ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS こまめなシャワー & 夏のお風呂の入り方

<<   作成日時 : 2018/07/27 04:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 6

これだけ暑い毎日ですから・・・

こまめなシャワーを、しています。

ダラダラ長時間ではなく、サッと 流す程度です。

犬のハナちゃんと 仲良く体を冷やします。

ハナちゃんは 暑さに弱い 「 フレンチブル 」 ですから、

熱中症を防ぐ為です。

もちろん、涼しい環境が大切と・・・

いつもクーラーの入った部屋で 大切にして居ます。

シャワーをすると 不快感が 飛んで行きますね。

犬もスッキリ!

人間もスッキリ!

私もハナちゃんも シャワーが大好きです。



もちろん、温かい湯船にも 毎日必ず入ります。

ありがたい事に 会員になって居る大きなお風呂の施設!

朝 早くから〜〜私は お風呂に浸かります。



此処では・・・

中には 水を流しっぱなしにする 「 心無い輩 」 が 居ます。

自宅のお風呂では あんなお水の使い方は しないであろう。

僅かなお金を出して居るだけで・・・

あんな態度?

腹が立ちます。

地球規模で 【 水問題 】 を考えられない 馬鹿者だと、

思います。




日本は 水に恵まれた国・・・!

実に ありがたいですね。

世界には・・・

水に恵まれない国が多い!




しかしながら〜災害があると・・・

お風呂に入れないケースも多いですね。

そんな時 よく自衛隊による 【 お風呂サービス 】 は

本当に喜ばれて居ますね。

日本人は 本当にお風呂が大好きです。

このジメジメした天気!

まつわり付く暑さ・・・

そんな時には 許す限り〜〜

私は 簡単に 【 シャワー 】 を浴びます。

もちろん、お水は大切ですから・・・

必要最小限 無駄に使わないよう心掛けて居ます。




シャワーを浴びれば 体全体が シャキ!とし〜

清潔になるから 好きです。



特に汗のたまりやすい肘の内側や膝の裏などは、

肌荒れ、かゆみ、発疹などが起こりやすい部位です。

関節の内側は皮膚と皮膚が接触しやすく、

汗ばむと汗も乾燥しにくいためでしょう。

汗はそのままにするとあせもなどの原因になってよくないことは、

経験的にご存じだと思います。

特に 小さいお子さんは 清潔に保ってあげたいですね。



最近の研究では、ヒトの汗を詳細に分析したところ、

普通に人の皮膚に広く付着しているある種のカビによって

作り出されたタンパク質が含まれていることが明らかになってきました。

このカビによってできたタンパク質が汗に溶け込んで

体内に入ってしまうことでアレルギー反応が起き、

結果として肌症状が悪化することも分かってきています。




つまり、汗が原因にも思える夏の肌荒れの悪化の背景には、

汗だけでなく、皮膚に普段から潜んでいるカビも関係しているようだ

と、いうことが分かってきているのです。



夏のシャワーの正しい使い方

    ……こまめに




夏の肌荒れ悪化の原因の一つが、

汗や皮膚のカビによる 「 アレルギー 」 であるならば、

その基本的な対応法は他のアレルギーと同じく、

原因となるアレルゲン(アレルギーの原因物質)を除去し、

触れないようにすることが一番でしょう。



しかし、普段から皮膚にいるカビを完全に除去することは不可能ですし、

夏にまったく汗をかかないようにすることも現実的ではないでしょう。

現実的に対応できる有効な方法として挙げられるのがシャワーです。




特に小さいお子さんはたくさん汗をかきますので、

夏に肌荒れが悪化しやすくなります。

幼稚園や保育所、学校から帰ったら

まずはシャワーをざっと浴びるようにします。

その都度石鹸を使う必要はありませんので、

こまめにシャワーを浴びて汗を流すことが大切です。



夏におすすめのシャワーの浴び方

…「手軽に、こまめに」




1日何度もシャワーを浴びるのは面倒に感じるかもしれませんが、

肌荒れが悪化してしまうとかゆみなどの不快症状を

我慢しなくてはいけなくなりますし、

元の状態に落ち着かせるまでに手間も時間もかかります。

予防が第一で、少し手間に感じても

悪化させない工夫をすることがポイントです。



注意点としては、シャワーの場合でも

湯温は42度以上にしないこと。

アトピーを始めかゆみがある場合、

熱い湯を浴びることでかゆみの原因物質である

ヒスタミンが作られることが分かっています。



夏バテ予防・疲労回復も兼ねられる

夏の正しい入浴法




夏の肌トラブルの予防には、

以上のようなこまめなシャワー浴をお勧めしますが、

シャワーだけではどうしても疲れが溜まってきてしまいます。

それでなくても 「夏バテ」 してしまう方も多い季節。

特に今年の この熱さ!

体調不良の方も 多いようです。

蒸し暑い外気とクーラーの効いた室内での大きな温度差により、

自律神経の乱れが原因での体調不良も起こりやすくなります。



こまめに汗を流すだけならシャワーで十分ですが、

できれば1日1回は湯船を使った入浴がやはりお勧めです。



夏場のおすすめの入浴法は




@ 37〜38℃前後の、体温と同じ程度の不感温浴

A 炭酸系入浴剤の併用

B 20分間の全身浴



の3つがポイント。



「不感温浴」とは、体温と同じ温度での入浴方法です。

最も体に負担のない入浴温度で、

この温度が自律神経のうちの交感神経の興奮を抑えます。

入浴による体温上昇も少なく、湯上り後に汗だくになることもありません。



ここに炭酸系入浴剤を加えれば、

ぬるい湯であっても炭酸の血管拡張作用によって、

全身の血液の流れが良くなり、

栄養分を血液が全身の細胞に運んでくれるので、

より疲労を回復させてくれます。



毎日は無理でも、せめて週末だけでも湯船を使って入浴すると、

疲れの取れ方が違います。

普段のスキンケアにはシャワーを、

夏バテを含めた疲れ予防、疲労回復には

湯船を使った入浴をそれぞれ活用し、

快適に猛暑を乗り切りましょう。



各々方、

熱さに負けないで・・・。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

気になるのは 水道代?



水道代は従量制。

使えば使うほど高くなる?!

いつにも増して暑い日が続く2018年の夏。

お風呂やシャワーも、一日に数回という人は少なくありません。

シャワーをするとスッキリできるので、

夏のリフレッシュ方法としてもお勧めなのですが

気になるのが水道代のこと。

夏は最も水道料金がかさむタイミングでもあり、

電気代もかさむことから、家計を圧迫する可能性があります。

少しでも水道代を抑えるために、

できることにはどのようなことがあるのか、

考えてみたいと思います。




お風呂派が得かシャワーが得かは家族次第です。

大切なことは、どちらかが良いというのではなく

無駄が出ない方はどちらなのかということです。



各自治体、水道代には従量制を導入しており、

生活に不可欠な量は単価を低くし、一定以上の量を超えると

徐々に単価があがるというシステムが導入されています。



一般家庭では1000㎥を越えることは考えられませんが、

使えば使うほど水道代は割高になっていくということは

押さえておきたいポイントです。


お風呂派かシャワー派か?! 

どちらがお得?




夏はいつも以上にお風呂場を利用する機会が

増えていくと思います。

節約という観点からみていくと

お風呂とシャワーはどちらがお得なのか?

という議論が出てきますが、明確な正解はありません。

お得になるのは家族構成次第とも言えます。



たとえば1〜2人暮らしであれば1日1回利用するのなら

浴槽にお湯を張って入浴するよりもシャワーの方が安くすみます。

3人以上となると、浴槽にお湯を張って入浴する方が

安くなる場合がほとんどです。



もちろん1人暮らしでも浴槽にお湯を張りたい人もいますし、

3人以上の家族でもシャワー派の人もいます。

節約を心がけるのであれば、

少人数で暮らしているお風呂派は

毎日お風呂につかるのではなくシャワーのみの日を組み込む。



3人以上暮らしのシャワー派であれば、

シャワーする時間を制限してみてはいかがでしょうか。

身体を洗っている時間はシャワーを止めるというのも大切です。

ちょっとしたアイディアが節約に結びつきますので、

家族で話し合ってみて下さい。



残り湯も有効に使う



残り湯を洗濯に使うという人もいますが、運気的にはお勧めしません。

残りを使うのであれば、玄関の打ち水に使う等、

夏ならではの使い方をしてみてはいかがでしょうか? 

掃除をする時に使うのもお勧めです。



要はお風呂派であっても、

お湯を無駄にしなければ節約につなげることは可能です。

無駄な使い方をしていないかの検証をしてみましょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 いつも健康のための情報をありがとうございます。とても勉強になっています。私はお風呂の中で体を洗います。笑。外国式の入浴法です。最後にシャワーを浴びて出ます。当地は、冬寒いところですので、風呂を出て洗うと必ず風邪を引くのです。笑。心身ともに健康のハイジさんがうらやましいです。
美代子
2018/07/27 20:47
お風呂派です。
今まではシャワーを浴びる習慣は無かったのですが最近では掃除機を掛けた後に汗びっしょりになりたまりかねてシャワーをする機会が増えました。
お風呂の温度は我が家はちょっと高めの39℃位に設定して居ますがその時々にお湯を足したりお水を足したりして居ます。私も入浴時間は短めです。
そして残り湯は洗濯に使います。洗濯機がホース付きの残り湯利用タイプなんです。すすぎは水道水で二回すすぎです。節水は心がけてはいますが夏はどうしても使用料が多くなります。お米のとぎ汁は鉢植えに撒くのがせめてもの節水です。
のろばあさん
2018/07/27 21:13
こんばんは。
おっしゃるとおり、夏場でも入浴は大事ですね。
私も体温を1度上げる入浴法を取り入れて、
猫アレルギー・馬アレルギー・牧草アレルギーが
治りました。実は癌の予防にもなるんですよね。
体の温め、大事ですね。
TAMO
2018/07/28 00:46
美代子さん
こんにちは!
健康って本当に大切ですよね。
私は弱い人です。その弱い体を騙しだまし〜明るくふるまって居るだけですよ。
だから・・・【 健康オタク 】
少し太めで、何とか 体を維持して居ます。
ハイジオバサン
2018/07/28 12:46
のろばあさん
こんにちは!
お互い 若い時より疲れやすくなりましたね。
この暑い夏を何とか乗り越えましょう。
ハイジオバサン
2018/07/28 12:47
TAMOさん
こんにちは!
私は人より体温が高いです。体温が高い方が ガンが寄り付かない!と聞きました。
犬や猫が大好きで 毎日 触れ合う生活をして居ますが、幸い アレルギーはありません。小さな時から 動物を飼って居たからでしょうね。
ハイジオバサン
2018/07/28 12:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
こまめなシャワー & 夏のお風呂の入り方 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる