まるで 気分の悪~い映画?( ゴーン氏 逃亡 )

 年末から正月に・・・ 

 すごく気分の悪いニュースが入って来た。

 ゴーン & トランプの両氏。

 とんでもないお方たち。

 正月気分も ぶっ飛びました!

 日本の税関を通らず あのゴーン氏が 国外逃亡!

 随分 日本の出国も いい加減なものだと、呆れた!

 (大阪まで新幹線で移動したゴーン氏
  その目的は何かと 疑わなかったのか?
  何の為のマンション玄関のカメラなのか?)

 いくら大きな荷物とは言え、

 中身を確かめずに 通過させるなんて!

 油断し過ぎでしょう?

 (X線検査が出来ないサイズなら 
  開けてみれば分かるじゃ無いですか?
  プライベートジェットを使用するお金持ちは
  信頼できる存在と??甘いね!
  そんな事ならいくらでも 密輸出来ちゃうね!)

 大型楽器と言うが、それを信じるなんて!

 元々 関空は、プライべ―トジェットに甘いそうだ。

 (アメリカの元兵士が事前に調査したそうだ!
  調査無しは 慣例になっていたそうだ!)

 すごく気分が悪い!

 馬鹿だねぇ~~!!

   今頃 法相がどんなコメントを出そうとも、

 現実に 逃げていけない人が逃亡したのだから、

 日本の司法 日本の警察?

 日本の税関( 出国 入国 )の在り方が

 大いに 問題点が在ることが暴露された。




   形は違うが、ずいぶん昔に 世田谷一家殺人事件が

 年末に やはり気分の悪いニュースとして

 入って来た事があるが、

 あの時の すご~くイヤな気持ちと同じかも?

 世田谷一家の犯人も ひょっとしたら外国人かも?

 と、いう情報が流れているが。

 日本のニュースも 

 外人がらみの事件が多くなって居る。

   外人に対して わりあい理解があり、

 偏見が他の人より少ないと、思う私だが、

 その度に いや~な気分になる。





 レバノンの主要テレビMTV(電子版)は31日、

 カルロス・ゴーン被告が楽器箱に隠れ、

 日本の地方空港から出国したと報じた。 

 それは 関空あり、隠れたのは黒い箱。

 徐々に真相が明らかになりつつある。

   出国に際し、民間警備会社のような

 グループの支援を受けたとしている。

 どうやら それは アメリカの元軍人。

 その種の専門家らしい。

 お金を出せば 何でも出来てしまうのか?

   かなり前からの計画らしい。




  レバノン紙アフバルアルヨウムも

「警備会社を使い、箱に隠れて密出国した」

 と報じた。

  今になって、遅過ぎると思うが、

 森雅子法相は5日、出入国在留管理庁に対し

 出国手続きを一層厳格化するよう指示した

 と、明らかにした。

 何をいまさら・・・ちゃんちゃらオカシイ。

 箱の中に隠れ クシャミもしないで、体を小さくして

 逃げたゴーン氏を想像するだけで、

 姑息な卑怯な、無法者の感!

 いくら日本の司法に 不満が在れど・・・

 正面から戦ってこそ 男。

 所詮、漫画のような男だったのか!

   相当 ヤバい男?

 日本の会社のお金を非法な手段で我がものにした

 外国人の経営者。

 多くの社員を 容赦なくリストラする事など、

 そんな方法なら、誰でも出来る。

 どれだけ ゴーン氏に【 経営手腕 】が

 有ったのか 私は知らないが・・・

 所詮、お金繋がりの人脈を使い 

 お金を国外に持って行っただけの人。

 あの人相だから!と、顔の事を言うと・・・

 人に馬鹿にされるが・・・どう見ても~

 ズルそうにしか見えないのだから、

 まんざら 私の印象も間違いでは無かろう。

 (私は いつも人相がどうの!と決める人?
  眉がどうの?歯並びがどうの?耳の形が・・・等々
  すごく人間性にまで影響が出ているように思う私)

 アラブの人の顔は 随分見慣れた私でも、

 あれだけズルく怖そうな顔は見たことが無い。

 そもそも、彼に日産の再建を託した所から

 失敗じゃ無かったのか?

 所詮 会社内部の権力闘争、

 ズルい奴にやられた格好だ。

 刑事事件なのか 民事事件なのか。

 未だ 詳しい証拠や実態が掴めないままの状態で

 彼に一方的に日本の司法の非法さが暴露されたら

 国際的に 日本は恥をかくばかり。

 (確かに日本の司法は恥ずかしい部分が多い)

 1月8日には ゴーン氏は記者会見を開くと言うが・・・

 どう考えても 自分の無実を訴え 

 自分が会社を立て直したと主張し 

 日本の司法の不備を国際社会に訴えるだろう。

 保釈中と言えども 妻と会えない罰は人道的では無い。

 随分 厄介なお方を日産は抱え込んでしまったものだ!

 日本の国にとっても 【ヤバい人】だったのかも?

 だから・・・? 干されたと??

 日本の政治家も絡んで居ると?ゴーンは言う。

 いずれにしても 遅過ぎた。

 後の祭り!

 日本人がしっかりしなかったからでしょう。

 私を含めて 日本人は・・・

 甘くて優しくて、いい加減で、お人よしで

 人任せな所が有るからね。



 森雅子法相は

「同様の事態を招かないよう、
 今後とも必要な対応を行いたい」

 とのコメントを出した。

 東京地検の斎藤隆博次席検事も同日、

「迅速かつ適正な捜査で逃亡の経緯を明らかにし、
 適切に対処する」

 と、コメントを発表した。



 森雅子氏は、ゴーン被告の出国記録はなく

 「何らかの不正な手段を用いて不法に
  出国したものと考えられ、誠に遺憾だ」

 と、強調。

 「関係国や国際機関とも連携し、
  できる限りの措置を講じる」

  と、している。




 絶対に許される行為では無い。

 日本のお金を海外に違法に持ち出した罪は大きい。

 自分の為に蓄財したり、

 家族の為に使ったり、友人にバラ撒いたり・・・

 日本人の感情として許される話では無い。

 随分 日本国も日産も馬鹿にされたものだ。

 ゴーン氏のカモになった!という訳だ。

 日本をなめている。





 被告は、「司法から逃げたのではない」

 と、自己弁護しているが、勝手な言い分。

 不正な手段で逃げたのは明らかである。

 法務、外交当局などは

 総力を挙げ被告を日本に帰国させ、

 早期勾留を図らねばならない。

 日本政府としての断固たる態度を示さねばならない。

 こうしたことを許してしまったことは

 日本の出入国管理体制にとって

 大変恥ずかしい事態だ.

 できるだけ早く政府としても説明し、

 必要な捜査・調査をしていただきたい。



 こんな大変な時期に 

 何のコメントも出さない安倍総理には、

 がっかりしてばかりだ。

 期待も出来ないが、さすがに、

 なんらかのコメントが出されるべきだろう。

 おりしも、トランプ氏の浅はかな決断により、

 世界は 第三次世界大戦前夜だと、騒がれて居る。

 さすがのアメリカ人たちも 慌てて居るようだ。

 9・11のようなテロ?

 政府関係施設へのテロ?

 起こり、犠牲者が出る可能性もある。

 こんな時にトルコ・レバノンを巻き込んでの騒動

  =ゴーン氏逃亡。

 安倍総理のコメント一つで ヤバい状況にもなり得る。

 既に 自衛隊の派遣は引き続き行うと・・・

 何も考えの無い 安倍総理。

 いいんですか?。

 アメリカのポチと見られて居るのだが、

 さらに ヤバくなる!

 世界の火薬庫 アラブ!

 その地域の二分!

 アメリカ同様 狙われる存在になる。

 マズくなる!

 中東と日本は 程よい距離で、

 先達の日本の方々の賢明な行動によって

 かろうじて守られて来た 【 信頼関係 】

 それが マズくなる!

 今回のゴ-ン氏 逃亡!

 ソマリア沖への自衛隊派遣!

 言葉の誤魔化しで在ることは 明らかだ!

 何をとっても 日本の態度が試されて居る。

 日本の外交は 難しいかも知れないが、

 この際、慎重に賢明に動いてもらいたいものですね。

 気分の悪い映画など 観たくも無い。

 漫画【ゴルゴ13】か?なんか・・・

 その内容も知らないが、

 くだらない漫画も 読みたくも無い。

 漫画好きな麻生氏じゃあるまいし~!

 日本国民を守る為に 政治家は慎重に動くべき。

 今頃、北の将軍様も・・・

 浅はかなトランプ氏の決断が自分にされるのでは

 無いかと 戦々恐々。

 (つまりピンポイントで
  自分が殺されるのではないかと?)

 自分がやられる前に暴走しないか?

 非常に心配である。

 少しのスキ、小さなヤバい穴から・・・

 世界の均衡が崩れるのを見たくないものである。

 近々の国際情勢、目が離せない。

 最悪の事態だけは 避けなければならない。

 人類の知恵で 乗り切って欲しいものだ。




お正月の行事?が終わりました。

毎年 お正月には長男家族が 訪れてくれます。

残念な事に( 当たり前なのですが )

次男家族は お仕事です。

その代わり 次男家族は 休みがとれる時に

預けてある犬(ハナちゃん)に会いに時々来ます。

何と言っても ハナちゃんは 次男の犬ですからね。

でも、老人夫婦の犬になってしまって~

早や 六年が経とうとして居ます。



いつも会わない孫の成長は嬉しく楽しいものです。

爺ちゃんは 孫とベタベタしますが・・

私は あまりベタベタするタイプじゃありません。

自分で思うには 【 サッパリ型婆ちゃん 】です。

年に何回か 多くて二回?会うだけなので・・・

よけいに【孫の成長】が 目に見えます。

身体的な成長もですが、

( 今年も 柱に傷をつけて測りました。

  爺ちゃんは その印をつけるのが

  楽しみなようです。)

何と言っても 心の成長が楽しみです。 



今年の夏は 七月に東京まで

オリンピックを見に行くのだと 話して居ました。

孫たちには 記念になる事でしょう。

異常に暑くない夏だと、良いですね。



これからの世の中 地球 世界 日本・・・

どうなるのか?

厳しくはならないか?

その世界で 子や孫たちは どう生きていくのか?

そんな事が 毎年のお正月 気になる婆ちゃんです。




一緒に食事をして、お年玉をもらって、

しばしの団欒を過ごし~、

駅まで送って~手を振る~

TVの画面で見る 毎年恒例の風景です。

大きなカバンをゴロゴロひいて・・・

今年は 孫がゴロゴロ カバンをひいて来ました。

親も少しは 楽になったようです。

わが家の正月風景も 今年も無事に終わりました。



今年も、元気に~

家の中などに 引き籠らないで、

外へ出掛けるように 心掛けたいと

思います。

新年早々、お誘いが入り始めて居ます。

ハ~イ!

出掛けま~す。