今回の改元に思う

明治・大正・昭和と続いた改元は、

個人の死による元号の変化であったが・・・

今回の改元は あまりに長く続いた~

( つまり 戦後 改元のチャンスは 在ったと、言うこと。 )

【 昭和 】 の次としての 【 平成 】の時代が終わった。

三十年という期間を 長いとするか? 短いとするか?

現上皇は 初めから 「 繋ぎの天皇 」 と、

ご自身が述べられていたそうだ。

御年85歳まで もうギリギリの体力だったことでしょう。



秋篠宮が 現天皇の後任としては

とても 自分が出来ないと、言われて居ますね。

それも ごもっともだと思います。




憲法に書かれたとおり 象徴としての 【 皇室 】

世界に向けての 【 皇室外交 】 という大切なお役目を

果たされて来た。

美智子様のお助けも在ったと、感謝のお言葉も述べられた。

言葉に詰まりながら 涙声で 語られた時は

こちらまで ついつい 感極まりましたね。

本当に 「 お疲れさまでした 」 と、

誰もが 思った事だろう。




その意味では

コロコロ変わったり~

自分と言うものが無いような あやつり政権よりは

世界に対しする 【 信頼度 】 が 極めて高かった。

天皇・皇后さまの 

【 世界平和 & 日本の平和 】 


の願いは本物だ。

誰が思おうと この考え方に 反対論者は居ないだろう。

私だって 常に 【 世界平和 & 日本の平和 】 

を、願って居ます。




を受け継がれた 【 現天皇 】 は~

前の天皇と同じく、

その挨拶の中で・・・

「 我が国が諸外国と手を携えて

  世界の平和を求めつつ、

  一層の発展を遂げることを、

  心から願っております。」


と、述べられた。



この点では さすが 前天皇のお子様であることを

沸々と感じられ 良き伝承だと、喜ばしく思いました。



私は 大いに期待します。




現天皇陛下、

高い語学力で国際親善に期待 

スペイン語講師も後押し(産経新聞)

Yahoo!ニュースから

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00000518-san-soci @YahooNewsTopics



天皇制 そのものについては・・・

今 此処で 議論する気は無い。

御茶ノ水女子大で起こったイヤな事件が在ると・・・

天皇制そのものの議論さえ~することを

はばかるような雰囲気が蔓延してしまう。




が、近現代史を語る時に使用されはするものの、

今日ほとんどの者は、

日常的にも歴史を考える時にも

元号を使うことはないはずである。

あくまでも 皇室そのもの 内部の問題である。

皇室そのものも・・・

やたら 【 政治 】 に 翻弄されるのは

好まれないでしょう。



私も けっこう~生まれ年を聞かれた時も

西暦で答えてしまう人です。

その方が 何かと 計算し易いからです。




元号を使用した時間的感覚のわかりづらいニュースを

伝えるのは、NHKと産経新聞のニュースだけでは

ないだろうか。ただ、それだけ



あまりに 改元そのものに

便乗するのは 如何なものかと?

ただ、それだけが 私の感想です。




私が 集められる範囲で 情報を集めて居るが・・・

( 聞く事が 問題でない? 方のみに 聞くのですが~ )

国民は ① すごく 感動されている方と

( すごく 素直で純粋で 優しい人々 )

わざわざ この機会に結婚届を出したり~

御朱印を求めたり 記念品を買われたり、

何と 「 イベント好きな方々 」

② わりあい冷めていて、

  「 それがどうしたの? 」 

( 少々 へそ曲がり? な部類・・・ )


と、言う方と 二分して居る感じである。

不思議な事に 

① の部類は 意外と 【 若い方 】 に多い。

   これあからの時代に対する不安の 【 裏返し 】 と、

   分析する意見も多い。

   若い方の 気持ち、イマイチ つかみ切れて居ないが

   1999年から 2000年になる時の方が

   感動したと言う方も。

   それに ブラジルへ移民された後 

   再び 日本へ里帰りされた方とか

   哀愁が在るのかな~国そのものに。

   海外へ出ると 不思議に 

   あの 「 ふるさと 」 の歌が

   身に染みるものだから?  

   国というものを 意識されて居る方が多い。

② の部類は あの戦争でご苦労されたり~

  財産を没収された家とか 戦死者を出した家・・・。

  何かしら時代翻弄された方が多い。

  つまり 60代から 70代の方 80代・・・

  年寄りが 冷めている場合が多い事。

  その原因が 天皇制そのものが 

   時の政権に利用されて来た結果

  国民は 好むと好まざるにかかわらず

  戦争への道へ進んで行った時代を 思うから。

  日本人は ワ~~と、

  一方向へ流れる危険性のある民族だから?

  その反省からのご意見なのか?

  それは それとして 日本国民として 

  しっかりしなければならない現実で在ると思う。





とにかく、言えること。

それは やはり 日本国民そのものが~

付和雷同~は、避けるべき。

時の 【 為政者 】 の思惑どおり?

人の言うなりにならない意志を持つこと、

自分の頭で 考える事だと

思います。

どんな時にも 正しい 【 議論 】 を

しなければならないのだと思います。



  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



日本の寂しい天皇制反対派 

改元に沸く国内で縮小

(BBC News)

- Yahoo!ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-48146846-bbc-int @YahooNewsTopics

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年05月07日 16:31
へそは曲がらないと思います。もし曲がっていれば、それは個性ですから、大事にしたいですね。(笑)
西暦元年とならなかったことが残念ですが、素敵な天皇だったと思います。
でも、今おなかがすいていて、給食費も滞納している家庭を思うと、あの皇居に集まった方々の交通費を福祉や寄付に使ってもらえないものでしょうか?
あの方々は扇動されやすい方々に感じられて仕方ないです。
2019年05月07日 21:06
ベランダさん
へそ曲がりを認めて頂いて感謝です。(笑)
とにかく 【 改元~改元 】 と、浮かれない世代です。
「 それが、どうした? 」 と、思って居ます。
しかし、この新しい時代が どのような時代になるのか?
これから 日本を背負う方々の負担を想うと 気の毒でなりません。
せめて、私たち 年寄りは 出来るだけ【 自立 】 することだと思います。
多くの要領の良い方々も居ます。利用しなくても出来るお世話を 福祉の名のもとに その制度を使いたい放題の方も多いのに 苛立ちを覚えます。
もっと そういう服氏に使う費用を ベランダさんの言われるように 本当に 困って居る場所に使って欲しいものです。
世の中には 先導されやすい方々が すごく多いと感じて居ます。
だから、日本は 「 戦争への道 」 を知らぬ間に 歩んでいったのだと思います。
この令和を背負い 新しい天皇になられた 【 浩宮さま 】 が どういう天皇になられるのか、少し 見守りたいと思います。気さくで 語学も得意な 良い息子さんのようですね。美智子様の 教育が 行き届いた結果でしょうか?
2019年05月12日 18:27
こんにちは。
改元フィーバーは、金儲けをしようとする企業などが扇動し、皇室が好きな多くの主婦層の視聴率を稼ごうとするテレビ局の大騒ぎで、大袈裟なものになっています。
素直に上皇にご苦労様でしたと言い、新天皇にプレッシャーにならない程度に期待すして、静かに令和を迎えるべきなのではなかったでしょうか。
大騒ぎしすぎです。
2019年05月12日 20:20
ぼてくん
こんばんは!
私も同じように思います。
皇室内部の問題として もう少し 静かにすれば良いのにね。
どうしても 時の政権に 利用されて居るneverんじゃないかと?
今度の天皇陛下も どうなのでしょうか?
あくまでも 天皇として 政治利用だけは 拒否してもらいたいものです。

この記事へのトラックバック