二十年後の日本は 無い? ( ジム・ロジャーズ氏の予想 )怖い予想です。

ジム・ロジャーズ さんの名前は 

よく聞きますよね。

経済に関心がある方なら

目にした事がある名前です。


大予測:激動する世界の見方(東洋経済新報社)』から、

天才投資家の日本経済に対する

長期的な展望をお伝えします。

若干 素人の私にも 反論したい部分も在りますので

その部分は 青字で 付け加えるとします。

つまり 青字は 私の「独り言」


■日本人は「将来の問題」から

 目を背けすぎている。


1968年に世界第2位の経済大国となった日本は、

50年以上の長きにわたって繁栄してきた。

第2次世界大戦、

いやその前から大変な問題を何度も乗り越えてきた。

しかし、現在、直面している重大な問題に対して、

目を背けすぎだ。

日本の借金は日々膨れ上がっている一方で、

人口は減り続けている。

出生数も大きく減少していて、

数年先はともかく20~30年後には大変な状況になる。

人口推計はあらゆる将来予測の中で、

もっとも精度が高い予測と言える。


この点については、

人口 出生数の減少は 自然の成り行き。

膨らむばかりが 善とは 思わない私。

ロジャー氏とは、大いに意見が異なります。


今回、

日本政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、

現金10万円の一律給付など

事業規模117兆円の緊急経済対策を決定しました。

しかし、諸外国と比べると対応の遅さが目立ちました。


遅さは 日本の政治の仕組みが あまりにも煩雑で

マイナンバーは 持って居ても

それが イザと言う時に役立たずであった現実。

まだまだ日本は NET社会に慣れない後進国であった。

おまけに 政治家の意識 社会の実態が分からない人が

多過ぎる為なのである。

アベノマスクといい、各種給付金が 

本当に必要な所へ 行き渡ったのか?

甚だ 疑問である。 


東京都は裕福かもしれませんが、

国としてはすでに巨額の債務を抱えおり、

財政的な事情が

決断を遅らせた理由の一つになったのでははないか

とも推測されます。


巨額の債務は これまでの政治のツケ!

なにより 未来の人たちが 

それを払わせられる矛盾に 

私は 心痛めます。 


一方、新型コロナの対策を早期から

大規模に行ったシンガポールなどは財政黒字です。

もちろん理由は一つだけではありませんが、

日頃の「貯金」があったればこそ、

今回の有事にも迅速に対応できたのだと思います。


いつも、私が言う事だが・・・

「 貯金 」は 大事である。

会社で言えば 「 内部留保 」である。

ニュースで 各種サービス業の方が

「 家賃が払えない! 

  とても給付金では足らない 」

そんなギリギリで 商売をして居たのですか?

その日暮らしだったのですか?

やはり 半年や一年くらいは 

持ちこたえるだけの「 運転資金 」を

確保しての商売をして欲しい。

貯金が無い? それが事実ならば

そんな「 綱渡り 」の商売ばかりだったとは

にわかには 信じられないのです。

景気の悪かったのは、

もう、ここ数年以上 続いて居る現実。

安倍政権が 各種調査で数字を誤魔化し 

景気は ゆるやかに上向きだと

虚偽の報告をしていただけ。

私は そう~見ています。


今後、東京都などの緊急事態宣言が解除されたとしても

経済活動はすぐに以前の状態には戻らず、

自粛トレンドは1年2年と続く可能性があります。


自粛とは 日本に於いては、

「 禁止 」と、同様の言葉。

高齢者は 特に 社会から分断し、

引きこもり 心が暗く~暗く~

なって居る。

会話の無い社会は 人と人の距離を

遠くしてしまった。


この「ニューノーマル」の状態では、

債務が少なく、資産が多い方が当然有利です。

もし国民に引き続き自粛を要請するなら、

当然のこととして

追加の経済対策を考える必要性も出て来そうです。  


しかし、借金は無限にできるわけではありません。


今 存在する「 命 」 を救う事こそ

大切だから 経済的な救いを!

それも解るが・・・

これから 生きようとする 「 若い命 」も

大切だ。

あまりに 多くの負担を増やし続ける事も

考えものだ!

現役世代の努力と 生活の切り替えが

大切だと思うが 如何?


これ以上債務を増やし続けると

日本国債の格付けにも影響を与える可能性もあります。


日本の将来を考えたとき、

ものすごい勢いで子供を増やすか、

移民を受け入れるか、

とんでもないスピードで借金を減らすかしない限り、

日本が長期の停滞から脱する見通しは絶望的と言うしかない。


本当に そうでしょうか?

私は 何か 違う道があるように思います。

右肩上がりの経済ばかりが 真の姿じゃ無い筈。


若者が減って、高齢者が増える。

社会保障のサービス水準が変わらないとすると、

数少ない若者に重税を課さない限り

借金は増え続ける。

誰にでもできる未来予測だ。


ウ~~ン!

そうじゃない道

必ず ある筈だ!

日本人にしか出来ない工夫

きっと在る!

やはり 技術や研究開発!

その分野で 頑張るしかない!

やはり 『 知 』を 大切にしてください。

生き残りをかけて

企業も 大学も 各々の人も

より学び より知的に 頑張ってもらいたい。

まさに「 エール 」である。 


 冒険投資家として知られるロジャーズ氏は

数多くの国を旅しており、

『 日本よりも素晴らしい国はない 』と言います。

富士山も登ったことがあり、

新型コロナが収束すれば、

また大好きな日本に行くことを心待ちにしているようです。


それだからこそ、

ロジャーズ氏は日本に対して警告を発するのです。  


「 このままいけば、

  日本には恐ろしい未来が待っている。

  すぐに消滅することはないが、

  あちこちで金が不足するため、

  外資に買われまくるといったかたちで、

  実質的に国家が維持できなくなる可能性も

  ゼロとは言えない。」


社会主義国家のアクドイ作戦で・・・?

もしも、日本が 征服?されるような国

になったら・・・

それこそ 大変!

私も 素晴らしい国 日本を守りたい。


■「国家が転落すると衰退は早い」

  のが歴史の必然  


今の日本と言えば

「 世界一安全で、おいしい食べ物も全国どこでも

  すぐに手に入る素晴らしい国だ。

  なのに何をバカなことを言っているんだ。

  そんなことは起きるはずはない 」

と、反論する人も多いと思います。


 しかし、ロジャーズ氏は続けます。

「 国家の盛衰は必ず起こり、

  転落し始めると一気に衰退することを

  歴史は教えてくれる。

  もしあなたが第1次世界大戦直後の1919年に

  イギリスを訪れたならば、

  「こんな素晴らしい国は他にはない」

  と言っていただろう。

なぜならその頃のイギリスは世界ナンバーワンの国で、

金融、ものづくり、文化の面でも

世界をリードする国だったからだ。

もちろん今でもイギリスは良い国には変わりない。

しかし、

彼らの暮らしは1919年ごろから低迷し、

ついに1976年には

IMF(国際通貨基金)に助けを乞うところまで

没落してしまった。

イギリスも日本と同じように「変化」を嫌ったからだ」


ロジャーズ氏は新型コロナが、

社会革命とまでは行かなくても、

世界の人々の生活や行動に

すでに大きな変化をもたらしていると言います。  


「 (新型コロナは)数年、数十年かけて

  起こるべき変化を加速化させる作用がある。

  今までなら家を中心に勤務などしない人の

  在宅勤務が急激に増えた。

  ネット通販やウーバーイーツのような

  デリバリーサービスが爆発的に拡大しているのは

  変化の例の一つに過ぎない 」  


しかし、

日本には紙やハンコ承認の「文化」が根強く残っています。

三十年 昔・・・

紙の時代は 終わった~と 悲観的な展望を持ち

これからの印刷会社は どうあるべきか?

と、悩んだ私のいとこ。

今じゃ 

タウン誌の印刷と役所の書類の印刷で

左うちわの 隠居生活です。

四十年 昔・・・

印鑑証明の印鑑が 安物過ぎると文句を言われて

市役所の責任者と 議論した私、

少々 外国かぶれだったかも知れないけれど

懐かしい思い出。

その時から 印鑑など時代遅れとブツブツ。

未だに 役所や銀行には 印鑑が大切な役目。

その為だけに コロナ禍の中 出勤されたお方も

多かったそうで 何にも変わらない社会。

たしかに日本は ガラパコスです。



今回改めて10万円の給付でもわかったように、

マイナンバー制度も諸説批判はありますが、

結局は完全には紐付けできておらず、

いざというとき使えません。


そもそもマイナンバー以前に、

行政への問い合わせもメールではなく

基本はまだまだ電話対応を重視するなど、

諸外国と比べると

効率性を阻害する要素が大きく残ったままです。


現に マイナンバーを使いNET申請をしようとした

にも拘わらず、結局 紙の申請書で提出したわが家。

毎日 NETには 触れていると思って居たのに

実は まだまだ 遠かったのでした。

殆どの高齢者が パソコンにも

スマホにも 縁遠く 相変わらず人頼み。

情報には まことに 疎い人ばかりなのです。

情けないですね。



日本は新型コロナ危機を機に、

本当に大きく変われるのでしょうか。


「仮に一歩ではなく百歩譲って、

 日本は「ゆっくり」と変わり始めているとしよう。

 しかし、その「ゆっくり」が問題なのだ。

 社会保障にしても、少子化対策にしても同様で、

 非常にゆっくり変わっている間に

 人口は減り、借金は増えて行く。

 その間に日本は沈没してしまうだろう」


人口は 減っても それは自然の成り行き。

政府指導で 無理に子供を増やすのも なんだかね!

むしろ、増え過ぎた人口が 適正な数に帰るだけ。

ただし、借金は このままには出来ない話。


■ 外国人は衰退した国に

  訪れたいとは思わない  


「経済が好調で、国が上昇基調にあるときは、

 外国人のことなど気にしなくてもよい。

 特別な関心を示さなくても、

 向こうのほうから『来たい』と言ってくれるからだ。

 しかし、衰退した国に、外国人は来ようとは思わない。

 ましてや日本が停滞している一方で、

 中国や韓国は成長しており外国人にとっても魅力的な国になっている。

 だから、日本にとってそう多くの時間があるわけではないのだ」


ロジャーズ氏は、

移民を受け入れて成功した例として

アメリカやシンガポールを挙げる一方、

外国人を拒んで衰退した国としてミャンマー

(旧ビルマ)に言及します。  


確かに

「シンガポールで一生懸命働けば自国で家が建つ」

という外国人労働者は、本当に真面目に働いています。

もちろん日本も事実上外国人の受け入れを増やしていますが、

「人口に対して少な過ぎる」と言います。


ドイツのように、

短期間に急激に数を増やし過ぎて

問題が起きたように簡単ではないことも理解したうえで、

「もっと受け入れを増やしていく必要がある」と言います。


世界中を冒険してきたロジャーズ氏は、

「裕福な国の2代目3代目は、

 徐々に働かなくなっていく傾向がある」

と言います。  


「売り家と唐様で書く3代目」ということわざがありますね。

 これはせっかく初代が苦労して築き上げた財産を

 子孫が食い潰す悲惨な話なのに

 「売り家」と書かれた筆跡は、遊興にふけった分しゃれている」

という皮肉がこめられていますが、

決して日本がオリジナルというわけではありません。


似たような英語や中国語などの表現があるように、

どの国でも先代がとんでもないハードワーカーで資産を築いても、

結局は次の代以降になくなってしまうのです。

繁栄を維持したいのなら、

ハングリー精神にあふれ、

勤勉でよく働く外国人を受け入れたほうがよいのです。


確かに 私が知る限り

(駅前でハナちゃんと話す人たち) 

ベトナムの人や インドネシアの人

好青年たちが多い。

だから、身体的にも 精神的にも 思想的にも

問題の無い人ならば ある程度 責任を持って

受け入れるのには 賛成である。

たしか シンガポールは 入国審査が厳しい筈。

それでも 働く人の条件は かなり厳しいらしい。

今回も コロナに罹患した人は 殆どが

働きに来た外国人だと聞くし、

入国した以上 こちら側も 

責任をもって接するだけの準備が必要だと思う。

日本は外国人を受け入れる意識の低さが問題だ。

入れる以上は 国民として 責任ある対応が望ましい。


■「2021年東京五輪開催」よりも、

  その後の借金の心配を  


日本の政府は観光を成長政策の中心の一つに掲げ、

2020年の東京五輪招致にもこぎ着けました。

しかし、今回は

新型コロナで開催は1年延期を余儀なくされ、

追加の費用も数千億円にのぼるとも言われています。

ロジャーズ氏は五輪の延期についてどう考えているのでしょうか。  


「オリンピックが経済的に国民のためになったことはない。

 オリンピックを誘致し開催することで、

 政治家は票を得ることができる。

 また、スポンサー企業や建築業など関連ビジネスは

 多くの収益をあげるかもしれない。

 しかし、過去にオリンピックで救われた国など、

 まったく存在しない。

 これは疑いようのない事実だ。

 なぜなら、オリンピックというものは、

 債務を増やすものであって、

 いずれどこかで国民がツケを払うことになるからだ」


ロジャーズ氏は続けます。  

日本のみなさんは、

オリンピックが2021年に

開催されるかどうかが心配だろう。

だが、それよりも、

その後の債務のことを

もっと心配すべきだと言いたい。


ロジャーズ氏の意見は全くぶれず、

少子化対策と移民政策(同時に財政の立て直し)に

取り組むべきだと言い続けています。


今更ながら 血眼になって?

オリンピックを承知した方々の面々を

思い出す。

森 安倍 舛添 猪瀬 小池

そして おもてなしとジェスチャーした

あの小泉夫人 クリステル。

なにかしらの利益を当て込んでの招致は

純粋な心非ず。

その方々には オリンピック後の日本など

見えて居なかった筈。

欲に絡んで 結局は 罪なものを掴んだのか?

泣く選手たちが 哀れだ。

費用を負担する国民が 哀れだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、ロジャー氏の予想&提案 

これについては 少し異論である立場だが、

いずれにしても

ロジャーズ氏の予想は けっこう当たる。


政治家は目先の選挙のことしか

考えていませんが、

日本を再生させるには

長期的な政策が必要だと強調します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント