ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 大林監督 「花筐(はながたみ)」 を観に行きます!

<<   作成日時 : 2018/08/29 17:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 4

近くの公共施設で 映画界が開かれます。

観ていない映画が観られる機会なので 行きます。

その映画は・・・

昨年12月に公開された

「 花筐(はながたみ)/HANAGATAMI 」



なかなか良い映画のようですよ。

あの 【 大林監督 】 ですもの。

楽しみです。






広島県尾道市出身の映画作家でがん闘病中の大林宣彦さん(80)です。



今年 撮って居られる映画は〜

「海辺の映画館―キネマの玉手箱―」で、自ら脚本を手がけた。

「原爆投下になぜ至ったのか描きたい」と話す。

閉館間近の映画館にいた若者たちがタイムスリップ。

幕末の日本や中国戦線の現場で死を目の当たりにし、

原爆投下直前の広島にやってくるという内容。

巡演中に被爆して全滅した実在の移動演劇隊「桜隊」との出会いも

描かれるという。

この映画も 観たいですね。

 


終戦時に7歳だった大林さんは、

自身を「敗戦少年」「平和孤児」と表現。

広島の原爆を描くことを使命と考えてきたという。

2年前の夏、末期の肺がんと判明し治療を続けているが、

「 あと30年は映画をつくる 」と意欲は衰えない。

撮影の安全祈願の後、

「 平和のために役立つことを芸術で表現したい。

  そのために生かされているんだという思いだ。 」

と話した。



仲間に支えられて、やっと歩けるくらいの体力で・・・

メガホンを握られ〜頑張られて居ます。

多くの若者たち、映画製作に関わる人たちが

大林監督の意志を継ぐと、良いですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 原作はあの檀一雄氏ですか。見ごたえがあると思います。檀一雄の本は殆ど読みました。何故だか好きな作家でした。火宅の人も読みごたえがありましたね。何故今壇一雄なんでしょうね。私小説作家だなんて言う人もいたようですが、私はもっと評価されていい作家だと思います。楽しんできてくださいね。
美代子
2018/08/29 18:14
美代子さん
こんばんは!
まだ観に行くのは 九月に入ってからです。
楽しみにして居ます。
それまでに、ある程度の情報を得て 少し学習してから 臨もうと思って居ます。
その前に もう一つ映画! 観ますよ。
九月は 映画を観る月です。
美代子さんは 沢山 本を読まれて居るのですね。
さすが勉強家ですね。
ハイジオバサン
2018/08/29 19:59
人は命の危機が迫って、初めて目が開くことも多いのでしょうね。
人生を無駄に過ごした時期を思い出します。
大林監督の作品には、人の血が通っている気がします。弱くて強いものを表現する能力がたけている気がします。
無知な私ですが、少しは目が開いてきたような気がします。年齢は無駄に重ねないと、良いものが見えてくるのかと思えるよな気がします。
昨年生きて帰れたことに感謝いたします。
素敵な映画ですね。
ベランダ脳負(FREEHAND)
2018/08/30 18:39
ベランダさん
こんばんは!
素敵な映画だと期待して居ます。
又 観てきたら 感想を書けたら書きますね。
ハイジオバサン
2018/08/30 19:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
大林監督 「花筐(はながたみ)」 を観に行きます! ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる