雨にもめげず?お出掛けしました!( 岐阜くるるセミナー)

東海地方も 梅雨入りしました。

昨日 ( 6月7日 ) は、西日本も 東日本も

大雨・・・

いきなり 【 豪雨 】 に 見舞われました。

警報4レベルも出たそうで・・・

これからの 【 自然災害 】 には 気を付けたいものですね。



朝から 降られましたが、

岐阜市の16バンク & 岐阜大学の講座

「 たかべしげこさんとの朗読会 」 に

お出掛けしました。

一人でのお食事 慣れたものです。

例によって デザートまで フルコース。

気ままに 行きたいところへ 出掛け、

絵画を 少し観ました。

少し気分転換の後、 雨の中 会場へ




行って良かった~。

やはり 勉強しなくては・・・

家の中で ドボ~~ンと 暮らして居たら

刺激が無い。

子ツバメの 【 死 】 を 

いつまでも悲しんではいられない。

五羽のうち 四羽は 出て行ったのを 良しとしよう。

もし、子ツバメの安全を願うなら

あの日 巣の下で・・・

よほど何も用事の無い婆さんのように・・・

椅子に座って 【 子ツバメの番 】 を しなきゃならなかったでしょう。

そんな生活が出来る訳がない。

人間には 人間の生活が在るんだから。

気持ちを切り替える。

悲しみは いつまでも 持ち越さない。

確かに 巣を見上げても 

「 チ~チ~ 」 と 大騒ぎする声が聞けないのは

寂しい。

これが 【 巣立ち 】 というものだ。

自分の子育てで とうに 味わって居る。

よほど いつまでも 巣の中に居て・・・

【 巣立ち出来ない姿 】 を見るより 良いのだから。




雨の日は 人が少ない。

参加者は おおよそ 半分だった?

( だから? 三時のおやつは 二個でしたよ! ( ´艸` ) )




相変わらず たかべさんの声は 素晴らしい。

田舎の爺さん婆さん ( 参加者 ) の単調な朗読とは

まったく違う。

その 「 言葉 」 を 発する人 そのものになりきり

その 「 場 」 に 相応しい 「 声色 」 で

表現されるプロだと 感じた。

当然ですね!

プロなんですから。



彼女の読書会に参加出来て 良かった。

本を通じて 作者の人生 書かれた人物の人生・・・

色々な人生を 「 面白い 」 と、感じる事が出来た。

今回は 司馬遼太郎氏の本を通じて

【 わが愛する大阪野郎たち 】 が 紹介された。

大阪の人々の 「 おもろい人生 」 の一端を覗いたわけだが

読書というものは 著者の人生ばかりでなく

調べられ 語られるその時代の人物たちの人生まで

興味深くなるから より 楽しむことが出来る。



最後に紹介された 【 土井みちお 】 という方の人生は

実に痛快である。

改名する度に 広がる人生!

明治時代の 「 才能ある人々の暮らしぶり 」

面白い程 その 【 剣豪商人 】 の出世ぶり。

坂本竜馬に出会ったり土方に出会ったり・・・

幕府側については これからの自分は生かされないと、

自らの野望と才能を生かす道を歩いた人。

これは、実に 【 要領の良い ツイて居る男 】 だ。



もしも 自分が この時代に生きる男だったら?

そんな想像さえ出来る。

出来もしない 空想の世界に 私を運んでくれる。

さらに 色々なフィクションを 付け加えれば・・・

二時間ものの 【 映画 】 が 出来るなぁ~

イヤ 連続TVドラマかな?


たかべさんは 私より 少しお姉さまだが・・・

いつまでも 【 少女? イヤ 少年のような心 】 を

持ち続けて居られる方。

育った時代が似ているためか?

共感出来る 純粋な心。

素敵なお姉さま。

今回の 【 出逢い 】 に 感謝します。

ありがとうございました。



皆さん お年寄りの方々・・・

のんびりですが、私は 付き合って居られない。

遠くから来ている人だし~

家に 大切なワンちゃんが 留守番して居るからです。

呑気な爺さん婆さんとは 違うんだ!

セカセカ ・・・ 





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年06月08日 11:32
こんにちは
子ツバメ、自然界の法則なんでしょうね。
一匹は四匹を守ったんですよ。
プロの方のお話、心に響くものがあると嬉しいですね。最近思うのは、日々新たな発見があると楽しいって思います。年を重ねても知らないことはたくさんあるし、新しいことはいっぱい生まれてますものね^_^
2019年06月09日 13:31
日々発見!良きことです。こういう精神で毎日が過ごせたら 晩年 悔いなしですね。知らないこと 沢山 在りますもの!
2019年06月18日 12:22
前向きな考えを否定的にとらえる輩もそこそこいますが、私は前向きな考えに賛成です。
少なくとも4匹のツバメは、さらに子供を産んでくれるわけです。
命に運不運はあります。何事にもあるといいなおします。まるで、試練のようにとか、辛い目にあわされたのように表現しますが、それはそう願っている存在に対する肯定になると思うのです。いわゆる闇のような考えこそ否定していきたいと願います。
亡くなった小さい命からは多くのことが伝わります。わたしも受け止めます。
だからこそ、ツバメのこれからを見守りたいと思います。
読書会のこと飛んでしまって、失礼いたしました。
2019年06月18日 14:06
ベランダさん
そうなのです。いつまでもメソメソしていては 死んだ子ツバメに申し訳ない。むしろ生き残った兄弟のしあわせを願って居ると、考えましょう。

読書会 人が違うと 受け止め方も色々です。
たかべしげこさんの受け止め方 知り 楽しかったです。

この記事へのトラックバック