ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS アディポネクチンは〜長寿に良いそうな?? ( TVの番組から )

<<   作成日時 : 2017/05/07 05:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 2


嘘か本当か?

なんでも 喜界島には・・・

長寿のお方が多いらしい。

鹿児島の温かい環境で のんびり過ごせば さもありなん。




TV番組で〜

延々と 「 健康番組 」 を 放映して居ました。

鹿児島県・喜界島で健康長生きの秘けつを探る!

恵・キムラ・羽田がやってきたのは鹿児島県・喜界島!

人口約7000人の島に90歳以上の方が258人!

さらに!世界に2人しかいない19世紀生まれ、

アジア最高齢116歳の女性が住んでいるという鹿児島県の喜界島。




こういう健康番組の内容は・・・

その根拠まで 科学的に 何処まで研究されているのか?

その真実を知りたいものです。

TV番組は 無責任かも知れないからです。

私は 信じるのは 半分くらいかな?

自分でも 良いかな? と、思う事だけ 真似したいです。

恵さんと 女優さん二人が・・・

島内を歩いて 長寿の秘訣を 

島民に聞くという企画になって居ましたから・・・

ある程度 その島のご長寿さんの実績から、

まんざら根拠がゼロという話でもないような?

名古屋のきんさん・ぎんさんの娘さんのデータから

あの 元気な「 毒蝮三太夫さん 」 のデータまで

示して居ました。



あなたは 何を真似しますか?

良いな?

自分にも出来そうだな? と、思ったことだけ 採用してくださいね。





アディポネクチン

長寿遺伝子数値を高める方法





アディポネクチンを高める方法には

どのようなものがあるのでしょうか?



内臓脂肪が多い人は、減量して内臓脂肪を減らすことが第一です。

ただし、なかなかやせられない人、


太っていないのにアディポネクチンが低い人

(低アディポネクチン血症)は、

アディポネクチンを増やす成分であるオメガ3脂肪酸(亜麻仁油など)、

ノビレチン(柑橘類「シークワーサー」に含まれる成分)、

βコングリシニン(大豆たんぱくの一種)、

少量のアルコール、マグネシウム、食物繊維などを

積極的に摂取することをお勧めします。



オメガ3系脂肪酸の亜麻仁油

亜麻仁油(オメガ3)

亜麻の種子から得られる油で、

ω-3系脂肪酸のαリノレン酸を多く含んでいます。

αリノレン酸はアディポネクチンを増やすと報告されています。

また亜麻仁(亜麻の種子)に含まれるセコイソラリシレジノールという成分

(リグナンの一種)も、アディポネクチンの産生を高めるといわれています。

β−コングリシニンは大豆抽出物から

大豆

アディポネクチンの発見者である大阪大学の松澤佑次元教授により、

大豆たんぱくにアディポネクチンを増やす作用があることを、

マウスを用いた実験で明らかにされています。

大豆タンパク中のβ−コングリシニンが

内臓脂肪を減らすためと考えられています。

ノビレチンはシークワーサーから

シークワーサー



シークワーサーの果皮に含まれるフラボノイドの一種

「ノビレチン」は、アディポネクチンを増やすことが実験で証明されています。



アディポネクチン値を高めるには、




上記で書きましたアディポネクチンを増やす成分のシークワーサー、

つまり、柑橘類は 長寿に良い? 

ということになるのかな? 



さらに・・・アディポネクチンは〜

糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞を防ぐとも、言われています。

そりゃ〜こういう病気を防ぐことが出来たら

長寿になりますよね。




しかしながら・・・

此処で 私の本音!

「 あまりにも しわくちゃ〜

  見る目も無残なお年寄りになる前に・・・

  あまり苦しまず、ぽっくり逝けたら幸せです。 」

弱い体 あまり強健で無い遺伝子である私は・・・

若い頃から せいぜい 77歳くらいまで 生きれれば本望と

考えて居ました。

果たして そこまで行けるのでしょうか?

それは・・・誰にも解りません。





嫌な病気にならない為には・・・

良い習慣は 一部でも真似しても良いかな? と!!

思います。

我が家も ミカン類 海藻類 豆類・・・・

好きな一家です。

此処まで 弱いながらも・・・

生きて 親の逝った歳を超えることが出来たのは・・・

食べ物に 気をつけて居るからかな?

( もしも気をつけて居なかったら 50代くらいで死んだかも? )

出来るだけ 毎日 お味噌汁 飲むようにしています。




番組を見ながら・・・

いつものように 自家で実践出来そうな事項を メモしましたので

此処に紹介いたします。

ただし・・・信じるか 信じないかは あなた次第!

生き方は 【 自己責任 】 です。
 


それに、再び 私の本音!

