人相 顔つきの変化 劣化について・・・。

誰もが 若い頃は それなりに美しい。

若い高校生くらいの子らを見ると

体も顔も 光り輝いて居るように思える。

あぁ~【 紅顔の美少年 】

誰にも光り輝く時期が在るのです。

あぁ~【 美少女たち 】

あの美少年、美少女たちだって、

お年寄りになれば 崩れた顔になるのです。

過ごした人生によって それぞれに

老人になるのです。




残念な事に 歳月は 悪戯をするのです。

どんなに 美しい容貌の御人でも、

歳を重ねると・・・

ズバリ 醜くなる。

色黒に・・・

皴に・・・

シミに・・・

全体的に 垂れて来る。

顔全体が 膨らむ。

顔のブツブツ・・・

歯もガタガタに 色もつく。

日本人は おまけに歯並びが悪い。

すべて年齢と共に劣化です。

表面的な事ばかりではありません。

重要なのは 内面の劣化です。




悪い事ばかりしてきたお方は・・・

ズルい悪い顔になる。

品が無く、悪人顔になる。

ボ~~と、思考停止のままで生きてきたお方は・・・

抜けた馬鹿顔になる。

眼が死んで居る。

あの【 政治家 】もそうだ。

あの【 俳優あがりの政治家 】もそうだ。

すべてが 顔に現れるから 恐ろしいと思う。

まず【 目 】に現れる。

顔の筋肉が だれもかれも 

垂れて来るのは仕方が無いが、

その垂れようが みぐるしい垂れ方?

次に【 口元 】に現れる。

ヤジを飛ばしたり 

建設的な前向きな意見を言わないし~

その人は言えない。

頭に無いから 言えないのです。

実に 魅力の無い人間に成り下がったものだと、

つくづく その方の顔を見る。

最近では あの「お方」です。

皆さんには 分かる筈。

何も考えて来なかった人生・・・

真面目さが無く、人生を舐めて居る。

恥ずかしい人生だね。




歳を重ねても あまり顔が崩れない人。

たまにいらっしゃる。

ほんとうに 少ないです。

稀です。

そういうお方は 素晴らしい。

良い歳の重ね方をされて来たお方なのでしょう。

それなりの【 努力 】も、されて来たのでしょう。

整形や 化粧じゃありません。

衣装でも ありません。

見た目の形 顔の劣化は在っても・・・

内面から輝く【 自信 】

人生を真面目に 一生懸命暮らして来たお方は

良い顔をしていらっしゃる。

それでも 謙虚だ!

私には その方が光って見える。 

実際の歳より 若く見えるから不思議だ。



( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

自分の劣化 自分の醜態はさておき、

( 相当 劣化は激しく・・・
  悲しい現実を見つめる私 )

やはり願いとしては、

いつまでも 若く居たいなぁ~!







天気が良い青空に 自衛隊機が飛ぶ!


少し北西に自衛隊の岐阜基地が在ります。

南にも 自衛隊の小牧基地が在ります。

イラク派兵の時など 

よくマスコミに紹介されて居た基地です。

当然 飛行機の発着訓練は多いです。

お天気の良い日は、必ず 訓練機が飛びますよ。

ゴワ~~ン すごい音が響きます。 




木曾川の川の上を飛ぶ?条件らしいけれど、

当然 毎回・・・少しズレて飛びます。

濃尾平野の北部を ビュンビュン 飛びます。

イザ! もしも、悪い国?

ならず者の国が 責めて来たら・・・

直ぐに飛び立ち 退治する為の訓練でしょう。

やはり平常から 飛ばしておかないと・・・

役立ちませんからね。

消防士さんが 消火訓練をするようなもの?

絶えず体を鍛え、戦に耐える精神力と実践力を

つけて置かねばなりません。

そんな力を使わずに済めば 

そんなに良い事は無い。




私のボケかけた頭でも いつも思い出します。

しょっちゅう 空を眺めて、敵国イランの飛行機?

ミサイルにおびえた イラク在住の時の気持ち。

又 逆に イランに住まわれて居た方々は

イラクからの攻撃に おびえておいででしたでしょう。

この時期の有名な話、

日本人駐在員が イランから脱出するのに、

トルコからの飛行機のお世話になった事は 

今でも語り草です。

その時 対立するイラクに居たのが 私たちです。

毎日 物不足の中

心配しながら おびえた生活を暮らした私たちが

無事 日本に帰国した時、感じた事。

それは やはり 同じように 

日本の空も 悪い?国からの攻撃を予想しての訓練を

して居るんだなぁ~という感想です。

日本に住んで居ると・・・

ついついマヒをして 日本は平和な国だわ!と

安心して暮らして居ますが、

少しも あの戦争をしていた国々と変わらないんだ!

と、感じたものです。



あれから、もう~ ウン十年・・・。

年月が経つのは 速い!

すっかり 中東時代の事は 

忘れかかって居る私ですが、

たまに 夢を見ます。。

バグダッドの街をさまよう夢です。

無事 家にたどり着けないのです。



青い空にビュンビュンと、

自衛隊機が飛ぶたびに、

けっして 日本も 

安心して居られる国じゃ無いなと。

平和を守る為にも 

近隣諸国とは 常に会話を続け・・・

信頼関係を構築する必要が有るのです。




戦争に巻き込まれる事だけは無いように、

政治家の力で どうにも守らなきゃならない平和。

意地を張らず お互いに 仲良く暮らす方法を

熟慮すべきだと言う根本は 

中東の争いの 【 愚かさ 】を

体験したからこその気持ちです。



今 又 再び・・・

安倍政権は 

中東のホルムズ海峡近くの海域に

日本の自衛隊を出すと言うので、

私は 大変心配して居ます。

一応 方便としては 

アメリカの傘下には入らず 

独自に 日本の船を守る為?

とか、言って居ますが・・・

アメリカには そうは伝わって居ないと、

思います。

日本独特の言い回し?

まさか【 二枚舌 】じゃないでしょうね。

戦争が出来る国になる事、

戦争法案には反対です。



日本の国を守るって 

どういう事なのか?

安倍さん。

あくまでも、手を出さず、

平和主義の紳士の国として

日本の立場を しっかりと守って下さいね。

上皇 天皇も それを願っておいでです。

国民も それを願って居ます。

日本は二度と戦争をしない国。

それだけは 守って下さい。



青い空、秋の空は気持ちが良いけれど・・

抑止の為の訓練ならば しょうがないけれど、

他所の国を攻める事などないように。