止を訴えたプラカード 】を

揚げた男性が 厳重注意され、

取り下げを求められ~~

さらに リレーコースから見えないように

プラカードの前に 立ちふさがれたそうだ!



運営感銘者からは・・・

「 個人の主張を表明する場所では無い 」

「 プラカードの提示は出来ない! 」

と、撤去を求められたそうだ!




新聞の片隅に 小さく書かれた記事だから

気が付く人も あまり 無かったでしょうね。



中国でオリンピックが開かれた時

貧民街の町の横に 高い塀を作り~

マラソンコースから 見えない様にした現実を

思い出した。

とにかく 世界には・・・

臭いもの 見せたく無いものに

蓋をする 

そういう政治の思惑が 明らかに在りますね。



日本も・・・

中国や 北朝鮮と、変わらないのか?

日本に 民主主義は根付いて居るのか?

自由に 表現出来る国

それが出来てこそ 民主主義国家だと思うのは 

間違いですか?

名古屋では あの河村市長と大村知事とのバトル

恥ずかしい署名偽装の【 リコール運動 】

全国に 知らせてしまいましたが・・・

今もなお、解決されて居ません。



表現の自由とは 

あくまでも【 自由そのもの 】です。

天皇についての考え方は 今 種々様々。

本当に 国民の為になるのは 

どういう形なのか?

大いに議論すれば良いと思います。

押し付けはいけません。

もちろん、オリンピックについても、

大いに 議論し、出来る形を探れば良い。

あくまでも 国民が決める事です。

国民の生活にマイナスになってはいけないのです。

様々な困難が 湧き出る非常事態の今

優先して解決すべき問題は 何か?

考えて行動したいですね。

政治家の先生方 本当に考えて居ますか?





日本はこれからも~

【 表現の自由 】がある国で 

在り続けたいと思います。

【 表現の不自由な国 】は、

 悲しい戦争への一歩になるんじゃないかな?

と、心配して居ます。

私の世代は 直接に【 戦争体験 】した訳でありませんが、

同級生には 父の無い子や 家なき子?

そんな不幸な子らが 居られました。

幼かった心に強く刻まれて居ます。

年老いた今でも そういう記憶の為でしょう。

純粋に 戦争には 憎悪を感じ、

基本的に【 世界の平和 】を

常に 祈って居ます。

オリンピックも 最初の精神を大切にし、

崇高で 簡素で 清い大会を行うなら

大賛成ですがね!

もちろん、其処には 戦争も贅沢も

ジェンダー問題も在りません。

金の亡者も 存在しません。



これ、当たり前の事。

私たちの世代の殆ど全ての方の願いでしょう。

中には 全く解っちゃいないおバカさんも

居られますけれどね!

バカは いつの時代も居ますし~

人類は 間違いを繰り返す愚かな生き物ですね。