あなたの体は温かいですか?

冷えは万病のもと!

身体を温めるポイントとは?



かねてから 体を温める事が 

健康につながると知っては居ましたが、

具体的に 学術的に 書かれて居るので

此処に 重要メモとして 残したいと思います。

やはり あったかい湯に入るとか、

温かい服装をするとか、

温かくなるような食べ物を食するとか

私の実践は 間違いでは無かったと確信した次第です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下 重要記事


基礎体温が1℃上昇することで、

体の機能や免疫力が高まり、

風邪などの病気にもかかりにくい身体になります。

体温を上げ、冷えない身体を目指すことで

身体機能を高め、健康や美容にもきっと役立ちます。

さらに、代謝も上がるので

肥満やむくみの改善にも繋がります。

「冷え症」は体質だから仕方ない

と、諦めている方も多いですが、

原因となっている習慣を改めたり

工夫することで改善することができます。

その身体の不調は『冷え』から来ているかもしれません。

・むくみ・血行不良

むくみと血行には切っても切り離せない関係にあります。

人間が体温を維持できるのは、

基礎代謝によって血液が温められ、

その血液が全身をめぐっているためです。

しかし血行不良になると、

体中に行き渡る前に血液が冷えてしまいます。

そのため、

体温調節ができず冷え性の原因となります。

日頃の運動やマッサージで

血液の循環を促してあげる事が大切です。

・生理痛・生理不順

今まさに、

生理痛が辛い!

という方はお腹とおしりを同時に温めるのがおすすめ。

温める部分はおへそから8〜10センチ下周辺と、

おしりの真ん中にある骨です。

そして、

意外と重要なのがふくらはぎ。

ふくらはぎを温めることで

温まった血液が全身にめぐりやすくなります。

また、

ふくらはぎは普段からエクササイズなどを行い

筋力を低下させないようにしましょう。

・トイレが近い

一日中同じ体勢でいることは、

血流が滞りやすくなり体内が冷える原因に。

体内の冷えが頻尿の原因になり、

時間場所に関係なく尿意を我慢できなかったりと、

ストレスにつながるケースもあります。

重要なのは体を動かし、血流を滞らせないことです。

休憩時間にストレッチ等を行うだけでも、

体内から温まることが出来ます。

・夜なかなか寝付けない

からだには

効率的にからだを温めることができる部位がいくつかあります。

寝る前に、肩・首元・二の腕の裏などを温めると、

全身の血のめぐりがよくなり体温が上がることで、

からだから放熱が促されるので寝つきがよくなります。

首元や目元などを温めるとリラックス効果も生まれます。

さらに、寝る前に

温かいハーブティーを飲むのも眠気が訪れやすくなるので

オススメです。

寒くなると特に、

手足の先や腰が冷える「冷え症」は女性に多い悩みのひとつです。

成人女性の半数以上は「冷え症」に悩んでいると言われています。

「冷えは万病のもと」と言われているように、

冷えは便秘や肩こり、不眠などの

さまざまな不調の原因となるだけでなく、

免疫力を低下させる大きな原因の1つである

と、考えられています。

風邪やインフルエンザにも注意したいこの季節、

免疫力の低下は避けたいですよね。

「冷え症」は体質だから仕方ない

と諦めている方も多いですが、

原因となっている生活習慣を改めることで、

改善することができます。

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-]より


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桜の開花が 告げられ もう~温かい春?

毎年 地球は熱くなる傾向ですが・・・

一方 冬は極端に 寒い!という天候

明らかに【 異常気象 】です。

人間の体は なかなか 付いていけませんね。

若い年齢の頃は それを意識する事も中々無く、

ついつい無理な服装や生活してしまう方も居られます。

気をつけてくださいね。


お節介なオバサンは・・・

この前も 短いスカートをはいて

ブルブル震えて居る若い女性に、

「 若い時に 無理すると~

  体を壊しますよ~ 」

と、言っちゃいました。

要らぬお世話な!と、一喝されるかと思いましたが、

幸い? その女性は 二コリと笑って~

「ハ~~イ!気を付けます~」

と、明るく答えてくれました。

未来を支える若い女性が、逞しく病気をしないように

願うのを 解ってくれた?のかしら。(笑)

世代間で お互いを気遣う、

これ、美しい交流かも?