ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 若い大統領 ( フランス・マクロン氏 ) 誕生!

<<   作成日時 : 2017/05/12 07:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 8

フランス大統領選の決選投票は7日投開票され、

中道・独立系のエマニュエル・マクロン前経済相(39)が、

「 反移民 」や欧州連合(EU)からの離脱を問う

国民投票の実施を掲げた極右政党・国民戦線(FN)の

ルペン氏(48)を大差で破った。

英国のEU離脱決定やトランプ米大統領の誕生など、

自国の利益を優先させる動きが広がる中、

仏国民は欧州統合の推進と開かれたフランスを選択したのです。

他国のことながら・・・

先ずは ホッとしました。

もしもルペン氏が誕生して居たら 世界は混乱したからです。



私自身の考え方も・・・中道が良いと!

右も左も極端でいけません。

あくまでも 話し合い あくまでも 平和・・・・

そういう理想形で 政治は進めるべきものと思うのです。

が〜

現実は 多くの妨害があり・・・

何ごとも 上手く行くとは言えないです。

甘いとも言われます。


 



1848年に40歳で大統領になったナポレオン3世より若く、

仏史上最年少。

若いって 素晴らしい!!

大統領権限を強めた1958年以降の政治体制「 第5共和政 」では、

伝統的な保革2大勢力に属さない初の大統領となる。
 


マクロン氏は7日夜、自身が率いる市民運動「 前進 」のパリ本部でテレビ演説し、

「 大変な名誉であり、大きな責任も感じている 」と勝利宣言。

「 欧州と欧州に暮らす人々との絆を再構築する 」と、

欧州統合を推進する決意を示した。
 


選挙戦では「 右でも左でもない 」を旗印として政党色を排し、

ユーロ圏議会の創設など欧州統合の深化を訴えた。

それが出来れば・・・素晴らしいことです。

理想です。



ルペン氏はパリで「 国民は(政治的な)継続性を選んだ 」と敗戦の弁を述べ、

「 歴史的で大きな結果だ 」とも強調した。




しかしながら〜〜

父ジャンマリ氏が2002年の決選投票で獲得した票数から

ほぼ倍増し、党勢拡大を印象付けた。

親ルペン派は 早速デモをしているようです。
 



自由貿易やEUを批判するとともに、相次ぐテロを念頭に、

国境管理や移民受け入れの厳格化などを訴え、

既成大政党に失望した有権者に一定程度浸透したものの、

「 極右 」のイメージが最後までつきまとった。

テレビ討論でマクロン氏を執拗(しつよう)に批判したことも

選挙戦終盤の失速につながった。

裏側に ロシアの影を感じたのは 私だけではあるまい。

 



大統領の任期は5年で、

オランド大統領の任期が切れる14日までに就任式が行われる。
 


【略歴】エマニュエル・マクロン氏
 
Emmanuel Macron 1977年12月21日、

フランス北部アミアンで両親が医師の家庭に生まれる。

エリートを養成する国立行政学院を卒業。

大手投資銀行勤務などを経て、2012年に大統領府入り。

14〜16年に経済相。

16年春に市民運動「前進」を設立。

妻のブリジットさん(64)は高校時代の教師である。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

女性がいちばん興味があるのは、

やっぱりエマニュエル・マクロン氏の奥さん

ブリジットが24歳年上だってところでしょうか。

もうそれだけで「 マクロンはいい奴に違いない! 」と思っちゃいます。

フランスらしい 【  】 ですよね。

まるでドラマのような・・・。



外国の政治家・・・

時として ドラマのような話あり〜

アルゼンチンも そうだった!

フランスは それが伝統かな?

フランス青年と結婚した日本娘も・・・

マクロン氏に入れたのかな?

そう・・・たぶん そうだね!。





ブリジットさんは若々しくて美しいけど、20代には見えないです。

しかし、男女の愛は 年齢じゃない。

愛 尊敬 信頼だと思います。

同じ経験をし〜 ( 彼の場合は 演劇 )

お互いに尊敬出来る関係なんだろうなぁ〜と、思っちゃいます。

よほど 【 相性 】 が 良かったのでしょうね。

彼女の知性も垣間見える凜としたところが

めちゃくちゃステキですね。

あぁ〜〜素敵です。




マクロン氏は、女性向け漫画のヒーローそのもの。

高校生のうちから年上の美しい女性にプロポーズ、

外国人は おませ?

