何だか おかしいお金の使われ方

首相が主催し、毎年4月に

新宿御苑で開く 「 桜を見る会 」

その参加者が、

2012年末に第2次安倍内閣が発足してから

増え続けているという話。

それって?

安倍さんフアンの集まり?

目的は何?

天皇陛下の園遊会とは 又 違うもの

似てて 異なるもの?

桜の季節とは 微妙に ズレるし~・・・。

驚きましたね。

ほいほいと 大喜びで 参加の芸能人たち、

所詮 それまでの方々? だったのね!

呼ばれて よほど 嬉しいのかしら?




その結果、開催費用も膨らみ、

18年は、所管する内閣府が当初見込んだ予算の

約3倍にあたる5229万円が支出された。



安倍さん個人のフアンクラブ?

だったら 私費で 開催して欲しいな!

国民の税金では 何も 招待する意味なし。

と、思うのは 私だけでしょうか?



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▽「 桜を見る会 」

安倍政権で拡大 

支出は当初予算の3倍 

「 政権近い人招待 」 と批判も

https://l.mainichi.jp/vuuHkux

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

又 最近では・・・

TOKIOの面々が 安倍さんとの

食事会に招かれたそうで・・・!

何を考えておられるのでしょう。

ほいほいと 出掛けるメンバーも メンバー

そんなに嬉しいのかしらね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桜を観る会にしても、

喜んで出掛けたメンバーを見た。

フ~~ン!

あの方々は そういう方なのか?

ガッカリですね。

---------------------

この土曜日 日曜日・・・なんと 火曜日まで、

異例の三泊四日? だそうで!

大相撲観戦に 【 トランプ氏 】

座敷席は 千人分 貸し切りだそうです。

日米の仲良し度を 増す為と?

何だかねぇ~?

令和の初めての 国賓とかで・・・

東京の警備体制は 最高度とか!

ロッカーも使えない。

この時期 東京へ行くのも 大変だ~!

もちろん、国と国との関係は 大切ですが・・・

行き過ぎた? 【 おもてなし 】 は、

如何なものなのでしょうね。

いろいろ ご意見はあるのでしょうが。



アメリカ製武器を 大量に 購入したり、

艦船も空母に 改修だそうで・・・。

イザ! 中東へ進め~ なんちゃって 言われないか 心配です。

何回も 何回も 【 アメリカ詣で 】 をしたり、





何だか 安倍さんになって

お金の使われ方 大丈夫なの?

心配になります。

日本経済の失速が 気がかりです。

うまくやってよ!

安倍さん~~!

節約家の私の老婆心です。

下々の庶民( 私 ) は・・・

深夜電力で ゴソゴソ~

僅かな電力でも 節約して居ります。

無駄なお金は 使いません。



随分 昔、

お金の使い方について 考えたことがあります。

例え話ですが、

もし500万円があったなら

① 自分用のお墓に資金とする

② 子供が 事業用に トラックが欲しいと言えば

   トラック購入資金としてあげる。

私は 迷いなく ② を選ぶでしょう。

もちろん、人によって お金の使い方は それぞれの考え方。

お墓か トラックか?

極端な比較かも知れませんが、

自分が 残る子孫に遠くから来て~

参ってもらいたいよりも、

今を生きる子供が必要なお金なら そちらに

使ってもらいたい私。

今 盛んに 【 墓じまい 】 をされるお家がありますが、

私が 結婚した頃は 皆 競って 【 お墓の土地 】 を

購入された方が多かったです。

私も少しは 買おうかなと思ったのですが、

あの時 狭い墓地しか 空いて居なくて 買うのも止めて

正解だった!と思って居ます。

狭い墓地に入ってまで お隣同士で 井戸端会議?

したくも無かったし、足が触った 手が伸ばせない~と

狭いお墓の中で 不満を言いたく無いからね。

それより自由に 魂は 飛び回りたいからです。

そう、あの歌のようにね。



今も自由!

死後も自由!

自由が一番!

怪しい考え方には 縛られず、

我が道を行きたい! 私です。

あぁ~結局 気ままと言う事かしら? ( 笑 )






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック