ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 死去・・・された!

<<   作成日時 : 2017/07/18 10:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 8

日野原重明さん

お亡くなりになりました。


=聖路加国際病院名誉院長


100歳を超えて現役で活躍する医師として知られた日野原重明さん。

18日朝、呼吸不全で 死去されました。

105歳でした。



105歳という年齢だけでも 驚きですが・・・

書かれた本 講演されたお話、その量も多いです。

中身は 【 世界の平和を願う内容 】 が多かったですね。

子供たちをお世話されて 外国でも 歌の合掌で大活躍。

人間ドックを先駆的に取り入れ、生活習慣病の予防を訴えるなど、

予防医学の普及に努められました。

終末期医療の充実、医師や看護師の養成教育にも尽力されました。


 
2001年に出版したエッセー集 【 生きかた上手 】 が大ヒット。

高齢者に社会参加を呼びかけるなど、発言や活動も注目された。

私も 四回ばかり 接したことが有ります。

講演会の主催者の関係だったりして・・・お手伝いをしたからです。

光栄にも 握手をして頂き、 【 彼の生気 】 を感じる事も出来ました。

柔らかい〜お手でしたね。

何か 【 彼の思いや優しさ 】 が伝わって来るのを感じられました。



彼が 話されたお話。

彼が 願われた 【 平和 】

多く方に影響を与えられたと思います。

最近は ご自宅での療養中。

書くことも なかなか 難しくなり・・・

口述筆記になった旨、新聞に書かれていました。

だから・・・

心配しておりました。



ご冥福をお祈りいたします。



きっと あの世から・・・

この日本の この世界の行く末を 見て居られましょう。

日本が 正しい道を歩むように 願って居られましょう。




気になるマスコミの報道・・・

日野原先生が 講演の中で常に口にされて居た 【 平和の思想 】

何処のマスコミも 彼の 【 そういう考え方 】 については・・・

全然 触れられなかったことが 疑問でした。

ただ、ハイジャックの際に人質になった事や・・・

サリン事件の時の病院で 陣頭指揮をした事くらいかな?

日野原さんが 最期まで願われて居たのは・・・

何より 【 世界の平和 】 では 無かったのかな?

肝心な部分から目をそらすことは 甚だ危険!

私は そう思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記


瀬戸内寂聴さんとの対談を 書かれた記事。



 作家の瀬戸内寂聴氏は、日野原さんとの思い出を新著『生きてこそ』に収録している。2002年、日野原氏と「デート」を楽しんだときのエピソードである。当時、日野原さんは90歳、瀬戸内さんは80歳と10歳差のカップル。そこで描かれているのは、余りにも若々しい2人の姿だ。その元気さを知るだけで、勇気づけられる方もいるかもしれない。また、「才能は死ぬまで開花できる」というメッセージは、高齢者に限らず励みになるものだ。

 
追悼の意味を込めて、「百七十歳のデート」と題されたそのエッセイを全文掲載する。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



追悼・日野原重明さん 瀬戸内寂聴さんの若々しすぎるデート


95歳。幸福になるための智慧六十話。

『生きてこそ』 瀬戸内寂聴[著]


■百七十歳のデート


 先日、日野原重明先生と二日にわたるデートをした。日野原先生は聖路加国際病院の理事長であり、同名誉院長でいらっしゃる。『生き方上手』という御著書がベストセラーになり、早くも五十万部を越え、まだまだ売れつづけそうだ。テレビでも引っ張り凧で、先生はそれにもにこにこ顔で出ていらっしゃる。

 何年か前、一度数人の会でお逢いしたが、親しくゆっくりお話しする機会にはその後恵まれなかった。今度ぜひお逢いしたいという私の望みが聞き入れられて、日野原先生が、ある日、寂庵へ御来駕という光栄な運びになった。京都での会に御出席のついでということだった。寂庵ではスタッフ一同緊張して、朝から掃除をし、草むしりをして、打ち水もすがすがしくお待ちした。

 スタッフの一人が、「足して百七十歳のデートですね」とからかう。私が満八十歳になったばかり、日野原先生は丁度私より十歳御年長の九十歳である。約束の時間より二十分も早くお着きになった。嵯峨野をドライブしてきたとおっしゃって気軽にタクシーから降りられた先生の身のこなしの若々しさに、まず一驚する。長く座るのだけは苦手と伺っていたので、急きょ、大正レトロのような椅子の畳敷の部屋をこしらえた。

 先生はいたく寂庵がお気に召し「大体、写真や書いたもので想像していくと、実物は想像を必ず下まわるのだけれど、寂庵は私の想像よりずっといいイメージでした」と、開口一番喜ばせて下さる。

 三時間ほど、休む閑もなく、先生十、私二くらいの割合で話しつづけ、飽きることがない。「老いとは衰弱ではなく成熟するものだ」という自説をいきいきと話して下さる。   
 
 翌日は私が東京の聖路加国際病院を訪れて、つづきのデートがある。何しろ、九十歳で八十歳の私と同じくらいの過密スケジュールを楽々こなしていらっしゃるのだ。私の八十歳のスケジュールも、人はみな驚いて人間じゃないようにいうが、九十歳の先生のスケジュールを拝見したら卒倒するであろう。階段は足で上り下りし、空港の動く道路に乗らず、その横を足で歩き、動く道路の上を足早に歩いている人より一歩でも速く着くのが御自慢だという。
人間は死ぬまで自分の才能を開発できるし、死は終わりではないとおっしゃるのは、九十九歳で亡くなった宇野千代さんと同じ意見である。
 
 広い病院の中も御自分で隈なく案内して下さり、夕方、対談が終わると、その足で日本橋三越に開催中の、私の「源氏物語展」まで見たいとおっしゃったのには、驚嘆してしまった。会場では、来場者たちから握手攻めに会われ、にこにこ応じられている姿は慈悲の菩薩であった。
 
 七十五歳以上の前向きの人たちを集めて「新老人の会」をつくられた。もちろん、私は入会して会員にしてもらっている。

 二人の怪老人のデートにつきあった四十歳の男性編集者の方がのびてしまった。

デイリー新潮編集部

2017年7月18日 掲載 より




お二人の共通点!

それは、お二人とも 【 平和 】 の為なら

何処へでも 飛んでいきそうな勢いのあるお方でした。

なお、寂聴さんは まだお元気でご活躍中です。

いつまでも、世界に影響のあるメッセージを

お願いします。







死をどう生きたか - 私の心に残る人びと (中公文庫)
中央公論新社
日野原 重明

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死をどう生きたか - 私の心に残る人びと (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
日野原先生のご冥福をお祈りいたします。一口に「平和」を守るといっても、この世のため、身をもって実践される方は少ないと思います。日野原先生は希なお方であった。私たちも自分なりにできることから・・・実践していきたいものです。
おっちょこタカナ
2017/07/18 14:47
おっちょこタカナさん
コメントありがとうございます。
そうですね。【 平和の願い 】 それは 私たちも素直に口に出すことだと思います。及ばずながら 私も〜〜日野原先生の足元にも及びませんが、多くの人に 【 平和の大切さ 】を、おしゃべりしていくつもりです。
ハイジママ
2017/07/18 16:14
素晴らしい方でしたね。何冊かご著書を読んだことがありますが、穏やかで温かく、人柄が偲ばれるような書き方をなさる方でした。人生、最後の最後までしっかりと生きるという一つの生き方を私たちに示してくれたような気がしました。
arara
2017/07/19 00:45
ARARAさん
私が出会った有名人のおひとりですよ。
温かく人柄が偲ばれる素晴らしいお方でした。なかなか人生 最期まで あのようにキリリと、生きられないものです。
少しでも 真似しなくちゃ〜。
ハイジママ
2017/07/19 15:45
遺漏を周りの医師たちが進められたそうですがご本人は拒否されたとか・・・。
最後まで自然体の生き方を貫いた方だったですね。
優しさがにじみ出ていた素晴らしいお医者さんでした。
のろばあさん
2017/07/21 21:36
のろばあさん
日野原先生に直接お目にかかれた思い出は大切です。
立派なお方だったと思います。
延命処置を拒否された!彼らしいと思います。
日本の医療も そこのところを 今後しっかり考えないとね。
スウェ−デン 年老いた方の延命はしないそうです。
食べられなくなって 二週間で静かに逝くのだそうですよ。
それが、自然の決まりだと思いませんか?
ハイジママ
2017/07/22 05:05
素敵な方ですね。ご冥福をお祈りいたします。
FREEHAND(ベランダ主夫)
2017/07/27 16:58
ベランダ主夫さん
こんにちは!
そうなのですよ。私たちの町まで 講演に来ていただいたのですよ。
その時 お手伝いしました。
握手していただいた手は 柔らかでした。
ハイジママ
2017/07/28 14:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
死去・・・された! ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる