ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS いっぱいのフレンチ・ブル

<<   作成日時 : 2017/04/10 10:15   >>

かわいい ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

こんなに多くのフレンチ・ブル!

どの子も可愛いね!

動画の主の声・・・

「 良い子だね〜 」 の声が高い!! 



ちなみに うちのハナちゃんは・・・

メス 三歳!

黒のブリンドルで、ダーク(暗色)色の中に・・・

甲斐犬のように 茶色の毛が混じって居ます。

普通より 大きいからだ!

運動が充分なので 筋肉質で〜重いです。






frenchbulldog.jpg

フレンチ・ブルドッグについて・・・



■フレンチ・ブルドッグの紹介



フレンチ・ブルドッグはコウモリ耳と大きくスクェアな頭部が特徴のきわめて個性的な犬種です。骨量が多く筋肉質の引き締まった体格で、被毛はなめらかで短毛。体高と体長のバランスが良く、室内飼育に向くサイズです。利口で気立て良く、陽気で活発、愛情深いとされています。ブルドッグのような頑固さは見られず、ほとんど吠えない飼育しやすい犬種といえるでしょう。

フレンチ・ブルドッグの特徴は、その起源であるとされる闘犬のブルドッグとは正反対のものです。闘犬ブルドッグの繁殖過程で生まれた小型軽量、立ち耳、温和な性格の犬は当時イギリスでは注目される事がなかったためフランスに持ち出され、まったく用途の異なる犬に仕上げられました。

フレンチ・ブルドックは、17世紀頃のパリでは闘犬として人気が高い犬種でしたが、その後、改良が重ねられて、19世紀頃には貴族たちの愛玩犬としての地位を確立しました。イングリッシュ・ブルドッグにテリアやパグなどを交配させて作られたフレンチ・ブルドックは、こわそうな顔に似合わず明るい性格の持ち主です。一方で見知らぬ人に警戒心を抱く傾向もあるので、番犬としても向いています。体の割には食欲が旺盛なイヌなので、肥満には要注意。また、暑さが苦手なので、夏場は温度管理に気を配る必要があります。


■フレンチ・ブルドッグの歴史



フレンチ・ブルドッグの歴史フレンチブルドッグの起源については多くの説があります。
中でも有力なものが、1850年頃にイギリスからフランスに移住したレース職人が持ち込んだブルドッグが原種という説です。その後、そのブルドッグにパグやテリアを交配し、フレンチブルドッグの基礎犬が誕生したとされています。

フレンチブルドッグを語る上で興味深いものは、ブルドッグの原産国イギリスに逆輸入され、ブルドッグの改良に貢献したということです。ブルドッグは1835年に闘犬が禁止されると職を失いました。犬種を存続させるためにはその闘争的な性格を改良し、ペットとして飼えるようにしなければなりません。そこで、温和で小型なフレンチブルドッグを用いて、小型化と闘争心を排除したのです。

フレンチブルドッグは当初、パリの中央市場でネズミ捕り用に飼育されていましたが、
その愛らしい風貌から上流階級の人々に広まっていき人気を集めるようになりました。

1900年頃には、ローズ耳とコウモリ耳の2タイプとなり、ヨーロッパではローズ耳、アメリカではコウモリ耳と、その好みがはっきり分かれていました。そしてその際のアメリカ人の努力で、コウモリ耳のタイプが標準となったという経緯を持っています。

日本には大正年間に輸入され、昭和初期にはたくさんのフレンチブルドッグが飼育されました。その後、あまり見かけなくなりましたが、近頃また人気が高くなり、街などで見かけるようになりました。


■フレンチ・ブルドッグの特徴



フレンチブルドッグ筋肉質で力強い体形をしており、コウモリの羽のような耳をもつのが大きな特徴です。額部には深いシワがあり、両目の間の窪みは深く、幅広の鼻吻部は短く、下顎が突き出てしゃくれています。尾は根元が太く先細で、ストレートからせん状によじれたスクリュー・テイルになっています。短くやわらかな被毛は光沢があります。毛色には暗いもしくは明るい地色に、明るいもしくは暗い差し毛が混じる各種のブリンドルがありますが、暗色のほうが好ましいとされているようです。

フレンチブルドッグは、ブル・バイティング場で闘って英雄となったブルドッグの祖先犬たちのさまざまな特色を受け継いでいます。低く重心を落とした体型、幅の広い胴体、大きな骨、発達した筋肉、大きく四角い頭部などがその特徴といえます。頭から肩にかけた辺りの、しわがあってちょっとたるんだ柔らかな皮膚も特徴的です。しかし、ブルドッグとは異なり、ピンと立ったコウモリ耳をしています。いつも勇敢で用心深く、好奇心旺盛ですが、ブルドッグと違って、その動き、振る舞いは少々気まぐれで、自由な感じを与えます。

フレンチブルドッグは行動やしぐさで人々を楽しませる、正真正銘の愛玩犬といえるでしょう。


■フレンチ・ブルドッグの性格



性格は活発で非常に利口。動きはブルドックと違って機敏とされており、愛好家の間ではよい番犬になるという評判もあります。多少いびきをかきますが、普段はほとんど吠えず、むやみに走り回るタイプの犬種でもありません。室内犬として最適な要素をもっていると言えます。フレンチブルドッグはその甘えん坊な性格から、若い家族よりはお年寄りに向いているともいわれています。

フレンチブルドッグはどこかおどけた表情を持ち、小型の愛玩犬の中でもとりわけ愛らしい犬です。遊んだり、家族を喜ばせたりするのが大好きで、飼い主に抱かれたり、寄り添ってうたた寝したりすることに幸せを感じます。愛想がよく、誰とでも仲よくなれる性質の持ち主です。

しかし、ブルドックに比べて温厚とされるこの犬種も、牛追い犬とテリアの血が入っており、畜殺犬であったため固体によっては危険な犬とも言えます。キレると見境なく咬む場合があるかと思うと、陽気でとても穏やかな友好的な犬もいます。性格が大きく分かれる犬種の一つです。


■フレンチ・ブルドッグの毛色



フレンチブルドッグの毛色は、各種のブリンドルで、ダーク(暗色)なものが望ましいとされています。また、バイドは白地にフォーン又はブリンドルがあるものが認められ、フォーンの色調はレッドからライト・ブラウンまでとされています。




フレンチ・ブルドッグと暮らす (決定版 愛犬の飼い方・育て方マニュアル)
誠文堂新光社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フレンチ・ブルドッグと暮らす (決定版 愛犬の飼い方・育て方マニュアル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
利口なワンちゃんの種類なんですね!
まだこもよ
2017/04/10 11:13
まだこもよさん
こんにちは!
犬も種類によって随分性格が異なります、
又 個体によっても 異なります。
ハナちゃんは ほとんど吠えないので、迷惑はほとんど掛けません。
頭の良さは 個体差? まぁ〜普通の女の子!
特に頭が良い?? とは 言えませんわ〜〜!
ハイジママ
2017/04/10 15:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
いっぱいのフレンチ・ブル ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる