何と!情熱的な・・・古関さんと金子さん

毎日 朝の連続TVを観ています。

私としては~珍しい事です。

ただ、大好きな志村さんが出るという事で、

見続けて居ます。

そして 大きな理由の一つが

あまりに、子役二人が可愛くて・・・

その為に 観たのです。

理由なんて そんなもの。

観ているうちにビックリすることばかりです。

意外なことに 私たちの町 すぐ近くへの旅が

新婚旅行だった!!とは・・・。

随分 若い「 駆け落ち旅行 」のようなもの?

凄いですね。


◆古関20歳、金子18歳で結婚
  (  ドラマでは 小山と音 )


ちょうど時期は 今頃

青葉の美しい季節でした。

5月下旬に古関は、手紙で知らせたとおり、

26曲の楽譜を持って名古屋に向かっている。

毎日写真で見ている金子に会えると思うと、

古関の感情は高ぶった。

興奮していたのだろう。

夜汽車で眠れぬ古関は、

「ここは大井川」、

「ここは天竜川」と、

つぶやきながら、名古屋を目指した。

郡山~東京~名古屋へ

当時の鉄道、

随分 長い時間に感じられたことでしょう。

名古屋駅で 逢ったのですね。

なんと! ワクワクするのでしょう。

名古屋で金子(きんこ)と初めて会うと、

納屋橋(なやばし)から電車で

犬山を通って岐阜県の今渡まで行き、

そこから木曽川下りをしている。

若い二人、なんと!実行力があるのでしょう!

これが二人にとっての新婚旅行であり、

「五月の新緑がきらきら光る美しい旅でした」

と、いう。



古関がイギリス留学するかどうかで

苦しんでいることを知り、

金子は放っておけなくなったのだろう。

古関と金子は昭和5年6月1日に結婚した。

古関20歳、金子18歳という若さであった。



情熱!

燃え上がる気持ち!

凡人には とうてい 出来ない行動です。



ちょっぴり? 羨ましい気分で

毎回・・・観ています。



人生!

情熱って 大切です。

心には 正直に答えましょう。

枯れた婆さん 

過去を振り返って 思うことです。

----------------------------

尚 志村さんの代わりに 沢田研二さんが

映画を撮られるそうで・・・

( 山田洋二監督の映画です )

多くの人が 期待して居るそうです。

そう言えば 二人は 顔のパーツが

似ていますよね。