何もかも 『 ツケ 』ですね。政治家 公務員 お役所仕事の怠慢ですね。


今回のコロナ危機

日本政府が実施する各種支援策の手続きに

異様に時間がかかるという問題が

発生しているのは、だれの目にも明らか。

明日の生活が、どうなるか?

心配で 心配で・・・と言う方が

如何に多いか?

日本の経済は 

此処まで 脆弱・もろいものだったのか?

自転車操業?

内部留保は 無かったのか?

家賃は そんなに高かったのか?

驚くばかりの『 現実 』

私のような 甘ちゃんには 

考えられないほどの 日本の商売のもろさ!である。




各種手続き&配布が

どれだけスムーズに実施できるのかは、

その国の社会システムの完成度と

比例して居ると、思うのだが・・・?

日本の場合はどこに問題があるのだろうか。

すごく気になる。



公務員さんも 久々に? 忙しそう。

それは 私の周囲を見渡すだけで 察知は出来る。

帰宅が 少し 遅いからね!(笑)

まぁ~こんな時だから

大いに 汗をかいてくださいな!



政治家の皆さんは?

地方によっては 封筒の仕分けとか、

公務員さんと共に汗をかいて居るという

地方議員さんも 居ると聞くが、

少なくとも 中央の政治家たちの姿は

そうは見えない。



地方議員でも・・・

呑気に風呂に浸かり 飲み食いしたものを 

FBに TwitterにUPして居る輩( 目撃 )

そんな不行き届きな議員さんも居て・・・

用の終わった老人じゃあるまいし・・・

こんな時に あるまじき行動をして居る議員さん達。

許せない!

今は 国民の中に入り( 当然 )

人々の苦しみ 悩み 問題解決の為に、

走り回る時では無いのか?

( もちろん、感染源にならぬように

  完全防御しての行動だ、)

電話やメールで どれだけでも 情報は吸収出来る筈。

どれだけの議員が それをして居るのだろうか?

不行き届きな輩を代表して 河井夫妻をあげようか?

一刻も早く辞職すれば良いものを 酒を飲み薬を飲んで

救急車で運ばれたり・・・許されない女性だ。

もちろん、旦那は 彼女の指南役。

仮面夫婦も そういう時だけ気が合うのか?

とにかく 「 居てはならない議員夫妻 」である。

広島の恥! 



先の津波・福島原発の時もそう・・・

多くの風水害の時もそう・・・

思い起こせば 様々な『 遅れ 』

想定外と言えば 済むとでも?

イヤ、もはや地球は 世界は 日本には

想定外で 未曽有の災害が起こり得るのだから

国を任された『 政治家&お役人 」たちは、

それに 心して準備して置かねばならない!と

思うのだが いかがでしょうか?



政府はコロナ危機に対応するため、

全国民を対象に一律10万円の支給を決定した。

この取り決めが 良いのか?

それとも、一考の余地ありなのか?

それぞれの立場で 意見は異なるであろう。

その議論は 別として、

支給される事には ありがたい”と、思う国民も

大いに違いない。

だが、実際の支払いまでには

かなりの時間がかかると言われており、

人口の多い自治体では

6月以降になる可能性もあるという。

遅くては間に合わない人も 多いのではないか?

現に 私の知り合いでは 

支給されたという話は 未だ 聞いて居ない。

似たような支援策を実施したアメリカでは、

決定から約2週間で振り込みが始まるなど、

手続きは極めて迅速だった。

EUの知り合い アメリカの知り合い 日本人

共に 始めから 其処の国民では無いのだが、

其処で 働いて居たというだけで、

即刻 口座に 振り込まれたそうだ。

税金を その国に払って居た『 労働者 』として

認められたという事だろう。



アメリカで素早い支払いが実施できたのは

確定申告の制度によるところが大きい。

アメリカは 殆どの人が

自分で確定申告を行って税金を納めるので、

税務当局は個人の年収や住所、口座番号を把握している。

同国の給付金は家族構成や年収によって金額が変わるが、

務当局のシステムが自動的に金額を計算して、

勝手に振り込んでくれるので国民は何もしなくてもよい。



日本は源泉徴収制度を採用しており、

企業に徴税業務を肩代わりさせているため、

税務当局は基本的に一定年収以上の源泉徴収票しか

企業から受け取らないなど、

個人の正確な納税額や口座情報を把握していない。

このため住民票をベースに一旦、

申請用紙を送り、国民が自ら申請するしかないのだ。



日本の源泉徴収制度は、

戦費の効率的な調達のためナチスドイツに倣って

戦時中に導入されたもので、

税額の把握より徴税が最優先される仕組みだ。

イギリスや現在のドイツなどにも近い制度があるが、

ここまで源泉徴収に依存している国は極めて珍しい。


■活用されない マイナンバー


国民総背番号制に反対する人がいるので

こうした手続きができないと主張する人もいるが、

それは事実ではない。

既にマイナンバーは付与されており、

理屈上、税務署は全ての納税者を把握できる。

徴税業務を企業に丸投げするという税制の不備によって

詳細な税額を確定できないだけだ。



以前から、当局が詳細な税額を把握でき、

かつ国民の税に対する意識も高まる

確定申告中心の制度に移行すべきとの指摘があったが、

毎回、議論は立ち消えになっている。


だから?

日本人の 税意識は 極めて低い。

今回の給付金にしても、

自分たちが 出した税金が 

還付されて来るという感覚よりも

安倍政権?? 政府さまに 『 いただく 』と

勘違いして居る人の 如何に多い事か!

現に あの麻生副総理のような態度を

見ると 明らかに 「 国民に出してやる 」

と言う お上の姿勢!

明らかに 間違いである。



休業させた従業員の手当を補助する雇用調整助成金でも

同じような事態が発生している。

4月10日の時点では、463件の申請が行われているが、

給が決定したのはわずか3件だったとされる。

似たような制度はドイツやフランスにもあるが、

ドイツは3月末時点で既に47万社の申請が受理された。


其処が メルケルさんと 安倍氏の差!

国政のレベルの差!と、言えよう。


欧州は労働関係の助成金が豊富で、

日頃から多くの企業が支援制度を利用しているため、

企業側が仕組みをよく理解している。

役所もオンライン申請や書類の簡略化などを

積極的に進めてきたこともあり、

手続きがスムーズに進んでいる。



一方、日本では労働法制が厳格に運用されておらず、

各種支援制度も有効活用されているとは言い難い。

雇用調整助成金の存在を知らなかった企業も多かったようだ。



制度の適切な運用には役所と企業、

そして国民が制度に高い関心を持ち、

日頃から地道な努力を積み重ねる必要があるが、

残念ながら日本はこうした取り組みをおざなりにしてきた。

結果として非常時に

うまく制度が機能しないという状況に陥っている。



今回の支援?

マスクや十万円 様々な助成金 等々

早く出来なければ 意味が無くなるばかりの代物。

安倍政権 & 自民党政権の大汚点として

将来的にも 歴史上 語られるに違いない。



多くの国民に そっぽを向かれた安倍政権

今 何処の誰が 支持して居るのだろう?

もはや 末期!

キレの悪い会見!

いくら語っても 空しい。

それは 彼がいくら頑張っても、

あの「 語り口 」故である。

気の毒にさえなってしまう。

国民は ヘキヘキして居る。

コロナ災によって、

彼の出口戦略は ズタズタになった。



アベノマスクによって

彼の行動 すべてが 終わった!

始末は どうつける?



もはや 華々しい引退劇は無い!

もちろん、マスクは 届いて居ない。

市役所から 申請書さえも 届いて居ない。

チャンネルを変えても 同じ顔が・・・

独占して居た。(笑)

私は プツンとTVを切った!


カミキリムシにやられた温州ミカンの木

おととし

去年

何かと 忙しい夏でした。

暑い夏でした。

( 大工さんが 入ったので・・ )

ほとんど 庭に出ず、

涼しい部屋の中に引き篭もって居ました。

庭の果物の木は、

たまにお水 たまに肥料をあげるんだけれど・・・

収穫時に 実をもぐだけで・・・

ほったらしでした。

それでも けなげに 毎年 

ハッサクも キンカンも 温州ミカンも

生ってくれていました。

もう、何十年と 果物を

わが家に提供してくれていました。

果物が 庭から採れる事が当たり前、

ありがたみを、少々 軽んじて居ました。



カミキリムシを わが家の庭に発見したのは、

ズ~~と前 十年以上 昔です。

庭で良く実ってくれて 多くの人を

喜ばせた『 サクランボ 』の木に

綺麗な カミキリムシを見つけたのは。

案の定 サクランボの木は 見事に 

幹の中を食べられ ついに枯れてしまいました。

根元に 丸い穴がいくつも空いて居ました。

根元から 茎 葉 実に 

栄養を吸い上げる導管が

切れてしまったのでしょうね。

今は もう『 サクランボの木 』は ありません。

そういう経験があるのに、

私 実に 不覚でした。



温州ミカンの木の根元に プツプツと

丸い穴!

数は おおよそ 十? は有るでしょうか?

多いです。

カミキリムシが 出入りした穴に違いありません。

当然 温州ミカンの葉は 少しづつ元気を

失いました。



春になり・・・

新しい芽が出て来るか?

それは それは 心配でした。

木の左側半分は 無事 新しい葉が

出てくれました。( ホッ! )

右半分 なかなか 新芽が出て来ません。

ハイポネックスやら HB101とやら

うすめて 撒いたり、

カミキリの穴に 注ぎ入れたり、

毎日 毎日 私なりの『 手当 』に

励みました。

遅れる事! ひと月余りで・・・

やっと やっと 右半分の新芽が

出始めました。( ホッ! )

何とか 命を繋いだようです。

生命力が 復活です。



庭の木が 茂るのが嫌いな主人は

切るのが 大好きで・・・

ハッサクやら キンカンやら切りまくります。 

「 切ってしまえ! 邪魔だ!

  もう体力が無いから 世話が出来ん! 」

と、彼なりの『 断捨離 』なのです。



もちろん、温州ミカンの木も

もう~~要らん!とかで、

バッサ!バッサ!と 切りました。

元々 柑橘類が何より好きな夫の為に

植えた木なのにね!

ヽ(`Д´)ノプンプン!

「 止めて~~ ! 」

まだまだ ミカンに未練がある私は

主人の のこぎりの手を 止めさせるのに

必死でした。( 喧嘩? )



全て果物が生る木の大きさは 

グンと小さくなりましたが、

何とか!

今年も 温州ミカンの実は

何とか なりそうです。

今年のお正月も 少しは 食べられそう。



まぁ~何十年も 美味しいミカンを

提供してくれた木ですから

ここらで 私たちの人生と同じく

そろそろ お役御免の時期かな?

と、半分 諦めもしたのですよ。

庭の木たち・・・

いつまでも 勢いよく 立って居るわけじゃない。

いつかは寿命。

なんでも 終わりの時が来るのだと思います。




動物が好きな私。

カミキリムシを見つけて・・・

「 美しい模様だね! 」

と、褒めて居たら

大変な事になったのです。

ミカンを助けるのか?

カミキリムシを助けるのか?

当然 この時は 

仕方なく カミキリムシを潰すしか

無いのですね。

世にも不思議な物語

Aさん、突然 辞めるんだって!

本当ですか?

そういう噂ですよ!

又 お腹ですか?

何でも 今度は 

捕まりたくないからだって!

散々 ウソと悪事で 疲れたらしいよ。

キャパ 超えて頑張って?来たからねぇ~。

あとは誰だい?

エ! Y? まさか・・・。

エ! H? まさか・・・。

エ~~!

それは 無いだろう!

男が三人居たというあのA 

スッポンポンになったと言う?

あの仮面夫婦のK夫妻! 

捕まるんだって?

何でも いよいよ 

検察(今の)も

本気出すらしいよ!

三権分立を守る為だって!

良心に目覚めたのですか?

本当ですか?

半信半疑ですが・・・

半島の大統領のような末路はゴメンだと!

だから 法案通過を急いで居るんだね。

世の中は コロナ騒ぎの

真っ最中なのにね。

ところで、コロナウイルスも

急に 居なくなるそうだよ!

日本人科学者の大活躍さ!

そうだと良いのにね!

世界中が 大混乱!

明日の事は 分からない。

何が起こるか 分からない。

札束が消えて行く・・・。



志村さんが 

「 大丈夫だ~~ 」

と、現れたり・・・

岡江さんが 

「 おはようございます~ 」

と、ワイドショーに出て来たり

あり得ない事が起ると

良いんだけどなぁ~!

ァジョデイとソフ.jpg

わが家だったら・・・

死んでしまったジョデイちゃんが

生き返ったら 嬉しいんだけれどね!

(  写真は うちのソファの上を我がベッドにして

  お昼寝中のジョデイちゃんです。

  もう二十年くらい前の写真かな? )

もちろん、先代のリュウちゃんも

生き返らせて!

フレンチブルも 可愛いんだけど・・・

やはり ゴールデンは 最高だからね!



毎夜 毎夜・・・

夢見る 「 夢子お婆 」は

あり得ないような『 夢 』を

見て居るので「 ございます? 」。



今朝も 沖縄へひとっ飛び!

沖縄の繁華街で 色々な人たちと

お喋りして来ました。

沖縄の銭湯で 浮世話。

直ぐに地元の人と友人に。

沖縄の市会議員さん 三人が

名刺をくださいましたよ。

すごく現実的な夢。

何でも ジュゴンの声が 

辺野古の湾内で聞こえたとか?

まだ、生きて居たのかへ?

だとしたら 救ってあげて・・・

即刻 工事は中止だよ!



夢が好き

動物が好きなお婆の戯言でした。

失礼いたしました。ペコリ