東京で地震が? 起こらなければ良いが・・・。

日本列島は 災害の島である。

日本 何処に住んで居ても 

災害に襲われる可能性は同じ。

私が 住んで居る町も、

その確率は 変わりません。

でも、同じ災害でも

人口密度が高い所に 起こると

規模が大きくなってしまう。

多くの人が 苦しむことになってしまう。

不幸な人が 増えてしまう。



首都直下地震の足音なのか――。

こんなニュースが 飛び込んで来ました。

以下 そのニュースを紹介します。


20日から東京湾で地震が頻発している。

20日午後2時54分のM2.9を皮切りに、

わずか24時間で、

M2.6~3.5の地震が計6回も発生。

気象庁の地震情報によると、

震源はすべて北緯35.5度、東経140.0度。

深さは20~30キロとなっている。


なんと言う 不気味な・・・。  


気象庁は

「ほぼ同じ場所が震源とみていいでしょう」

(地震津波防災対策室)と答えた。

同一震源の地震が繰り返し起きているのだ。

立命館大特任教授の高橋学氏

(災害リスクマネジメント)が言う。

「1923年からの地震データベースを作っていますが、

 今回のような東京湾での6回もの群発地震は初めてです。

 フィリピン海プレートと北米プレートの境界で

   起きているようです。

 大きな地震はいきなり本震というのはまれで、

 本震前に中小規模の地震が起きます。

 20日からの群発地震は、

 巨大地震の前震である可能性は否定できません。」  



1872年の浜田地震(M7.1、最大震度7)は、

発生5日前から島根県東部で小さな地震が相次いだ。

1995年の阪神・淡路大震災

(M7.3、最大震度6)では、

約2カ月前に

M4クラスの地震が2度発生し、

本震当日の半日前に

M4クラスの地震が起きている。



2011年の東日本大震災

(M9.0、最大震度7.0)では、

発生前々日の3月9日から三陸沖で

群発地震が続いた。  


東京湾の群発地震は

巨大地震につながるのか。

「 今回の震源は、

     千葉県の船橋から木更津の内陸に近い海です。

  深さが20キロと浅い。

  ここで本震が起こるか、

  もっと内陸にずれて直下型地震が起こっても

  おかしくありません。

  内陸直下型は浅いところで起きれば、

  地震の規模がそれほどでなくても

  大きな被害をもたらします。

  また、沖の方にずれて、

  大きな地震が起きることも考えられます。

  その場合、

      揺れに加えて津波の被害も懸念されます。」

  (高橋学氏)  


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


コロナ禍のさなか、

東京湾の巨大地震も要警戒だ。


政治家たちが 国民の不安に寄り添う事無く

愚策ばかりに 

右往左往して居る時に

大きな災害( 地震・風水害 )が

来たら それこそ、今以上の困難を

国民に与えてしまう事になりそうですね。

そうはならないように、

国民自身で 準備するしか無いのかな?

政治は そんな時の為に 

在るんじゃないでしょうか?

何もしないで 報酬を得るなんて

まさに 『 税金泥棒 』じゃ有りませんか?

その代表として 最近では・・・

広島選出の議員さん 河井夫妻ですよね。

未だ 辞めません。

罪の意識さえ ありません。


コロナ禍では 国民が泣いて居ます。

地震など来たら 

さらに 社会は混乱してしまうでしょう。

そんな事にはなりませんように・・・。

自然を前に無力な私には祈るしか出来ません。

だからこそ、優秀である筈の官僚や政治家に

国の未来 国の安全を委託して居るのです。


もしも~もしも、地震が起こったならば、

皆さま どうか 御無事で。

私、何処にも避難せず

自宅に居ると思います。

腰を抜かすかも知れませんが。

ツバメも育って居ますし~、

犬も居ます。

動物たちの為に自宅に居ます。 

屋根の瓦は 落ちるかも知れませんが

ブルーシートを屋根にかぶせてでも

基本 土台から壁の部分は 丈だと思います。

( 一応 コンクリート製ですから )