ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹羽宇一郎さん(本こそは もっとも安価な人生と仕事の必殺の武器である)

<<   作成日時 : 2017/09/02 06:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 12

あなたは最近 本を読んでいますか?

私?

ハイ!

あまり読めて居ません。

目がうとくなったから・・・

直ぐに眠くなります。

これでも、子供の頃は すごく 【 読書好き 】 な子でした。

今は・・・

もう、ダメ!



今日の新聞に・・・

丹羽宇一郎さんが 書かれた本!

【 死ぬほど読書 】 の 宣伝が出て居ました。

私が 常々 立派なお方だと認めて居るお方。

地元 名古屋ご出身で・・・

長年 商社にお勤めになり・・・

( 社長・会長を歴任!)

世界のこと、特に中国のことに詳しいお方です。

( 初の民間中国大使 )

彼のことを 少々左寄り??? だとか・・・

訳の分からないことを おっしゃる輩もおいでですが・・・

まったく そんなことは ありません。

中道の立場から 正しく 【 世界 】 を 見ている方だと思います。


その 丹羽さんが・・・

こんな本を 出版なされたそうです。

新聞の宣伝を見ただけで、

まだ 見ても買っても居ない本ですが、

すごく気になりましたので、此処に紹介いたします。

そして・・・

私 最近の自分について 少し反省しました。



その本の中身には こんなことが書いてあると。

その一部です。



@ 自分は何も知らない と、自覚する

A 読みながら考えないと身に付かない

B 人がすすめる本は 当てにならない

C 何が教養を磨くのか

D 本は働く意識を大きく変える

E いくつになっても偶然の出会いは楽しい

F 良い本を見抜く方法

G 専門家であっても 信頼出来るとは限らない

H 情報のクォリティを見抜く

I 書評はどこまで信頼できるか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下 番号は打たずに 書き連ねます。

ベストセラーは読む価値があるか

週刊誌は読書に入るか

考える力は こうして養う

歴史書から人間の本質を学ぶ

小説で「 考える力 」 を養う

理論書だけでシングルプレーヤー

本を読まないと寝られない

頭に残る読書ノート活用術

関心があれば俗っぽい本でも徹底して読む

締め切りを設定すると集中できる

本にお金は惜しまない

基本的に積読はしない

苦手な本の読み方

不足している感情を本で補う

仕事の姿勢を読書がただす

問題がなくなるのは 死ぬとき

一つでも心に刻まれる言葉があれば儲けもの

読書は孤独な行為ではない

本は人を見る目を養ってくれる

死をどうとらえるか

読書はこころを自由にする・・・ほか


まだまだ続くお話のようです。





彼に言わせれば 【 本に代わるものはない!」 と・・・


色々なご意見が在るとは思いますが・・・

参考にしたい内容ですね。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 40
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
活字の小さな本は困りますね。
最近は、先ず活字の読みやすさ加減を
確かめてから、中身を確かめる感じで…。
でも、本は大事な人生のパートナー。
いい本に恵まれない時間が長いと、
ちょっとしたストレスになります。
yasuhiko
2017/09/02 11:12
わたしはどこででも読書です。え〜トイレでちょっと読書。今は松本清張の「日本の黒い霧」。ああどうして今までこの本を読まなかったのかと後悔です。みんなにお勧めしたい。これを読んで戦後の日本の歩みを勉強しようと思ったら、それ以上の効果がありました。ベットの脇には、安房直子さんの全集。毎夜寝る前に、一つだけ読んでその作品を抱いて寝ます。読書は必要とかなんとかいう以上に、読書せずには生きられないわたしです。
ののはな
2017/09/02 18:31
面白そうな本ですね。これ、ぜひ読んでみたいです

>@ 自分は何も知らない と、自覚する

本を読んでると、自分が本当に物知らずであることを痛感します。
情けなくなりますけど・・でもだからこそ、知識欲も湧くし、少しでも向上心を持つことができるのかも、なんて思ってみたり。

>関心があれば俗っぽい本でも徹底して読む

これは、率先してやってます(笑)
高尚な本より、俗っぽいものの方が面白いし
キーブー
2017/09/02 23:47
YASUHIKOさん
コメントありがとうございます。
そうなのですよ。目が疲れて読めない人になりました。
昔は あんなに本が好きだったのに・・・。
昔 購入して しっかり読んでない本も有ります。
時間が経って読み直すと、また 新しい見方も出来ますね。
家に 土台が沈むほど 本の山です。
これから、本の断捨離も必要なのかな?
丹羽さんの「 本の勧め 」 は 理解しますが・・・なかなか 本が増える事に抵抗もある私です。
ハイジママ
2017/09/03 16:01
ののはなさん
こんにちは!
ののはなさんの読書量には 脱帽です。
お目目も良いのですね。私は もう目が疲れます。
直接 耳学 人に出会う学問? 実際の体験が主なのです。
本がなかなか読めない人になったので 情けないのです。
少々 反省して 少しは本を読まねばと!
ハイジママ
2017/09/03 16:17
キーブーさん
コメントありがとうございます。
そうなのですよ。実に自分が何も知らないくせに・・・歳だけ重ねて知った気になって居るか? 思い知らされます。
丹羽さんのような 姿勢が良いのだと解って居ても・・・最近は なかなか読めて居ない自分が情けないのですよ。
もっとも、最近のお若いお方のほとんどが・・・実に 【 本離れ 】の方が多いそうで・・・それも心配な事ですね。
田舎では 本屋さんそのものが減り・・・アマゾンなどで買う方法しか無いとか!
私の地方では まだ スーパーの中に 本屋さんが存在するだけでもマシかな?
ハイジママ
2017/09/03 16:21
こんにちは。
年と共に、小さな活字を読むことが厳しくなり、読む本の册数が今やゼロに近づいています。
そして新聞より、ネットのニュースを読む方が多くなっています。
私に中でも着実に活字離れが進んでいます。
ぼてくん
2017/09/03 18:21
ぼてくん!
ぼてくんも、そうでしたか?
私など 目が悪くなり 本当に本を読まない人になってしまいました。
悲しいかぎりです。
小さな時から 本が大好きで 読み過ぎたのかな?
人は 一生の間に 読む本の数が決まって居るのかな?
とにかく、本は 暗い布団の中でも読むような子で よ〜く親に注意されました。
小さな学校ですが・・・図書室の本 全て読んだような気がします。
あれから ウン十年 今じゃ トホホのお婆さんです。

不思議と NETは 読みやすい自分が居ます。

時代ですかねェ〜〜?
ハイジママ
2017/09/03 20:02
こんばんは。
転勤族の子供であった私にある小学生転校の記念にと担任の先生が「赤毛のアン」の文庫本を下さったのが本好きになったきっかけです。特に外国の小説が好きでした。
あれほど本好きだったのに今は新聞を読むのが精いっぱいですよ。気力の衰えですね。ハイジママさんの溢れる気力が羨ましいですよ^^。
のろばあさん
2017/09/03 21:53
のろばあさん
おはようございます。
私も赤毛のアン 大好きでした。
お小遣いを溜めては本屋さんに走った子でした。
私が 【 気力 】 が ある!??って。
いえ、いえ・・・まったく在りません。
無気力です。
何だか年々 衰えるばかりです。
ハイジママ
2017/09/04 08:22
昼ごはん食べた後だと・・・本読んだら すぐに 船漕いでますね!(笑)
まだこもよ
2017/09/04 10:05
まだこもよさん
お久しぶりです。
私も同じく・・・この夏は 暑さでバテて居ました!
涼しい部屋の中でお昼寝ばかりでした。
ハイジママ
2017/09/04 19:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹羽宇一郎さん(本こそは もっとも安価な人生と仕事の必殺の武器である) ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる