ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS ハイジママの 【 社会学 A 】

<<   作成日時 : 2017/05/15 16:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 2

ある町の ある地域の話です。

私は 観察します。

どうしても、今の時代の現実を・・・

社会学的に 見てしまいます。

あまりに・・・昔と違うので・・・

戸惑うことが多いです。

これからの日本が・・・これからの日本人たちが・・・

どういう方向に進むのか、心配になる時があります。

自分にとって 観察しやすいのは 

どうしても 自分の住む地域。

そういう小さな狭い地域を 切り取って見ても・・・

私が歩く犬の散歩道。

団地の中の一筋の道。

町のお買い物最中の出来事。

毎朝 行くお風呂での出来事。

あらゆる場面で 社会学のテーマは 有るのです。

( 以前 ある大学の教授の講演会を聞いた時

  その話があまりにも、新聞の中で集めたような? 

  ニュースのオンパレード?

  少しばかり新聞を良く読む人であれば 

  知っているような情報が多過ぎて

  ガッカリしたことが有ります。

  毎日の生きた生活の中で 

  ごく普通の生活者が つかむ情報の方が

  現実的であり 真実であることを 

  ヒシヒシと感じたことが有ります。 

  所詮 世間から隔離? された学びの場? 

  大学の中では・・・

  解らないことが多いと感じました。

  ( もちろん、大学内でしか出来ない研究があります。

    しかし、社会学・地理学などは 特に現場。

    事件は、社会の中で起こって居るものですからね。

    警察ドラマのセリフじゃ無いが・・笑 )


  それ以来・・・ 

  その教授の話は 聞く気がしませんでした。 )




巷で 耳をダンボにするだけで 

実に良く 今の日本が解るわけです。

それこそが 【 真の社会学だ 】 と、自分勝手に?

思い込む ( 爆笑 ) 私!

まぁ〜私も 独断が強い傾向があるのかも知れませんね。

自分のブログ内でのちっぽけな意見だから・・・

偉そうなことを言う私を どうかお許しください。






地方の中規模の都市の場合です。





昔から〜ジジババ通りと言われながらも・・・

( 街角で出会うのは 年寄りばかりだったから ジジババ通り?

  若い小学生に その町はジジババ通りと 呼ばれて居ました、

  今や その小学生だった子らも 良い歳の大人に〜なり、

  今に 日本中が ジジババ国になるのです。  )

間口の狭い家並 今から思うと その殆どが

借家であったのか?

( 私が 知っているその地域は 

    あるお寺さんの借家でありました。 )


一応 狭いながらも〜町内は 住処で埋まって居たが・・・

今や その 【 借家群 】 は 綺麗に整地され・・・

駐車場になって居た!

その町内の世帯数は 

昭和の後期時代の半数になったそうだ!

地域の祭りを維持するのも大変!

町の役をするのも大変な時代だそうだ!

小さな家が取り壊されて・・・

( お寺さんに 出るように言われたそうな・・・ )

それでも 整地され 駐車場に出来る場所ならば まだマシ・・・

中には 車さえ入れない路地。

壊したところで 家も建たず・・・

放置されたままの 古家屋の残骸も多い。

こういう物件も 街の中には多いと言う。

防犯上 災害時にも甚だ危険になるだろう。

この問題は 名古屋市とか 東京都でもあると言う。

戦後 借家でも良いからと 人口増の時代は・・・ 

狭いながらも 住めるだけで ありがたいと!

人々は そんな場所に住んだのだ!

少しばかりのお金を貯めた庶民は その地を後にし・・・

他の新しい住宅地に移っていった!

そういう 「 小さなおうち 」 の住民たちを相手に

肉屋さん 八百屋さん 靴屋さん 布団屋さん 茶碗屋さんなど・・・

対面で商売をしていた小さなお店も・・・

今は〜〜無くなった!

俗にいう 「 シャッター通り 」

昔ながらの小売業は無くなり・・・

今や 【 大型店舗 】 = スーパーマーケットの時代。

かろうじて その大型店に入居して 

店を続ける地元店主も居るが 少数だ。




大型店舗も 駅前とか 人々 ( 主に車に乗らない高齢者 ) が

歩いて行ける場所にあるケースは ありがたいが・・・

多くは 車でないと行けない立地!

郊外型の商業施設・・・

広く駐車場が用意出来る土地は 旧来の町の中には無い!

やがて 老人が増える時代が今すぐに・・・

これらも 立地を再考する時代が 到来するだろう。

再び 駅前とか 人が集まりやすい場所が

見直される時代が来るかも?




今や 日本は 【 人口減 】 の時代。

古い建物を チャンと始末しないと・・・

とんでもないことになりますね。

古家を解体するにも 大変なお金が掛かり、

空き地になった方が 税金が上がる? ということでは・・・

この問題は 解決しない!

何か 方策は無いものか?

財力の無い者に それを請求するのも難しいことですね。




人口増の時代に 無計画に作られた 【 住宅団地 】

土地が高いものだから・・・

作られる場所は ドンドン駅から遠くなった!

田んぼの中に在ったり・・・

山の中腹に在ったり・・・

町の中心部から かなり離れた山の中に 

突然造成された団地だったり・・・

かなり 「 規模 」 は 大きな団地でも、高齢化が進み〜

一時は 利用しやすかったバスなども、廃止になったり・・・

( 造成時に バスを通しますという約束の下に作られた団地 )

本数が減ったりして、其処に住まわれる住民たちは〜

【 買い物難民 】 と、言われて居ます。

( 過疎地域の山間部の住人の場合とは 又 異なります。 )

かろうじて 車が運転できる間は良いのですが・・・

( お父さんの通勤時 お子さんの通学時にも 

  お母さんが運転手役 随分 ご苦労されましたね! )

体が不自由になってからには〜

( 今や 介護の用事で 病院の車が走ります。 )

日々の食料調達も 不安になるでしょう。

食事の材料の宅配 調理済みの料理の宅配・・・

そういう形も 盛んですが、今より 【 配達料 】 も 上がる気配!

宅配業者も大変です。

配達を待つ側も大変です。

( 時間に縛られます )

NETで 食べ物の配達を注文出来る人ばかりじゃ無いのですから。

全ての人に配達してくれる 【 生協さん 】 も・・・大変でしょう。




それだけ商品に 価格が上乗せされることは 当然でしょう。

少々 品物が高い事には目をつぶり 

「 近くにコンビニが在るだけでも ありがたい 」 と!

コンビニで お買い物をする 「 お年寄り 」も

多く見かけます。

小さな袋に・・・ 

牛乳やお豆腐 パンや切り分けられたお野菜が入って居ます。

お買い物をするのは 今や お婆さんとは限りません。

お元気なお爺さん お婆さんに代わってお買い物。

ゴミ出しも お買い物も お爺さん。

外に落ちた枯れ葉を掃くお爺さん。

そういう光景が 今や珍しくない世の中です。

一人暮らしも大変です。

そういう一人暮らし・・・

益々 多くなるんだろうなぁ〜〜。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
シャッター街はこちらでも目につきます。
何十年前は個人商店がずらりと並んで賑わって居た街並みが消えて大型スーパーに変わりましたがそれも近頃では一階が中型スーパーその上の階はに電化製品の量販店で回りは食べ物屋さんや個人商店が並んで居る何でもありの一角が出来て居ます。時代によりその変遷の様子が噂になって居ます。
のろばあさん
2017/05/17 21:42
のろばあさん
そうですね。やがて年寄りが今より多い時代が すぐそこに。
そうなったら 昔の町が案外 復活するかも知れません。
もちろん、昔のような店で無く、コンビニでもない、スーパーの小さなお店 あらゆるものが気楽に買えるヨロズ屋さんのようなお店です。
ハイジママ
2017/05/18 07:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハイジママの 【 社会学 A 】  ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる