街角ウオッチング ( 2019年 冬 )

久しぶりに 名古屋に出ました。

例によって 街角ウオッチング開始。

人々の姿は やはり

ピンからキリまで?

お金持ちの人も 貧しい人も・・・。

忙しそうな人も 暇そうな人も・・。




お店によって異なるのでしょうが・・・

地域によっては

すごくお客さんの入りが少ないと、

感じて居ます。

閑散として居ますよ。

岐阜県側の川の近くに

(私がお寿司を食べに行くお店の近く)

安売り専門のイオン店

( THA BIG EXTRA イオン店 )
が 開店しました。

( けっこう近くに イオンモールは
  二か所あるのですが・・・)

( 近くの山側には、沢山の住宅地が
  広がって居ます。)

もの珍しさと、買い易い平地のお店が

魅力なのか?

その地域には手軽に野菜や日用品を

購入出来る店が無かった為に

( 確かドンキーは有ったような? ) 

これまでは~川を越えて 愛知県側まで

買いに来る方が多かったような?

しかし、急にお客さんの流れが

変わったようです。

岐阜県側の方は 其処( BIG EXTRA )

で、購入されるし、愛知県側の方までも

其処 ( BIG EXTRA )まで

車でお出掛けの方が増えました。

我が町 愛知県側です。

小さなデパート Sさんも 閉店するし、

駅前のYさんも お客は半分になりました。

家族と車で行けない人のみ つまり

お年寄りだけが 徒歩での買い物をするだけ。

実に閑散として居ます。


人様のふところ具合を 

知りたいとは思いませんが、

日常の【 食べ物 】を買うだけの行動に近い。

お正月 クリスマスが近づくが・・・

あまり 【 余分なもの 】を

購入する気配は無い。



此処 愛知県は 工業生産の土地。

若い働く人たちの家族も多いが・・・

それらの人々も堅実な日常。

浮かれて バブル期のような買い物行動は

まったくしない。

外国から働きに来ている若者たちも

所詮 一時期だけの滞在ゆえ 品物など

購入せず。

毎日の食事用の買い物だけ。

生活(出稼ぎ)が終われば 生活品はゴミ

捨てたまま ご帰国。

スーツケース二個くらいで 帰国する。


何だか 愛知・・・

働くだけ 食べるだけ・・・

日常生活の中で 残るゴミだけ溜まるような

そんな県?

愛知が稼いだお金は 

税金として 国に吸い取られ

バラ撒かれて居るのが 現実かな?

経済評論家たちは

日本で 景気の良いのは?

( 土地値が上がり人々が買い物をする県 )

東京と愛知だけ?と、のたまうが、

単に オリンピックの準備、

その余波での【 工業生産 】で

たまたま 少し潤って居るだけ。

オリンピック後 日本経済は 低迷すると

言われても居るが・・・

もう、今~日本は 低迷して居る。

消費税8%から 10%への移行、そのせい?

だと言うが、8%の時意識はして居たが、

その数字が 10%となった時、

あらためて へ~~この値段に 

一割を足さなければ ならないか!という

意識は 人々に 【 消費に対する抵抗感 】を

与えて居るのだろう。

まして、正しく使われる税金なら 我慢もするが、

【 桜の会 】 に象徴されるように、

一部の政治家たちの食い物になるような

不条理な【 税金 】では~

気持ちよく出す気にもならないのが 

人情。

良い政府ならば 気持ちよく出します。

かくして、この辺り?

岐阜・愛知・名古屋地方

( 私の行動のごく狭い範囲での観察 )

イヤ 日本中の人々の経済活動は 消沈。

日本の景気は 沈みつつある。

(゚д゚)(。_。)ウン 

それは 間違いないと

感じて居ます。

オリンピック後が 心配です。

そう言えば 頻繁に起こる【 地震 】も

心配の種ですね。

NHKさんが かまえろ~かまえろ~

準備せよ! と、煽って居ますが、

今夜は その後

( 大地震 )の日本のゆくえ

についても 特集されるようですね。

日本は 立ち直る事が出来るのでしょうか?

我田引水の政治家が 自分の人気取りに

走り回っているような時代じゃ無い事

だけは 確かです。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント