ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 人生とは? 母親とは?

<<   作成日時 : 2017/10/11 05:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 9

ごく普通に〜23歳で結婚をして・・・

ごく普通に〜25歳と30歳で子を授かり・・・

ごく普通に暮らして来た人生!

ちょっぴり働いて・・・

少しは 社会と関わって来ました。

大した事は出来ませんでしたが・・・

少しは 人様の為になる事も 出来たかな?

真面目に コツコツと・・・

少しは 冒険もしましたが〜

今はもう〜過去の話。

アッと言う間だったなぁ〜!

何が残ったか?

そうね。

何より・・・

貴重な経験だね。

物より思い出・・・そのものです。

そして・・・

二人の男の子を 育てた事!

子育て時代は それなりに 大変だったけれど・・・

「 随分 いい加減だったね!」 と、笑われるけれど・・・

反面教師で 何とか 無事に育ちました。

それは大きい!

二人の男の子は 

それぞれに・・・ステキなパートナーを見つけて 

家庭を作ってくれた!

外国式に 褒めるとすれば〜

( 日本人なら 此処で謙遜だろうが〜 )

世の中・人類の役に立つ人として・・・

成長してくれました。

立派にやってくれている事に感謝の毎日。

幸い 今後も 無くならない職業の人。

そういう点は 何も心配して居ない事が・・・

何よりしあわせだろうね!

まぁ〜子供の事は 

それぞれが しっかりやっていってくれるだろうから、

親が心配する事じゃないらしい。

いっさい口出しもしない!

これからも・・・

子を信頼する事が 何よりだろう。

それでも・・・

母親と言うものは 心配をし続ける生き物らしい?

「 体に無理はして居ないだろうか? 病気は・・・しないで!

  何より 体第一 夫婦仲良くだよ〜 」

「 大きな国の借金を 彼らが負担するのだろうか? 

   そんなアホな! 

   政府からは 何もしてもらっていないよ〜 」

「 世界は このまま平和で 仲良く暮らせるのだろうか? 

   戦争は無いのだろうか?

   変な方向に いかないでくれ〜 」

「 地球の安全 気象変化 温暖化 

   解決出来るのだろうか? 

   暮らしやすい地球であり続ける事が 

   出来るのだろうか? 」



別に 私が心配しても 力になれない事ばかりなのに・・・

人類の存続の為に 願う事は多々あります。

全ての人類 全ての動植物が 生き永らえ〜

しあわせに暮らしますように・・・。

私は 常に 全世界の動植物に 想いを馳せます。

緑豊かな地球でありますように・・・









さて、自分たち 夫婦の人生について・・・

何とか 離婚なんてしないで・・・

( そういう事を簡単にすると・・・

  子が居る場合は 子が迷惑します。

  子が居なければ・・・

  相性が悪ければ? リセットも可なり

  結構 年配者の方が そういう事に理解あり! )

お互い 不満?もあった? だろうが・・・

お互い 辛抱?し合って?

( 特にいたらぬ私でしたから・・・ )

すべて 縁 責任!

すべて 【 家族愛 】

此処まで 波風立てずに やって来ました。




遠慮しないで 話し合い〜

お互いに 協力し合って来た事実。

その結果の今が有ります。

それは お互いに感謝しなくてはいけませんね。




後は〜〜自分たちの人生の後始末が 課題です。

後に残る者 子供たちが〜

迷惑に感じないように・・・

あらゆる物を 整理整頓しておかねばなりません。

家 ・ 財産 ・・・ あらゆる 【 ゴミ 】

マイナスの財産は 残すべきじゃないし〜

場合によっては プラスの財産さえ・・・

争いの元になるらしい。

迷惑になるケースもあるらしい。

忙しい彼らは 何も要らないと言う。

親の年金を当てにする馬鹿者でも無いし〜

むしろ ふるさと納税で親孝行してくれます。




昨日も・・・  

そういう 【 始末 】 の一部としての作業に〜

行って来ました。

形あるものの始末は 大変です。

まだ、進行中の話。

土地? 建物? 山林? マンション?

地球のすべてが みんなの物。

個人所有が 問題だと思う事 しきり・・・。

極論で言えば 熊でも猿でも・・・

犬だって 猫だって・・・

全ての動物たちが 喜べば良い!

人類が 汚した後始末・・・

動物たちに返してあげたい気持ち。




全ての環境が〜〜人間だけの物でも無い。

ところが 殆どの人間は 欲が深い。

馬鹿だなぁ〜〜。

誰の所有なんて・・・

もう気にしない。

若い次の世代が 有効に使ってくれれば それで良し!

( 例え 血縁が無い人でも 

  大きく考えれば 皆 我々の子供たち・・・

  かれらが 希望や夢を持って〜

  暮らしていければ それで良し! )




今〜

わが家は 無欲の状態で・・・

人生の断捨離を進めて居る段階です。

人生は・・・

重い肩の荷を おろして〜

逝かねばなりません。

誰も あの世には 何も 持って逝けませんからね!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
高校生の頃母を亡くしましたので、母の思いはわかりませんが、きっとハイジママさんと同じであったと思います。マザコン?そういうこともよくわかりません。
でも、無くなるまで、母は大事な人でした。その後継母がきましたが、まさに反面教師でした。
人嫌いにもなりますが、母という存在は、優しさの象徴です。
最近母と呼ばれる人が、女という存在に戻ることがあるようですが、その状態は大変怖い存在ですね。文春に追われる女たちのようです。
母は息子にとって、特別な存在です!
FREEHAND(ベランダ主夫)
2017/10/11 18:10
こんばんは。
ホントですね。断捨離しなければと思いながらもあまりのガラクタの多さに気力が湧いてきません。まだ母のものがあるのでまずはそちらから手を付けなくてはならないのですが・・・怠け者なので切羽詰まらなければ行動に移せないのです。 
ハイジさんのこれまでの軌跡とよく似ている気がします。男の子二人と言うこともありますし結婚の時期も子育ての時代もよく似て居ます。もっとも次男は未だ独身のところは違いますが・・・。
ハイジさんご夫妻は心配ごとなくていいですね。我が家は次男が結婚してくれることをただただ願って居ます。
元来物欲はあまり強くない方だと思って居ましたが最近ますます執着がなくなりつつあります。これも一種の老化だと聞きますが。

ところで最近は何でも縮めて言うことが流行って居るらしく何を言って居るのか理解不能です。ちゃんとした日本語を話して欲しいものです。
のろばあさん
2017/10/11 21:23
ベランダさん
まぁ〜男の子の場合は お嫁さんも居ることですから あまりベタベタも 心配もしない方が良いのかと思って居ます。
幸か不幸か? 我が家は 二人とも同居体制じゃなく 各々 職業の関係で〜別の土地にて独立して居ますので、親としてはあまりタッチして居ません。
まぁ〜これまで 育てた結果だけですので、遠くから見守るだけですね。
ハイジママ
2017/10/12 06:20
のろばあさん
おはようございます。
うちも長男 次男 共に結婚はゆっくりでしたよ。
まぁ〜それだけ素敵な人を探していたのでしょう。
本人たちが しあわせならば それで良し。
親としては 次男さんが まだご結婚されないのは とても気がかりな事でしょう。
善きパートナーを早く紹介してもらいたいと、親の願い? ですよね。
こちらからも お祈りいたしておりますね。
ハイジママ
2017/10/12 06:23
うん、その通りだ!。ハイジママさんは深いなあー。
思うことは思うのですよ、私でも。でもついつい後回しにしてしますのですよね。
結局いつまでも生きているように思っているんでしょうね(^^;;
マジに終活を考えねばなりません。頑張ります、ありがとうございました。
サヤ侍
2017/10/12 23:29
サヤ侍さん
こんにちは!
毎日が充実して居るから なかなか片付けられないのかも?
生活をシンプルにしないと なかなか 片付けに着手出来ないかも?
終活 私の場合は 財産問題です。使わない家の始末です。
ハイジママ
2017/10/13 14:48
終活としての片付けですね〜。人生が終わる時には身辺もさっぱりとしたいところですが、現実的には物を捨てられない!「もしかしてこれ役立つかも…」なんて考えるとなかなか苦しい作業になりそうです。それでもハイジママさんは二人のお子さんを立派に育てた、もうそれだけで勲章をいただいても良いぐらいです。子供のいない私はこの人生で何をしたのか、書くことができない!とほほです。
arara
2017/10/14 00:38
アララさん
子が出来る出来ないは 時の悪戯! 縁のものですから お子様が居ない事をトホホと思う必要も無いと思いますよ。それより、あなた様は ご立派に 【 国際親善大使 】 として スイスと日本の架け橋の役目をされていると思います。
私も ちょっぴり 国際親善には〜〜関わりました。人と人 国と国 その繋がりは大切だと思います。
まぁ〜私の場合は 何もかも 「 中途半端 」 なのですが・・・。
私の方が トホホですよ。
ハイジママ
2017/10/14 11:11
ママさん、いつも考えさせられる話題をありがとう!
我が家も、私個人も、、現在断捨離を進行中です、、ある程度の想い出深い品物を残して、すっきり老後の生活を始める、、これからは何かを買いたいと思った瞬間に、これがゴミにならないかを見極めることが重要ですね、、。
京都の自宅を整理していましたが、ほぼ片付きました、、一番の趣味だった写真、、ネガ、スライド、プリント、トロフィー、賞状、雑誌など、、そのほとんどを捨て去りましたが、捨て切れないものがマンションに溢れてきました、、更なる断捨離が必要でしょうね(苦笑
OTSUKYON
2017/10/25 12:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
人生とは? 母親とは? ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる