日曜日の楽しみ

TVを見ない方には

馬鹿にされ? 笑われるかも知れませんが・・・

私は 実に単純な人間なので・・・

昔から 本や 演劇 ドラマや映画・・・

そういう分野に魅了されます。

最近は・・・

日曜日のTVドラマに ハマって居ます。

珍しい事です。

一つは 【 麒麟が来る~ 】

二つ目は 【 テセウスの船 】です。



明智光秀、松永久秀、斎藤道三といった

個性の強い 独特な「キャラクター」が

取り上げられて居ます。

私が 住んで居る地方・・・

昔から 歴史上の武将が多い地域です。

勿論、何処の地域にも有名な武将はいらっしゃるのですが、

特に、この辺り 多いと思います。

そして、調べてみると・・・

何かと 自分たちの身近なところに 

そのルーツなど発見出来る事が

面白いのです。





明智光秀は 信長を本能寺で殺した謀反者?

今回は 長谷川博己さんというイケメンを配し

思慮深い明智像を描いて居ます。

この前は友人と 明智の荘に行きました。

あの【 江尻様? 】が、選手交代をしたのは

残念でしたが、(彼女なら もっと面白かったかも)

これからの展開に 期待して居ます。

もちろん、フイクションを含めて

作られる物語も 興味有りです。



歴史に弱い? オバサンたち

時代背景や各武将たちがどこをどう支配し

どんな緊張関係に置かれていたのか、

といった全体の「見取り図」の方は

ちょっと、解り難いかも知れません。

過去の歴史を描く大河ドラマでは特に、

こうした見取り図は不可欠のはず。

今後の展開を円滑にして

視聴者が物語のポイントを把握するためにも、

重要な要素になると思います。

大河の初回はキャラクターを際立たせることに

熱中になりすぎた観もあって、

「見取り図」の描き方については

『テセウスの船』の方に軍配が上がりそうです。

それは 直ぐに視聴率にもあらわれるそうで・・・

早や 少し【 麒麟が来る 】は 

視聴率は 落ちているそうです。

残念ですね。

所詮 視聴者は単純なもの。

自分がよく知って居る歴史上の出来事のみ?

分かり易い展開を望むものかも知れませんね。



一方 『テセウスの船』というドラマ

TBSの番組です。

謎めいたタイトルも意味深です。

家族思いの息子 イケメン俳優 竹内涼真さん

演技派の鈴木さんがガンガン視聴者を引っ張って

行きます。熱演です。

鈴木さんが 怪しく見えたりするところなど

さすがと思わせる演技です。

そして、「犯人は誰か」という謎解きに留まらず、

「同一性とは何か」という哲学的思索にも触れつつ、

独自のドラマ世界を描き出してくれるのです。

毎回 ハラハラしながら 解決しないもどかしさを

感じながら 見続けて居ます。

それだけ 私を惹きつけて居ます。



ドラマを観るのを 時々 馬鹿にされますが・・・

やっぱり 私は ドラマや映画が好きな人。

しばし、過去の歴史の世界や 架空の世界に遊びます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント