現代結婚事情とは~~( H I J K )

J-CASTニュースを時々覗きます。



すると、こんな面白い現代の 【 結婚事情 】 が 載って居ました。


薄々、こんな化石のような?( 謙遜 )ハイジママでも・・・


若者事情には アンテナを張って居ますが・・・



まさか~此処までとは!



驚きです!! 




私より、若い親たちの間では・・・ね!


「 結婚は どちらでも良いから、とりあえず早く H をしちゃいなさい! 」


と!! 


H を勧める親まで~~~
居るから よけいに びっくりです!!





昔の 【 学生の一人住まい 】 は~~


ワンルームマンションじゃなくて・・・


個人のお家の 【 一部屋 】 を借りるパターンが多かったし~


とても~~個人レベルで~~


好きな行動?をするような環境は無かったね! 


まして、自宅通学なら・・・不可能です。


自分の車も無いしね! 


携帯電話も無いし~


電話は 大家さんに 大きな声で~~


「 ○○ちゃん~電話だよ~~ 」 って!!


今じゃ・・・携帯メールだし~~。


何でも出来ちゃう~~ 





でも、こんな時代になっても・・・


しっかりしたお家は 門限もしっかりで~


うぶなお嬢様も おいでになるのですが・・・


希少であることは 確かです。






まぁ~~娘が子も持たないで・・・家に居続けるより・・・


せめて子だけは~という思いなのか?


社会保障も 当てにできる? 世の中だしね! 


昔に比べて かなり 母子家庭には優しい社会です。





H なんて、今じゃ 握手するようなものだよ! と・・・ 



今の世の中・・・どうなって居るんだ~~~!!



私が 若い時には~ね!



手さえ握るのに・・・勇気が要ったのですよ。


( だから・・・手も握っていませ~~ん )



なんて!! うぶな可愛い二人!! 



ハイジママも・・・



そんな うぶで~可愛い子でしたよ!




( 自分で言うのも?なんですが・・・それが事実です!!  )



女性から・・・「 好きです 」 なんて…言うのは 夢のまた夢!!



考えられますか?? 



25歳を過ぎたら・・・結婚適齢期を過ぎたとか?



今、考えたら 女性の差別かも?



女性の仕事、意志、あらゆるものに規制があったような気がします!



だから、私は23歳で結婚し、25歳 30歳で 出産しました~!



まぁ~なかには、エッ あの子が? という例外が有りましたが・・・



ホンの一握り!


( 大学時代の 何百人という同級生でも・・・案外美人組が身持ちが固くて・・・


  どう見ても 美人と言えないお方が、意外に・・・乱れた生活を~していました。


  特に下宿組、寮生活組・・・親の目が届かないものだから~~ ××・・・してた子も~


  大学時代に、社会学(宗教学)の教授に問われました。


  何%くらいの子が、乱れた生活をしているの? ってね。


  その頃から?私が・・・全学生の生活動向について詳しい?と見られて居たの!(笑)


  私の観察では おおよそ1%から2%止まり、何百人という学部生の中で、数人だった?と  )


  そう答えた私が 98%の方であったことは 間違いありません。  )




キッスなんて!


どういうものか?想像すら付かなかった!


( なんとなく~~憧れのようなものは ぼんやりとあった?のかも知れないけれど )


まして H など・・・考えられない行為でした。





そんなことをしたら・・・


即刻! 「 うちの箱入り娘を~どうしてくれる~~ 」 と !


親まで巻き込んで、大騒動かも?


今から考えたら・・・笑っちゃいます!! 





ああ~~正直言えば・・・もっと自由に~~


もっと~~羽ばたきたかった自分が 居ますよ! 


もちろん、中には・・・


自由に羽ばたいた方、東京方面には~


居られましたね。


私は 田舎者ですから・・・


遅れて居たんです。





考え方も 行動も・・・。


( 今は・・・都会も田舎も そんなの関係ない!


       むしろ田舎の娘さんの中にも 大胆なお方が多いようです。 )


  





とにかく昔は・・・



普通は~バージンのまま、結婚式を迎えたものです。 


( 1970年代の後半??くらいから、日本の男女関係も急激に変化して行ったのかも ? )



バージンの価値が? ( どれだけのもの? )



その為に・・・バージンロード って あるんでしょ? 



もっとも、私の結婚式は 和式でしたが・・・。



ゴチゴチに固まって 和服を着せられました。



重~~い島田を結ってね!



うぶだから、もう~~ドキドキの世界に突入でしたね! 






今は・・・



ハイ! 考え方は・・・まったく自由です。



好きなら好き!



嫌いなら嫌い!



気持ちに素直になれる自分が居ます。



人間、変わるものですねぇ~~。



ああ~~時代が変わったのか!! 



どうでも良いから・・・



周囲に~迷惑を掛けないのなら 



( あくまでも 自立できる大人として、責任を持てるならば~~ )



みんな 幸せになってもらいたいものです。 




                                                      




若い世代の結婚は 「 H I J K 」


エッチしてからが生まれ….


ジュニアが産まれ・・・


其処で 結婚する~~


というパターンだそうだ! 
                                                              

                                             2011年01月03日10時00分




                                      提供:J-CASTニュース



10代の「でき婚率」は8割


結婚する前に妊娠する「できちゃった婚」で生まれた子が、全体の4分の1を占めるまで増えてきた。


出産した女性の年齢が若いほど、でき婚率は高くなり、15~19歳では8割を超える。




そんな若い世代の結婚事情は、「HIJK」とアルファベット4文字で表現されるという。


いったいどんな意味なのか。





20~30代は違和感なし、親の世代は抵抗感



テレビで有名人のできちゃった婚のニュースを聞くことは、珍しくなくなった。


2010年も、俳優の瑛太さんと歌手の木村カエラさんなど、


結婚前に既に妊娠していたケースがかなり見られた。





厚生労働省は2010年12月9日、「出生に関する統計」を発表した。


この中で、「結婚期間が妊娠期間より短い出生」の項目で、できちゃった婚の実情を明らかにしている。


女性が結婚前に妊娠、その後出産した第一子の割合を見ると、


2009年は25.3%。4人に1人は、できちゃった婚で生まれた計算になる。


この割合は2002年の27.9%をピークに微減が続いているとはいえ、25%以上をキープしている。




年齢別のでき婚は、出産した女性の年齢が30~34歳では12.1%なのに対して、


20~24歳だと63.6%に、また15~19歳では81.5%に跳ね上がる。




これだけ でき婚 が増えてくると、世間のイメージにも変化が出てくる。


結婚式場の紹介など結婚情報を提供する「でき婚.com」に聞くと、


「昔ほどマイナスイメージは聞かれなくなった」という。


20、30代になると、周囲にもでき婚の知り合いがいるため違和感はないが、


「その親の世代は、まだ抵抗感を持つ人が多い」と話す。




結婚前に妊娠する風潮は、「 H I J K 」 という4文字でたとえられる。



作家のLiLyさんが著書の中で、最近の若い世代の恋愛、結婚を表現したものだ。



「エッチ(H)してから愛(I)が生まれ、


   ジュニア(J)が誕生し、結婚(K)する」



のだという。


妊娠がきっかけとなって結婚のタイミングをつかむ、という形も定着しつつあるようだ。



でき婚の44%が5年以内に離婚


一方、気になるデータもある。


「でき婚.com」が2009年、できちゃった婚をして5年以内の100人を対象に実施したアンケート結果によると、


44%が5年以内に離婚したと回答したという。


一方、厚労省が発表した2004年度の離婚率は37%。


調査の実施時期や調査人数が違うため単純に比較はできないが、


数値を比べる限りでは、できちゃった婚の離婚率は高い。




アンケートでは、離婚理由まで詳しく把握していない。


だが、「 でき婚.com 」の担当者によると、


「 本当は結婚するつもりはなかった 」 というカップルの声があったという。


妊娠を契機に「 仕方なく 」 結婚したものの結局耐え切れずに破局、というケースだ。




ライブドアが、できちゃった結婚についてネットリサーチを実施した。


「 でき婚は悪くない 」が54.8%で、「 悪い 」を上回った。


「 当人が幸せになれば、それで良い 」


「 本当に子どもが欲しくてできたのなら悪いことではない 」


とする人もいるが、


「 結婚、離婚は自由だろうが、でき婚の場合、犠牲になるのは、


  選択権の無い『できちゃった者』(注:子ども)の人権 」


「 少なくとも推奨出来るものでは無い 」


という意見もある。





ニュース提供は・・・・■J-CASTニュースとは?


従来のマスコミとは違うユニークな視点で、

ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。

読者投稿のコメント欄も充実!



結婚事情は これからも 変化?を続けて行くのでしょうね~!


もちろん、結婚しない!という選択も増えていくのでしょう。


結婚しても、子供を作らないというパターンも・・・。


周囲を見渡しても・・・


結婚しない若者から中年まで・・・


ゴロゴロ居ますね。


結婚の経験はあり~


子供も居ます。


が~~離婚しました!というお嬢さんもゴロゴロ!


今や、離婚は・・・恥でも何でも無いのかも?





カッコよく人生を闊歩してるなら・・・


今は良いでしょうが・・・


どう~なんでしょうね~?


まして・・・カッコ悪い人生なら、かわいそう~~なんだけれどね。


ああ~~これ、お節介かな? 


お節介は しませんよ!!


野暮ですから~~ 


でも、時々・・・結婚の条件!


【 信 敬 愛 】 の お話は~~します!









彼氏彼女の事情 (20) (花とゆめCOMICS)
白泉社
津田 雅美

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 彼氏彼女の事情 (20) (花とゆめCOMICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




うまくいく婚活、いかない婚活 (朝日新書)
朝日新聞出版
多賀 幹子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by うまくいく婚活、いかない婚活 (朝日新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2011年01月05日 09:19
実は、私も・・。今は、“子ども達(男子2人デスが)が居ること”がとても幸せに感じられ、感謝しています。
2011年01月05日 09:38
男子二人ですか~!私もそうです。
良い子ばかりに恵まれて、シアワセなママです。
2011年01月05日 09:40
あたしも古い人間ですゆえ‥‥
最近の若者は一目もはばからず‥‥
いちゃいちゃと‥‥
見ている方が恥ずかしいです

絵文字、頑張って下さいね~
2011年01月05日 09:50
は~~い!
時間の有る時、挑戦?します。
古い人間?はいじさんは 若いと思った~よ!
でも、きっと私より若い・・。
私は此のNET社会では かなり高齢な方だと思います。
でも、やってみたいです!

この記事へのトラックバック