その言葉を違えずに数十年かけて結婚するなんて・・・、

有言実行!!

なんてイケメンなんでしょうか。

彼女も それに答えたのです。

しかも・・・子持ちで!!





人の気持ちなんて移ろうもの。

それが普通の場合?

とくに若いうちなんて、惚れた腫れたの大騒ぎしたところで、

まだなんにもわかってないお年頃です。

学生から社会人になるなど・・・

環境が変わるだけでも考え方は変わるし・・・、

いろんな異性と付き合ううちに、

( 特に 最近は皆さま お盛ん? )

自分が求めるものや好みがわかってきたりもします。

人の考えは変わるのが当たり前。

( 私は 変わらない部類だけれど・・・ )




にもかかわらずマクロン氏ときたら・・・、

高校時代からの結婚の意志を貫いちゃうとか

どこのマンガの主人公ですか。




彼がニートで出会いのない人だったとかなら

羨ましくもなんともないけれど、

名門校出身で超優秀かつ高収入、

世の女たちが放っておくはずがありません。




そういう誘惑にも負けずに初志を貫くなんて・・・、

どれだけブリジットさんはいい女なんですか。

マクロン氏はどれだけ一途なんですか・・・。

てか、自分の人生に必要なものを高校生のうちからわかってるって、

どんだけ老成してるんですか。

やはり 彼は おりこうさんで・・・

一途だった!!

彼の初心は 間違いじゃなかった!




女性向け漫画の規則のひとつに、

「 例え女がどれだけフラフラしても、

  男は好意を抱き続けて一生を約束する 」

ってのがあります。

実際がそうじゃないからこそ、

女は男性には永遠を誓ってほしいんです。

それを地でいく人が大統領の候補だなんて・・・、

ウ〜〜ン ステキすぎる!

ぶれない彼、素晴らしい!




恋も一途で意志を変えないなら、

きっと公約も反故にしないですべて達成してくれるのでしょう。

国民も 協力してあげて欲しいな!

その道が厳しくても・・・。



この一途さゆえ、略奪愛が大いに許されて

美談になってる気がします。

黒を金に変える魔法を使った感じ。

17歳でプロポーズしたって話、

選挙のための作り話だとしたら、そうとう策士ですよね。

私は 彼を信じます。

そんなことは 絶対にない!

やはり 其処には 【 真実の愛 】 が あったと思います。




彼の脳裏には・・・

いくらブリジットさんが お婆さんになっても・・・

美しかった 憧れの先生のままの彼女の姿が 見えるのです。

恋焦がれた相手は そうのように見えるのですからね!

そういうものなのです。






もしかしてマクロンの奥さんの年齢でガタガタ言ってるのは

日本だけなんでしょうか。

トランプ氏だって・・・

すごく歳が離れたモデルの奥さん。

前の奥さんは どうなったのでしょうね。

( 少々? 彼の場合は お金の臭いがしますよね! )





まぁ〜そんなことは どうでも良いことでしょうね。

フランスの自由恋愛は有名だけど、ちょっと予想を超えてました。

日本の司法や行政にもこんな自由な考えが浸透したら、

もっとステキな国になるんでしょうけど・・・。

現実は・・・日本の国会は・・・

見るに堪えない 実に汚い政治家ばかりです。

あの法相なんて・・・

見た目も 内容も 人格も! 




結婚には・・・
情熱がありきですよね。

やはり・・・

二番目に好きな人じゃなくて・・・

一番に好きな人と すべきです。




今 注目のドラマ・・・ドロドロのキモイ不倫ドラマ

火曜日 TBS? 

「 あなたのことは それほど・・・ 」 の見過ぎ?

波留さん 東出さん 熱演して居ます。






日本の多くのマスコミの論調を参考に・・・・??

私の想いを まとめてみました。

大統領選 なんていう 固いテーマなのに・・・

ごめんなさい!

二人の愛に 色々 

憶測? 妄想が飛んでしまった ハイジママです。

年甲斐も無く・・・

女は いつまでも〜 そういう話は好きかも?

特に Hじゃなくてもね!

心は 永遠に乙女なのかも?知れないね!

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ (´∀`*)ウフフ (´∀`*)ウフフ

少々 恥ずかしいかも? 




.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
凄い年齢差に驚きましたが奥様は実年齢とは違って見るからに凛として知性的な女性で並んだ姿もそんなに違和感を感じませんでした。女性なら一度は経験したい純愛ですよね。
のろばあさん
2017/05/12 22:15
のろばあさん
おはようございます。
そうですね。奥様は、よほどの魅力あるお方なのでしょう。
普通なら 歳を重ねれば それなりに衰え 昔の面影など有りません。((;´д`)トホホ)そんな時になっても ご主人を魅了するだけの実力のあるお方なのでしょうね。子連れで 二度目の結婚! すごいなぁ〜〜。
ハイジママ
2017/05/13 07:21
フランスは極右政権誕生を阻止しました。
日本はまだまだ続きそうですが・・・。
グローバリズムと保護主義、双方に利点欠点は有るかと思いますが、少なくとも株取引や投資などの金融関連ほかで莫大な利益を得るのではなく、コツコツと働く人が相応の儲けを受けることが出来、貧富の格差を縮める努力をしない限り、誰がどんな政策を行ったとしても何も変わらないと思います。
今や一割の方が9割の富を得て、9割の人が一割の富を奪い合っている状況でしょう。
ここに大ナタを振るわない限り何の解決にもならないと思いますが、政治家は大富豪には逆らえないと思うので、到底無理な話だと思います。
MONTA
2017/05/13 08:35
MONTAさん
おはようございます。
一時はルペン氏の勢いが強くて? 心配しました。
さすがフランスは 昔からの民主主義を民衆の手で勝ち取った歴史のある国ですね。日本とは違いますね。
まだまだ日本の民主主義はお子ちゃまだと思います。本物じゃないですね。
薩長の荒くれ者が 自分たちの都合の良い政府を作った残骸だと思います。
ハイジママ
2017/05/13 09:51
いかに自由恋愛のフランスの出来事であっても、ご両親は心配なさって別の学校に転校させたそうですよ。ですから親世代から見たら自分と同じ年代の女性と結婚したいと息子が言った時は、そりゃびっくりでしょう〜! でも写真を見て納得。確かにものすごく魅力的な女性です。きっと人間としての魅力も圧倒的な女性ではないのかしらね? そういうしっかりした目を彼は若いうちから持っていたんですね。さすがです。
arara
2017/05/14 04:10
araraさん
やはり、そちらでも彼の評価は高い?のですか。
たぶん女性ならば分かる話。
女の敵は女? あのルペン氏 どうも好きませんでしたね。ごつい!
やはりフランスの民主主義 自由恋愛の国は 本物でした。
これからも フランスは そうであって欲しいです。
アララさんのスイスは どうですか?
あなたが幸せなのだから・・・きっと素晴らしい恋愛の国ね!
ご主人様と ズ〜とお幸せにね!
ハイジママ
2017/05/14 05:46
こんにちは
マクロンさんも、韓国の文さんも難題が山積みの中、大統領としてスタートするわけで、非常に大変だと思います。
マクロンさんは、マカロンでも食べて頑張ってもらいたいものです。
文さんは、選挙中の公約と実際の国内外の問題が大きくかけ離れているので、どのように政策を進めていくか、注視する必要があります。
阿倍さんも、注視の対象ですが...
ぼてくん
2017/05/14 18:04
ぼてくん
こんばんは!
何処の国も国内問題が山積みですね。
先ずは国内を安定させることが大切だと思います。
なんでも文さんは 韓国の鳩山さんのようなもので、中々理想通りには行かないそうですね。又今朝には北はミサイルを高度2000キロMまで上げたそうで、ほぼ実験は成功したそうです。確実にミサイルの技術は上がっているようですね。
日本にとって脅威であることに変わりが有りません。
ハイジママ
2017/05/14 19:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
若い大統領 ( フランス・マクロン氏 ) 誕生! ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる