ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 常識外れと、言われますが・・・。

<<   作成日時 : 2018/08/13 13:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 4

この猛暑の中・・・

お盆にお墓参りに行かれる方も多いのではないでしょうか。

日本人として 当たり前?

会社が休みなんだから 親元に帰省すべき?

猫も杓子も?当たり前に〜〜

田舎へ田舎へ 車は向かう?

日本中が渋滞になります。

当然 事故も増え〜

不幸にも お亡くなりになる方も居られます。

お参りに行って お葬式に行って・・・

行ったお方が 逝った!

よく聞く話であるような?

この時期 お花も ご馳走も値上がりします。

又 聞いた話ですが・・・

お供えの仏花を買いに行ったら〜

【 ホオズキ 】 が 一本 500円 + 消費税で〜

驚いた! と、言う。

信心深い彼女は 何本か 買い求めたそうです。

お墓や 仏壇には どうしても 【 ホオズキ 】 を

供えなきゃいけないものなのでしょうか?

ただ 夏の花の無い時期に・・・

ホオズキならば いつまでも 橙色の可愛い実を 

つけていてくれるから 定番の花になったのでしょうか?

今年の酷暑では どんなお花も 直ぐに干上がってしまいます。




おまけに 仏花を買うのに〜

レジで並ぶのに 一時間??

いくら何でも時間かかり過ぎでしょう??

この辺りのお方・・・

ブツブツ言いながら〜

実に 【 信心深いお方 】 が、多いです。

お墓に供える為に 畑に菊の花や 百日草 

千日紅や ケイトウ・・・

日持ちの良いお花をを作っておいでです。

ところが 今年は それすら 出来ない!

酷暑です。



今じゃ 枯れない造花さえ 売られて居ます。



此処 尾張地方も 岐阜美濃地方も 飛騨地方も・・・

仏教は かなり盛んです。

浄土真宗あり 禅宗あり〜

古い家は 檀家として 何処かの寺院に属して居られます。

お寺は それぞれの地域の文化の中心でした。

和尚さんの言われる事は 尊敬に値するお話。

檀家たちは 真面目に?

言われるままに 月命日やら 法要など・・・

こなして来ました。

ところが 最近 代が代わった新しい家族は〜

お寺と お付き合いする事が 負担になって来たようです。





一般の人がお墓を建てるようになったのは、

檀家(だんか)制度の成立した江戸中期なのですよ。

それまでは支配階級のみ。




天皇家とか 貴族とか 武家とか!名主とか!

それなりに 【 権力 】 を持った家のみの習慣!

一般庶民には 墓?

お寺の檀家に入り 供養をする?

なんて言う事は 憧れ?

いつかは 我々もそうしたい?

そういう願望でも 在ったのでしょうか?

新興住宅地の方々も 流行? のように・・・

檀家になったりされました。




もちろん、それなりに・・・

成功した家 財を成した家は それなりに・・・

寺院への寄付もされ〜

立派なお葬式も お墓も作られたでしょうが。

今じゃ 一戸一戸が 生活も大変で・・・

お寺への寄付など あまり考えられない状態です。




脈々と続く ご先祖様〜あっての我々。

命の尊さを一年に一回?

確認する日。

お寺さんから 連絡があり〜

執り行われる 【 月命日 】

お断りすることも はばかられ・・・

ダラダラと続けて居られる。

それは それなりに 大きな意味のある日だと

私は思うし〜否定もしない。

私は 【 命の大切さ 】 を すごく重んずる人間だけれど・・・

それに 学生時代は 親の影響もあり、

それなりに 真面目に?

宗教も勉強したし〜否定する事も無く・・・

お寺にも 【 縁 】 も有りましたが・・・

今は〜全然 宗教を重んじる気は在りません。

ご先祖様を守るべき 長男の家の嫁でも無く、

まったく 罰当たりな 【 仏 ほっとけ〜 】 の家で

ございます。






明治中期以降に家長制度が定着して、

家ごとにお墓を建てるようになったそうです。

一般人のお墓って、案外歴史が浅いのですよ。




新規に建てられたお墓のタイプは、日本古来の縦型よりも、

洋風の横型が多くなったという。

これは地震とかで倒れたりしたのが大きな原因らしい。

シンプルな横型の方が、費用も抑えられるらしい。

最近では ビルの中で 音楽と共に〜

出て来る 【 デジタル様式 】 のお墓!!

電光が チカチカ!

何だか ありがたみも薄れるような?




墓石そのものも 日本産の石が高額になり・・・

外国産の物が増えて来た?

直ぐ近くの山のお寺には・・・

廃棄された墓石の山が在る!

随分 お高そうな墓石も有るのだけれど・・・

人物大の仏像や肖像も 倒れたまま 山積み!

だれも そんなお古の墓石や仏像を再使用する人も

いらっしゃらないでしょう。

近くでは ヤギさんが 草を食んで居ます。







少し以前まで 何処の家にも在った 【 仏壇 】

( 家を継ぐ長男の家には 

   必ず 立派な仏壇があり!

信心の深さ? 浅さ? など関係なく・・・笑・・・

  ステータスのように 競って?大きな豪華な〜

  仏壇を買う家が多かったような? 

  今じゃ その本家 継ぐ人も無く・・・

  無人の廃墟? )

今じゃ〜〜それを処分するには 

魂を抜いてもらったりして、

簡単な事では無いらしい。

持ち倦ねている 本家さん!

周囲の雑音も 有るだろうし〜ね!

 


さらにお墓は、家、家によって いろんな場所に在ったりして

どこか既存のお寺にまとめようとしても、

寺院によって制約があったりして難しく、

結局、郊外の新設の霊園にまとめたりして、

これまた 大変な労力!




私は基本的には

墓や 仏壇は・・・

「 生きている者の都合 」 

だと思います。

其処に 先祖が眠って居る と、思うから?

相談したり? 頼ったり?

人生の節目に 色々 報告したり・・・

心の拠り所にされるのでしょう。




形式より 先祖を大切にする心が大事だと思うからです。

 


墓石には「 先祖代々の墓 」と刻まれる。

いまは墓石に彫るのも 「 〇〇家 」じゃなく

「心」とか「志」とか「愛」とか自由になってる。

それぞれが 好きな言葉!




「 お墓はカルシウム畑で霊はいない 」

と、聞いた話もあります。

火葬にして 全部の灰を 貰って来ませんよね。

残りの灰は まとめて 灰の山です。

ザザザ〜〜と ブルトーザーで 埋められて終わりです。

中国など 墓を持続して持つ事さえ 禁止されている。




日本人はまだ何となくお墓もお仏壇も大事にしなきゃ…って

思っちゃうんですよね。

こんな型破りのお前には 長男の家のお墓のお守りなど

出来なかったね!

と、よく言われます。




子や孫にとっては せいぜい 二代から三代前くらいしか

認識できない存在でしょう。

お年玉をもらったなぁ〜とか、

一緒に どこどこで お食事したなぁ〜

くらいの思い出しか無いのです。




お盆休みが来る度に〜

考えさせられることです。

祈るって!

何を?

ただ 先祖のみならず〜

その日以前に 在る 【 原爆の日 】 や

お盆の最中にある 【 終戦の記念日 】 を

考えること、

命の大切さは 先祖のみならず〜

全地球 全ての命を貴ぶことだと思うのです。

その点では 我は 誰よりも博愛主義者?

自らの先祖 一族の幸せ?

そんな 小さい! 小さい!

地球の平和を 祈りましょう。

誰に 何と言われようと・・・

変わり者と、言われようと・・・

けっこうです。




私 やはり 常識外れでしょうか?

かなり・・・変かな?

これで、良いのだ!

この前 亡くなった 【 翁長さん 】 の姿ばかりが

ちらつきます。

ご先祖様は まったく〜〜出て来ません。

「 必ず出て来ます 」 と、約束したのにね!

別にお墓に行かなくても・・・

会えるものには 心で会える!

語れるものには 心で語れる!

そう・・・思います。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 40
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 その通りです、寺の都合に言い負かされ、自分の見栄も手伝って金をかけて石塔など立てても、そこに私はいま〜せん、千の風になって大空に・・・、なぁんて唄ありましたね。もはやそんなことに拘る時代ではありません、第一仏教は死者のための宗教ではなく、生きている者が修行する為のものです。そんなことより、今自分の生きている環境(政治その他)の事を日本人は考えるべきです、生きている自分たちの為に。
henokaapa
2018/08/13 16:39
 全くお二人に同感です。我が家は孫で19代目の本家ですが、笑わせないでよと言いたいです。笑。財産なんか何も回ってこなくて、バカでかい墓地だけ渡されたんです。気が弱い私は喧嘩が出来なくて(笑)寺に請求されるままに支払ってきたんですが、一昨年漸く夫の従兄弟に啖呵を切って、お寺の支払いはそちらでしてくださいと言ってやりました。笑。お寺も段々あくどくなってきて、請求額を増やしてきます。こんなもの息子に残せないと思い、断捨離の予定なんです。心さえあれば許してくれるはずですものね。今や墓地は大きな問題になっていますね。ハイジさんが仰る通りですよ。
美代子
2018/08/13 22:21
henokaapa さん
こんにちは!
あなた様も、そうお考えですか?
毎年 毎年 繰り返される渋滞。田舎へ来られる方々 大変です。
おまけに この熱さ!
お爺ちゃんやお婆ちゃんに会えるのは 嬉しいけれど 交通機関の混むのは 気の毒です。
生きている人こそ 大切ですからね。
亡くなった方には 辛抱? して頂きましょうか?
ハイジオバサン
2018/08/14 12:55
美代子さん
お寺さんとの付き合いも中々大変なようです。
お寺さんも 檀家が減る時代・・・生活も大変だと聞いて居ます。
よほどの名刹で無いと 食べていけない?そうです。
お寺さんの果たす役割は 昔から 随分変化してきました。
もはや、快く〜お布施や戒名料 出すお家も少ないとか。
お互いに 余裕が無くなって来ましたね。

やはり、弔う気持ちは大切だと思いますが、死者より 今を生きる方が 大切です。
死者も許してくれるでしょう。

ハイジオバサン
2018/08/14 13:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
常識外れと、言われますが・・・。 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる