大連立・・・動き出すか~

首相退陣後に期限付き大連立


       …民・自幹事長表明





民主党の岡田、自民党の石原両幹事長は5日、

東日本大震災の復興政策や、社会保障と税の一体改革の実現などのため、

菅首相(民主党代表)の退陣後に

期間限定で両党を中心とする大連立を目指すべきだとの考えをそろって表明した。


 

岡田氏は、新首相は民主党から選ぶべきだとの考えも示した。

菅政権との連立を拒否してきた自民党が、菅政権退陣後の新政権への参加方針を示したことで、

首相の早期退陣論が拡大し、大連立に向けた民主、自民両党の協議が加速する可能性が出てきた。

 


岡田氏は東京都内で記者団に、

「 テーマ、期限を切って与野党が協力する形をつくるのが望ましい。

  震災(対応)や、税と社会保障の一体改革といった大きな課題を乗り越えるには、

  期限付きの連立が望ましい 」 と指摘した。



大連立の首相については「第1党が出すのが基本だ」と述べ、

民主党の新代表を「ポスト菅」の新首相にするべきだとの考えを示した。

 


これに先立ち、岡田氏はフジテレビの番組で、大連立の期間について

「 衆院を解散しても、参院で野党が過半数を持っている実態は変わらない。

  次の参院選まで続けることになるかもしれない 」 と語り、

衆院選挙制度改革などの処理も念頭に、1年以上の長期間が望ましいとの考えを示唆した。

 


民主党の前原誠司前外相も同番組で、

「 ねじれ(国会)が恒常化している。打開策は、時限的な大連立だと思う 」 と強調した。

新しい党代表の条件については、

「 党代表が誰になるかが、野党の協力を得やすい環境の一つになるという視点に立つべきだ 」

と述べ、野党との連携を挙げた。

 


一方、石原氏は都内で記者団に

「 まずは民主党に新しいリーダーを決めてもらう 」 と述べ、

首相の退陣が大連立の前提との考えを強調した。

そのうえで

「 期限を区切り、目的を決めて、できる時に衆院選を行わなければならない 」 と語り、

大連立を一定期間続けた後に衆院解散・総選挙を行うことも条件に挙げた。

(2011年6月5日23時31分 読売新聞)



===============================


やっと マトモ?に 動き始めた 【 政局 】


国民が 此処まで~~呆れ果てた末に・・・の結果だから。


さすがに~~


国会議員先生方も・・・気づかれたか!


民主党の若き?リーダーたちも・・・


あまり パッとしない面々だし~


もちろん、自民党の若き?リーダーたちも・・・


好かない連中ばかりだが・・・


此処は、何と言っても 【 国家の非常時 】


民主とか 自民とか・・・クダランことで争って居る時じゃない事だけは


誰の目にも確かだ。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



斜面  ( 信濃毎日新聞 による )

                           6月05日(日)

次の首相は誰になるのか。

そんな会話があちこちで聞かれる。

確実な本命は見当たらない、で落ち着くようだ。

共同通信の全国世論調査の数字にも表れている

   ◆

6日夜の各TVニュースでも・・・

様々な方の顔が並べられて居たが・・・

誰一人、私の目に適う( 偉そうに聞こえるかも知れないけれど・・・ )

国民は、皆~~今の政治家には~あまり期待をしていない。


   ◆


ふさわしい人の1位は野党自民党の石破茂氏で13・3%。

2位からが民主党で前原誠司、枝野幸男、岡田克也各氏と続く。

( 中には・・・小沢先生推薦の原口と言う声まで~~? )

何れのお方もねぇ~??

親米過ぎても・・・親中過ぎても・・・問題あり。



5、6位はまた自民で、石原伸晃、谷垣禎一各氏だ。

( 私は・・・この両者も好かないねぇ~ )

分からない・無回答は、24・6%。

与党3人の中から首相が誕生するか、あるいはダークホースが出てくるか、まだ見通せない。


こんな時、つくづく・・・政党政治 議院内閣制の矛盾、限界を感じるのは私だけ?
 

   ◆

昨年、当時の鳩山由紀夫首相退陣前の4月に行われた同様な調査では

トップは野党の舛添要一氏で、以下(2)前原氏(3)渡辺喜美氏(4)石破氏(5)鳩山氏(6)菅直人氏だった。

人気がトップでも、野党では首相になれない。

人気には浮沈もある。

時として・・・国民の人気など~~実にいい加減なものだ!


   ◆

今回の調査では、菅首相と対立した小沢一郎元代表支持派議員の行動に対し厳しい結果が出た。

「評価せず」が89・4%だ。

( 当然だろう~ )



党内対立をしているときではない、震災復興に力を合わせよとの願いがこもる。

それなのに首相退陣時期でももめた。

やっと幕引きの時期が見えつつある。

( このまま、流れて行くのであろうか? 


 多くの国民は もう~~冷ややかに見ているのみ。)

   

    ◆


次の首相も復興に全力投球が求められる。

世論調査で次期首相への期待は、リーダーシップが最も高く38・6%。

国民への説明能力、庶民感覚、経験と実績、政治倫理・清潔さ-と続く。

数の論理でなく、国民が望む資質を優先して選出できるか否かが問われる。




私の嫌いな人相の方ばかり・・・


嗚呼~誠意のある、国の危機に身を粉にして働ける士は何処?



「期限を切って連立して衆院解散しろなんて、のめるわけがない」。

民主党の岡田克也幹事長は6日、国会内で面会した同党の旧民社党グループの議員らに明言した。

岡田氏と自民党の石原伸晃幹事長は5日、大連立にそろって前向きな考えを表明したが、

思い描く道筋にはなお隔たりが大きい。


岡田氏・・・とみに人相が悪くなってきた筆頭だろう。

石原氏・・・前から あの引きつった顔は・・・好かない。浅はかな小者。
 



石原氏は、首相退陣を受けて大連立する場合も最長半年程度の期限付きとし、

衆院選ができる環境が整った時点で信を問うよう主張する。



山本一太・同党参院政審会長も6日の記者会見で

「次の総選挙の日程をきちっと約束することが前提条件だ」と指摘した。

 

自民党が解散日程にこだわるのは、大連立がなし崩しで長期化した場合、

次期衆院選で再選を目指す前衆院議員らから不満が噴出し、執行部の足元が揺らぎかねないためだ。




相変わらず・・・自分の党の事しか考えッらえない政治家たちですね。


これからの政治の動き・・・


くれぐれも~国民に 飽きられ~呆れ果てられないように~~

慎重に前に進んでくださいませ。   








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック