ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 年寄りの生活とは? ( 老人街道 )

<<   作成日時 : 2017/11/16 04:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 5

今の世は・・・

実の親子と言えども〜

仕事の関係・社会の通常・様々な理由から

同居しないで 別々に暮らすのが 普通です。

それで、良い!

お互いのしあわせの為かも?



昔は・・・

長男に嫁いだら 同居は当たり前。

親の世話も 当たり前。

中には 意地悪な親も居たような?

嫁姑問題は 永遠のテーマと言われたそうだが・・・

今は昔。



今は・・・

親の方が 気を遣い?

遠慮するのが 当たり前。

うちの場合も 長男は 遠い地。

次男は そんなに 遠くは無いけれど・・・

別世帯。

当然 能力の有る嫁たちも バリバリ働いて居ます。

尊敬しちゃう形です。

各々 社会的にも 今の年齢は一番に忙しい時。

( 今は ただただ 年寄りの方が、

  忙しい若い夫婦の体を心配する立場 )

親は 子供に 【 心配 】 を掛けないように

自分たち 老夫婦だけで〜

何とか自立して暮らさねばなりません。

それでも・・・

親孝行な息子たちは 忙しい合間に・・・

親を気遣い?? 時々は 覗いてくれます。

そんな時の 会い方は・・・

その子供それぞれの形。

静に 穏やかに 見守る形をとる長男も居れば・・・

動に? にぎやかに しゃべくりかき回す次男も居る。

家の場合は 政治問題から 社会問題・・・

コミュニケーションが 盛んなので・・・

時には ぶつかり合う時も在る!

そんな時 にこやかに 微笑む 【 お嫁さん 】 が 

後ろに控えるのは嬉しい。





「 うちの親、年をとって頑固になったし、

  ボケてきたのか、

  よくわからない行動をとるし。ホントに困るわ…… 」

そう思う 息子や娘たちが 多いんじゃないかしら?

「 母さんは 体が弱いから・・・

  あと 五年か十年くらいしか 生きないからね!

  早く逝った方が 良いでしょう? 」

「 ところが 父さんは 丈夫だから・・・

  百まで生きそうだよ!

  覚悟しておきなさいよ! 」

「 困ったなぁ〜

  頑固な父さんが そんなに生きてもらっては・・・

  早々に 逝ってもらわないと〜 」




本音とも 冗談とも?

分からないような会話が 有ります。

こういう会話。

本当に 親が 臥せって居たら 言えない会話だと思います。

まぁ〜元気で何とかやって居るから・・・

親子で交わせる会話です。





現に うちの場合も・・・

「 白髪が増えたなぁ〜 」

「 ボケて来たんじゃないの? 」

色々 息子に言われっぱなし!

悔しいです。

いつまでも ピチピチして居る親など無い!

衰えるのが 当たり前じゃないかな?

それが 現実!

いつまでも 心配かけず ピンピン元気な親?

そりゃ〜〜そうありたいけれど、

そんな親が居たら・・・

化け物じゃ!

老化して当たり前!

若い息子たちも 娘たちも・・・

同じように 老けるんだからね!

人間 皆 同じなんだから〜!

 


こうした高齢者の“現実”は、性格や認知症のせいだけでなく、

ほとんどの原因が“老化”にあると思います。

逆らえない現実。

それに お互いが 向き合わないといけません。





老化だから 仕方が無い?

本人 ( 年寄り ) だって 出来れば 【 老化 】 など

したくないのですが・・・。

寄る年波には 逆らえません。





夫婦間だって 同じです。

「 近頃 何もしないで ボ〜〜としている 」

「 もう少し 働いたらどうだ! 」

「 家が汚い〜 」

そう、言われても 体が動かないのです。

やる気が起きないのです。

いつまで セッセと動ける若さを保てるというのでしょうか?

老化は 当たり前の現象です。

出来て居た事が 出来なくなる現象です。

期待してもらっても 困ります。

ウダウダ言われる小言は 聞かない事にして居ます。

都合の悪いことは聞こえない、聞かない事にして居ます。

そうじゃ無いと ストレスが溜まるばかりですからね!

 


深刻な夜中のトイレ問題。 

こうなったら・・・

夫婦と言えども〜

お互いの 【 健康維持 】 【 安眠 】 の為に・・・

別床にするのが お互いの 【 しあわせ 】 になる。

興味のある 【 TVドラマ 】 だって 異なるし、

読書をしたい時もあるでしょう。




高齢になると尿を濃縮するホルモンが低下し、尿が薄くなるそうです。

悪い成分を体外に排出するために尿の量が増えるのです。

“2時間に1回”といった頻度で、すぐにトイレに行きたくなるのは、

このためです。

こんな時 夫婦一緒に寝ていては〜

お互いの安眠障害になりますよね。




男性は 主に 【 前立腺肥大 】 の症状が出ます。

女性も 冷えとか 筋肉のゆるみで?

回数が増えます。

高齢者の頻尿は 仕方が無い問題でしょう。

かえって 排泄を我慢してて眠れないよりも 

安心して眠る為にも 尿意が有れば 

トイレに行くのも仕方が無いですね。

夜中に 電気をつけて ゴソゴソしたら・・・

お互いに迷惑でしょう。

 

じつは「 トイレに行けば行くほどトイレは近くなる 」のだとか。

困りましたね。

ちょっとおしっこがたまっただけで、

尿意をもよおすクセが膀胱につくからです。

我慢のしすぎはよくありませんが、ある程度、

膀胱におしっこがたまってからトイレにいくクセをつけましょう。

また、夜は就寝4時間前には水分を控え、

ノドが渇いたときにはがぶがぶ飲まずに

少しずつ水分を摂取するのがベターだそうです。

 



頭を悩ませていたお年寄りの困った行動も、

理由を知れば、優しい気持ちになれる。

“老人の体”を知り

年老いた親ともうまく付き合ってもらいたいものです。




わが家ですか?

ハイ!

かろうじて〜〜

まだまだ・・・其処まで行ってはいませんが・・・

やがて、こういう 【 年寄り状態 】 になるでしょう。

若い?つもりが 通用しなくなる日が もうすぐ其処に!

確実に 【 老人街道 】

まっしぐらです!

そりゃ〜歳ですから。



【 老人街道 】

それは、私の最近の 造語でしょうか?

そんな言葉 在りましたっけ?






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
年齢と共に確かに何かを新たに起こす気力がなくなってきますね。若い時にはなんでも軽くこなしていたことが、考えてから行動するようになってきました。慎重になったというか?あるいは単に怠け者の本性が明らかになってきたような気もします。
arara
2017/11/18 22:04
こんばんは。
ご多聞に漏れず老人街道まっしぐらです〜♪
今日後期高齢者免許更新の前段階の認知症検査のテストを受けてきました。
その検査結果で講習時間が違うそうです。多分76点以上取らないと3時間講習になり異常なしだと2時間講習だそうです。私は原付二輪の免許なんですが日頃は全く乗って居ないので免許は返上してもいいのですが・・・なんとなく淋しくて受けてみました。16個の画像を見て後でそれが何だったか思いだしながら記入しなければならないのですが・・一つだけ思い出せなくて諦めて居ました。でも帰りの電車の中で思いだしたのでホッとしました。悲しいかな思って居たよりやはり老化は進んで居るように感じました。
さて二週間後には結果がわかるそうですが・・・どうなるかしらですよ。
同じ講習者の話も似たような様子でしたが・・・中には奥様が認知症で車での送り迎えには必需品だと言われて居た82歳の男性の話し声も聞こえました。深刻ですね。
のrばあさん
2017/11/18 22:38
ママさん、こんばんは、、お邪魔します。
最近、五木寛之の「孤独のすすめ―人生後半の行き方―」を読みました、、。
正確には覚えていませんが、ニュアンスは、、
人生の前半は前を向いてひたすら頂上を目指す、、後を振り向く余裕はない、、しかし、人生の後半は下山、山を下りる、、前半では振り向きもしなかった風景が目の前に広がる、、ゆっくり命が終わるまでの時間を過ごす、、。
「高齢になっても前向きに生きよ」というが、前を向いたら死しか見えない、、それよりは、人生の苦しかったこと、楽しかったこと、幸せだったこと、面白かったこと、、様々なことを回想し、想い出にふける、孤独じゃないと語っています、、。
老人を労われ、親を敬えなどと叫んでも、必死で山を登っている子どもにはどうすることもできない、、。
できるだけ連合いや子供たちに迷惑をかけずに、想い出の品物を眺めて、孤独を楽しむ、、こんな風に人生を終えることが最良だと、この本には書かれています、、。
共感することが多かったですね、、。
OTSUKYON
2017/11/18 22:48
アララさん
私の場合は 何と言っても 生活の変化です。
主人がいつも家に居るようになって 私の自由が無くなりました。
理解ある人なのですが・・・私の方に原因があるのですが、いつも外へ出ていた自分が、今は〜〜なんとなく 億劫になってしまったのです。
目に見えない重圧? なんとなく 気を遣ってしまうのですよ。
ハイジママ
2017/11/21 22:54
のろばあさん
こんばんは!
車の免許は とうに返上しました。
幸い 我が家は駅から ニ三分の場所、スーパーも歩いてニ三分。
歳を取ったら やはり便利な場所に住みたいです。
そういう条件じゃないお方は 老後が実に心配だと思います。
そうかと言って そうそう簡単に住処を替える条件など整うはずもありません。
コンパクトタウン これからの日本の大きな課題だと思います。
良い病院が近いのも条件ですよね。私は わざわざ名古屋まで出掛けます。
地元の医者を イマイチ 信頼して居ないから・・・。
困った話ですね。 さぁ〜これから どういう老後生活が 待って居るのか?
ハイジママ
2017/11/21 23:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
年寄りの生活とは? ( 老人街道 ) ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる