香港 どうなる? 次は 台湾? 戦争になりますよ。心配です。

大変ですよ!

今後 どうなるのでしょう?

覚えて居ますか?

あの 天安門事件。

私は 当時 TVに釘付けでした。

あの頃 色々有りましたね~!

忘れもしません。

あれから・・・30年!

綾小路きみまろさんでは ありません。



中国は お金だけ持つ 豊かな国になりましたが・・・

中国国民が味わっているのは、

真の豊かさではないと思います。

日本も 偉そうな事は言えませんが。

中国の経済発展には大きなほころびが生じ、

中国経済はいつ何時、

そのバブルがはじけてもおかしくないと、思います。

 

見せかけの経済発展の裏側では、

役人の汚職が浸透し、国民の間に

貧富の格差が広がって居ると思います。

それは 日本も同じかも?

一党独裁政治が どれだけ危険で 不自然な事なのか?

何処の国民も もっと 自覚すべきです。

それは 中国も 北朝鮮も・・・

日本も偉そうな事は言えないと思います。

特定の党が マスコミを牛耳ったり

お金に任せて 世論? を 誘導したりするのは

大変に危険です。

自由にものが言える国。

それが 当たり前として受け止められなければなりません。

今 私は 自由にBLOGを書いて居ます。

それが 監視されたりしたら 

それは もう 自由国家じゃありません。



光化学スモッグで覆われた空やPM2.5に

汚染された大気など環境破壊も深刻です。

黄土が舞い上がる大陸の影響も・・・

近くの国は その影響をもろに受けます。

霞たなびく 春うらら~ と 歌われた童謡も

砂漠化した 乾いた土のせいだとは・・・。

大陸の緑化を望みます。

かっては 緑に覆われた大地を 燃料の為に

伐採してしまった結果なのです。

緑の復活を試みては居ますが 

簡単には 元に戻らないのです。

善意の人らが 植林されて居ますが・・・

砂漠化は 追いつく規模ではありません。



最近では 産業廃棄物の処理がいい加減で、

フロンガスまで まき散らして居るようです。

中国の上空だけが オゾン層が 破壊して居るとか!

日本も直ぐそばですから 影響を受けるでしょう。

呼吸器系 皮膚病 ガンなど 様々な病気が増えるのも

そのせいです。



農薬だらけの野菜や果物、

汚染された水で 育てられて居ます。

抗生物質を大量に投与された養殖の魚介類が

世界で危険視され、「 チャイナ・フリー 」 が、叫ばれて居ます。

私は 中国製の食べ物を 買いません。

もちろん、日本の失策で 福島の原発事故、

それで 汚染された山々や海の産物も

同じことが言えますね。

中国の事を笑えません。

日本も世界中に汚染をばらまいて居るのですから。

偉そうに言うんじゃないよ! と、恥じ入ります。



また、香港では6月9日、

刑事事件の容疑者を香港から

中国本土に引き渡すことを可能にする

「 逃亡犯条例 」 改正案をめぐって、

大規模なデモが起きていますね。



これは香港の自治を保障する

「 一国二制度 」 が

骨抜きになることへの

危機感のあらわれです。


 

いつの場合も

デモの中心となったのは学生などの若者たちです。

2年前の 「 雨傘運動 」 を思わせる動きです。

だが、雨傘運動は要求は・・・

何も実現されないまま封じ込まれてしまいました。



今 再び~学生たちが中心となる

香港の民主化運動の今後に、

世界中が注目して居ます。

もちろん、私も 注目して居ます。

どちらの味方だって?

そりゃ~当然 若い学生さんたちの味方です。

同じ 香港の若い住民なのに 

片や学生で反対の立場

片や 警察官として 

取り締まる人たちの葛藤が 悲しいですね。

政治的な思想犯として 捕まる人々が・・・

中国では 人体像として加工されて居るんだ!

と、いう怖い話を聞いた事があります。

世界各国で 少し以前に 開催された 【 人体展 】 の実物模型?

名古屋でも 開かれました。

あまりにも 大々的に宣伝されたので

私も 見に行かせていただきました。

凝視出来ませんでした。

あれは 天安門事件の学生さんたちだ!という噂・・・

本当かな?

実に恐ろしい話ですね。

独裁政治に反対し 民主政治への希望を持ちながら

無念の死を遂げた若い人の気持ちを

考えると 胸が苦しくなりましたね。

怨念が漂って居たような感じがしました。



香港が このまま・・・

巨大中国に 飲み込まれてしまったら

次のターゲットは 間違いなく 台湾です。


  
台湾の蔡英文総統は4日、

「 台湾は無条件に民主主義と自由を守る 」

とツイート。

「 6月4日を私たちは忘れてはならない 」 と

「 香港と中国の自由を愛する友人 」 に呼び掛けた。

自由を愛する 台湾の人々は・・・

いつでも 緊張感を持ち 戦闘態勢 充分です。




アメリカ・トランプ政権は 台湾に多くの武器を売りました。

日本も トランプの言うがままに

多くの武器を買って居ます。

益々 アメリカの力は 強くなるばかり。

世界を不安に陥れては お金儲けの商人です。



武器合戦が エスカレートして居ます。



中東も怪しい雲行きです。

安倍さんに 米とイランの 【 橋渡し役 】 が

もしも出来たら そりゃ良いけれど・・・



アジアも 一触即発の気配!

戦争をして 儲かるのは 武器生産国ばかりです。

泣くのは 巻き込まれる国の国民ですからね。


この記事へのコメント

2019年06月13日 21:56
こんばんは。
香港のデモで通りが人で埋め尽くされた様子を見ると突発的な事故が起こらないか心配になりましたがやはり警察と市民の攻防が起きましたね。大国中国はドンと構えて香港が「仲間に入れてください」というまで待てないのでしょうか。
中国の人たちが日本製品を買いあさっているのはやはり安全だからと口々に言って居ます。まずは中国は国民に安全なものを提供できるようにするのが一番の課題ですよね。
2019年06月14日 07:36
のろばあさん
おはようございます。なにしろあの人口ですから 全ての人をまとめるのは 大変だと思いますが・・・。
安全を心がけるのは 当たり前。
自国の人々が安心して 食するものを 提供するのは 政府の仕事。
中国政府も そこまで 余裕を持たなければ 真の国家と言えないと思います
2019年06月16日 19:08
こんばんは。
中国という国は、経済は大国になったけれど、国民のための国家にはほど遠いです。
将来、いつかはこの共産党独裁政治も、民衆に倒されるときが来ると思いますが、それまでは、民主主義国家の敵となる国でしょう。
民主主義といっても、言いたいことも言えない国も日本の隣に2つあり、国民が積極的に参加しない某国もありますので、東アジアには民主主義は存在しないということでしょうか。
2019年06月16日 20:18
ぼてくん。
中国には 困りましたね。
あれだけの大国ですから 治めるのも大変だろうと思います。
しかし、無理に反対意見の人を抑える事はいけませんよね。
香港も 一度 味わった自由を捨て? 中国に組されるのは 無理でしょうね。
国民が 言いたい事を言わず 一部の政治家の思う通りに ただただ、流れて行くような国でも困りますね。
自由は大切です。規制・強制・・・そういう社会で生きるのは ゴメンですね。
日本に眞の民主主義が根付く日は 何時の事かな?まぁ~それまで 凝りもせず 言いたい事をしっかり言う事 あきらめずに 言い続けたいものです。

この記事へのトラックバック