「 あまり長生きし過ぎても・・・

  家族や 周囲 社会に迷惑になっても考え物だなぁ? 」 と。

それに・・・

長生きしても〜

今の世の中 ハラハラ ドキドキ・・・

あまり 安心できる社会でも無いので〜

自分の家族に関しては ともかく・・・

世間には 辛いことが多過ぎます。

悲しい出来事が 多過ぎます。

長生きして それらの事に心痛めるにも限界が・・・。




しかしながら・・・産まれた以上は 貴い命、

むざむざ縮める必要も有りませんが・・・

イヤな病気だけは なりたくありませんね。





さて、簡単にメモした内容です。

@ ニンニク ( ヒル ) その葉まで料理して食べる

A 人とのコミュニケーションをとり、大いに笑う

B お酒は 少々たしなむ

C 黒糖を食べる

D 大いに歩く

  ( 夜 運動場を十周? 快い疲れでよく眠れます )

E 手足をバラバラに使う作業 ( 機織り )

F 魚味噌を食べる 

  ( アジの身にザラメと味噌ゴマで炒めたもの 高血圧予防 )

G 何にでも ゴマをかけて食べる ( サラダにさえ ゴマをかける )

H 油そうめんを食べる ( イリコを油であげ それを出しにする )

I みそ汁を毎日飲む 

  ( 具は 玉ねぎ 豆腐 ワカメ 名古屋のギンさん家の習慣 )



どうやら アディポネクチンを増やすには・・・

良いたんぱく質とマグネシュームが 必要なようです。

蕎麦や納豆は 毒蝮三太夫さんの大好物でした。

モズクや豆腐 こういう食べ物が 良さそうです。









超善玉ホルモン「アディポネクチン」で健康長寿になる (らくらく健康シリーズ)
SBクリエイティブ
白澤 卓二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 超善玉ホルモン「アディポネクチン」で健康長寿になる (らくらく健康シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



元気なお年寄りの食事でわかった 

「長生きホルモン」増やす食材とは



2017/5/10


【その原因、Xにあり!】(フジテレビ系)2017年5月5日放送の記録



「健康長生き25の秘けつSP」

   


高齢でもエネルギッシュな毎日を送る人たちには、「長生きホルモン」と言われる「アディポネクチン」が多い傾向にある――。こう説明するのは、お茶の水健康長寿クリニック院長・白澤卓二氏だ。
   
番組は、81歳の今も現役のタレント、毒蝮三太夫さんと、ご長寿姉妹「きんさん・ぎんさん」でかつて人気を集めた故・蟹江ぎんさんの三女の食事から、アディポネクチンを増やすポイントを調べた。

普段食べているみそ汁の具材が「長寿ホルモン」を増やしてくれるかも

70年も食べ続けているもの
   
アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されるホルモンだ。インスリンの働きを高めて血糖値を下げるため、糖尿病予防につながる。さらに血管内の壁を直すはたらきがあるので、心筋梗塞や脳梗塞を未然に防ぐと考えられる。
   
血液1ミリリットルあたりに含まれるアディポネクチンの平均値は、5〜10マイクログラム。番組では、高齢でも「超」健康な人のアディポネクチン量を紹介した。例えば、99歳でモンブランを走破したスキーヤーの三浦敬三さん(故人)は101歳当時、1ミリリットルあたり31.0マイクログラム、日本舞踊家の板橋光さんは103歳当時で同48.5マイクログラムと、平均値を大幅に上回っていた。
   
蟹江ぎんさんの三女、津田知多代さんも、96歳の時の測定で同23.1マイクログラムと高い値だった。番組では、知多代さんが93歳だった当時の食生活の特徴を探った。
   
朝7時から台所で朝食の準備に立つ知多代さんは、自らみそ汁をつくっていた。具材は豆腐とわかめ、たまねぎだ。本人いわく、これを365日、何十年も食べ続けているという。
   
毒蝮さんにも、毎日のように食べている食材がある。そばと納豆だ。そばは「70年ぐらいになる」とまで話した。
   
医師の白澤氏は、2人の食事から豆腐と納豆をポイントに挙げた。共通項は「良質の大豆たんぱく質」で、これがアディポネクチンを増やしてくれる。

1か月続けて食べても増えない不思議
   
さらに、知多代さんがみそ汁に欠かさず入れるわかめ、毒蝮さんが長年食べ続けているそばには、マグネシウムが豊富に含まれている。白澤氏は、米国の調査研究で、マグネシウムをたくさん摂取する人にアディポネクチンが多いというデータがあると話した。
   

そこで番組では、大豆たんぱく質とマグネシウムを含む食材として、もずくと豆腐を用意し、20〜40代の男女4人に1か月間食べてもらう実験をした。これでアディポネクチン激増、と思われたが、結果はさっぱりだった。全然増えていなかったのだ。


白澤氏「ホルモンというのは、1か月ぐらいで増えるものではないんです」
   
知多代さんや毒蝮さんのように、長年食べ続けていることこそが重要なのだ。



100歳まで現役 アディポネクチン長寿法
有楽出版社
岡部 正

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 100歳まで現役 アディポネクチン長寿法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
あまり長生きしても、年金や医療費など国などの出費を多くして、赤字の原因になるだけですから、適当な所で亡くなりましょう。
ぼてくん
2017/05/07 17:08
ぼてくん
そうですね。
あまりに、この世に生き永らえるのも考え物です。
役立つ自分であるならば まだしも・・・役立たずでは・・・。
適当なところで おさらばしたい!と思います。( 笑 )
ハイジママ
2017/05/07 19:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
アディポネクチンは〜長寿に良いそうな?? ( TVの番組から ) ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる