僕たち トルコ人で~す。

ご近所で 友人の家の解体工事が始まりました。

新しい家が建つのは 楽しみですが・・・

その前に 古いお家を壊さねばなりません。

何だか寂しい感じがします。

親さんは 他所へお引越しされ、

その土地は 娘さん家族に お譲りになります。

知らないお家じゃないので・・・

その前を 関心を持って 

犬のハナちゃんと共に通りました。



何と!

解体をされて居たのは・・・

顔の彫りの深い外人さんたちです。

どう見ても 中東の顔!

興味深々!

私は 彼らに話しかけました。

「 どちらのお国から 来られたのですか? 」

「 ハイ! トルコからです! 」

ニコニコと、愛想良く 彼らは答えてくれました。

体も大きく~力持ち。

仕事は しっかり出来そうな彼ら。

建築会社は 一流の会社です。

その会社と 提携して居る【解体業社】なのでしょう。

親方は 日本人だと思いますが・・・

実際に お仕事をされるのは~

皆 トルコ人ばかりでした。

たぶん 解体業には 日本人の若者は

かないのでしょうね。

それを 垣間見て・・・

私は 少し 気持ちが複雑になりました。

「 日本人の若者は 何処に? 」




東南アジアをアジトに 日本国内の年寄りたちに

「 オレオレ詐欺 」の電話をして来るのは~

日本の若者 お兄ちゃんたち。

日本の若者が 見向きもしない「 厳しい仕事 」を

汗をかいて 懸命にして居るのは?

「 トルコの若者たち 」

何だかね~~?

何故 日本人の若者たちは・・・

ひ弱な人が多くなってしまったのでしょうか?





この前 TVの番組でも・・・

「 引き籠りの若者 」の話( 實話 )を

見たばかりです。

就職氷河期の四十代が 十年以上 部屋に籠って

出て来ないという現実。

日本人の若者たち

どうしてしまったのでしょう。

生きる事は厳しいです。

大人が 追い詰めたのでしょうか?



トルコのお兄ちゃんたちは 

はるばる遠い日本に【 出稼ぎ 】に

来て居ます。




ベトナムの青年たちも・・・

ネパールの青年たちも・・・

インドネシアの青年たちも・・・




中には 職を失って 「 子牛・ヤギ 」を

盗んで食べちゃった ベトナム人も居るけれど・・・

真面目なベトナム人が殆どです。




簡単に 【 国際化 】と、言いますが、

その中身は 実に いい加減に~

扱われて居るケースも多いのです。

使う側の日本人が もう少し誠意をもって

付き合わねばならないと思うケースが

気になります。




コロナ禍で 今は そのバランスも崩れて居ますが

仕事のある所に お金を得る為に

人が集まるのは 当然です。



ただ、顔の色 少し 作りが異なるだけ。

能力も 才能も 人それぞれ、

それぞれに 尊重されるべきです。



ボヤボヤして居ると 

ボ~~とした【 日本人の若者たち 】より

仕事が出来る外国の人たちの方が

使う側も重宝しちゃうのです。




若者たちは これからの世界で

能力に応じて 活躍するでしょう。

二か国語 三か国語を 自由に話す若者も

増えて居るとか!



願わくば・・・

日本の若者たちも 逞しく~

どんな仕事にも 挑戦して欲しいです。

身も心も逞しく、生きて欲しいという事です。

頑張れ!

日本の若者たちよ!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント