ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 土筆の季節

<<   作成日時 : 2017/03/23 12:22   >>

面白い ブログ気持玉 28 / トラックバック 1 / コメント 4

昨日 ( 3月 22日 ) は、思いがけなく〜

友人が 「 土筆がいっぱい生えて居るよ〜 」 と、誘ってくださって・・・

【 土筆摘み 】 が、出来ました。

嬉しかった〜!

土筆・・・

つくし・・・

友人も 私も・・・それぞれの人生の中で・・・思い出がいっぱいです。

@ 先ずは 小学生低学年だったか?

   あまり遠くへ遊びに行ったことが無かった私。

      とても小さな可愛い女の子の時代。

   そんな時代も あったのね!

   (  箱入り娘だったので・・・?? )

   初めて 友達と〜〜河原へ出掛けたら・・・

   其処には 土筆がいっぱい生えて居て・・・ビックリ!

   感動したことを思い出します。

   母が 土筆を煮てくれた記憶です。

A それから・・・

   学生時代! 温かな春の一日・・・

     その日 大学の授業はなんだか 【 休講 】

   岐阜の高富町の塾まで 教えに行って居たのですが〜

   ( 教授に頼まれて 塾の先生をしていました。 )

   時間があったので、(塾は 四時過ぎに開きます。 )

   歩きで 「 田んぼ道 」 を 行ったのですが・・・

   其処で 畦に生えて居た 「 土筆 」 を採りながら・・・

   しばし 子供時代に帰りました。

   其処の子供たちと、高富の山で 自由時間に 遊んだことも思い出します。

B 名古屋で 小学生を教えて居た頃 ( 少しの間の 教師生活でした! )

   やはり 温かな春の一日! 小学三年生のクラスだった。

   すぐ近くの庄内川の河原で・・・土筆採りを子供たちとしました。

   新聞紙を丸けて 簡単な剣道大会? をしたり・・・

   相撲大会をしたり・・・教室内でのお勉強よりも 

   草花を摘みながらのお勉強が大好きでした。

   随分 型破りな教師時代の思い出・・・。

   土筆を煮て、今じゃ問題になりそうですが・・・もう〜時効です。

   給食の副菜として頂いたこと、思い出します。

   ( 給食のおかずが 私たちのクラスだけ 一品多いのですから〜

     子供たちは 喜びました! )
  
   子供たちと 内緒の 【 秘密の思い出 】 



☆ 友人は・・・

  素敵な思い出〜

  忘れられない彼氏と・・・ 【 土筆採り 】 をしたそうです。

  淡い〜〜恋の思い出ですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





季節の食材! 

【 つくしの佃煮♪ 】 を、作りました。


材料

つくし 約200g

A.みりん 大さじ2

A.料理酒 大さじ2

A.お醤油 大さじ1

A.砂糖 大さじ1

A.和風だしの素(顆粒) 小さじ1



1  水洗いした後、あく抜きのため、水に2時間程度さらします。


2  ヘタ取りをします。


3  4〜5回水洗いし、汚れがほとんど出なくなったら、更に1時間ほど水にさらして放置


4  沸騰させたお湯の中に3のつくしを入れて3〜4分程度茹でます。



5   茹でたつくしをざるに取り、水を切ったら炒め鍋にうつし、水分が飛ぶまで炒めます。 

    焦げ付かせないようにしっかり混ぜてね!


6   Aの調味料をしっかり混ぜ合わせ、5の鍋に投入して全体に馴染ませます。 

    中火で大体1分くらい。


7   弱火にし、蓋をして10分程度煮詰めます。


8   蓋を外し、水分がなくなるくらいまで煮詰めます。 

    火を止めて、自然に冷まし完成♪


コツ・ポイント


・ ヘタ取りに時間がかかります。 

  今回は約200gですが、1.5時間くらい掛かりました。

・水にさらしたままヘタ取りした方が、あく汚れが少ないので、是非試してみてください。

・あく抜きに重曹は必要ありません。 

 水にさらすだけで大丈夫です。








つくし 500g
なし

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by つくし 500g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「土筆の季節」について
「土筆の季節」について 昨日のうるいのお話についての私の思い出についてコメントが削除されてしまったので、今日は会員用の欄を使ってコメントさせていただきます。子供の頃つくしんぼうが食べられることを知りませんでした。ですから食べた思い出は無いですが、昨日のうるいは家の近くでよく採って、たくさん食べました。ヤマウドやふきのとうなどの苦みがなく子供にとってとても食べやすく、大好きな山菜でした。学校の行き帰りにはズイキ、スイカンボ、などのちょっと酸っぱい山菜もよく食べたことを思い出します。私に... ...続きを見る
henokaapa
2017/03/23 13:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
ツクシの季節になりましたね。今日家の前の小さな川の縁にツクシを見つけました。犬の散歩道なので採りませんが、いつも行く場所があります。孫が春休みに来ますので一緒に採りに行こうと思います。
毎年ツクシの佃煮作っています。
eko
2017/03/23 16:41
土筆の季節になると、なんとなく嬉しくなります。
土筆料理 必ず作ります。
綺麗な場所で採りたいですね、
ハイジママ
2017/03/23 21:01
土手に行くと土筆がどっさり生えています
孫に土筆ってシャキシャキ感が案外美味いよ って教えたらビックリしていました
自分がガキんちょの頃はお菓子なんて滅多に口にする事は無かったですから口に入るものは何でも食べたね。

原っぱだとスカンポだのノビル、そして餅草(ヨモギ)を沢山採って草餅を作ってもらったっけ、今店で売っている草餅って本物なのかな、どうも色が変だし香りもしませんね。

あと用水路に生えていたセリ、養殖モノのセリと違って香りは強かったね、陸セリなんてもっと強い うわ〜懐かしいなぁ。

ノビルは時々見るけど掘る道具持って行かないとダメだね、ノビルに味噌を付けて食べたら晩酌のビールが美味いと思うけどねェ。
yokoyama
2017/04/24 15:24
yokoyama さん
こんにちは!
同じ世代なので ほぼ経験したことが同じですね。
この前は 岐阜県の郡上 和良村へ行ったら まだ 土筆が生えて居ました。
もう、こちらでは 土筆の季節は とうに終わりです。
小さな時 味が解らなかったフキノトウ 今では 大好きですが・・・奥深い飛騨の別荘地まで行かないと採れません。

ノビルは 雨の日球根ごと抜いてきて 庭に埋めて置いたものが 増えて・・・今じゃ邪魔になるほど増えて居ます。時々 お醤油漬けにして食べますが・・・すごく元気が出ます。そう言えば 東大駒場のキャンバスにも ノビルが多くて 近所のお方が採りに来ていましたよ!
セリは やはり近所の田んぼから 少し根付きで我が家の湿っぽい場所に植えたら 今じゃ季節が来ると セリの葉が いっぱい茂ります。
みそ汁の青味に重宝です。
ヨモギも 飛騨川の河原の物が 香りが良く その地の人は 商売屋に売って居ますよ!その香りの強いヨモギで作る草餅は 高級品です。
ハイジママ
2017/04/24 16:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
土筆の季節 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる