ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 高齢者は 75歳から? まだまだ・・・

<<   作成日時 : 2017/03/13 08:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 6

ある場所で・・・

「 私 もう〜高齢者だから・・・ 」

と、言ったら・・・

「 まだまだ〜〜ですよ!

  高齢者とは 75歳にしようという話じゃないですか!

  まだまだでしょう? 」

と、言われてしまいました。

まだ、高齢者と通用しない? 私??

もう〜、と言わない方が良いですね。

まだまだ・・・ですから?




高齢者は75歳からになる?

準備したいことは?

何でしょう?




やっぱり 【 健康 】 と、若干の 【 お金 】

自力で 生活するだけの 【 たくわえ 】 かと思います。

人生は・・・

準備が必要なのです。





今、日本には 「 高齢者 」 と呼ばれる人たちはどれくらいいると思いますか? 

あちらを向いても こちらを向いても・・・

同じような色 ( 地味 ) の服装をした 「 お年寄り 」 ばかり?

時に 少し派手な服装をしている お年寄りが居ると・・・

浮いてしまい〜異端者扱いかも?




買い物で 車で色々なところを回っても・・・

目立つ大きな建物は〜

( 中には プレハブのような薄っぺらい建物もありますが・・・。 )

【 老人保健施設? 】 【 老人介護施設 】 【 病院 】

そんな建物ばかり・・・

田んぼの中?

山の中?

たいてい、にぎやかな街からは 離れた場所の立地です。




ていの良い 【 姨捨山 】 じゃないですか?

身内すら 年老いた親を 隔離して〜

ホッとしている??有様。

時にお見舞いに来れば 上等で・・・

中には 知らん顔?の家族さえ・・・

訪れることも無く・・・

年寄りは寂しく死んでいく。

人生を生き切ったお年寄りは 「 さようなら? 」




今の時代は〜

老人を社会から隔離!

まとめて、介護して・・・暮らすようにしています。

そりゃ〜汚い醜い年寄りは 目に入らない方が 良いのかも?





いつかは 自分も そういう施設に入るのかしら?と、

想像するだけでも こころが腐ります。

社会の中で 若者も居て 働く人も居て・・・

花も咲き 鳥も歌う そういう動きのある中で・・・

生きたい!と、思うのですが・・・

やっぱり 

「 年寄りばかりを集めて 

  同じような食事を決まった時間に 食べさせて・・・

  決まった時間に ハイ! おやすみなさい〜 」 

の生活は・・・イヤですね。

まったく〜〜社会からの隔離です。




隔離・・・

それは まるで・・・

あのハンセン病を、隔離した時代と 変わらない?




政治家のお母さまたちが 施設に入れられて 最期を迎えられるケース。

触れ合う介護など あの方たちには 関係ないのです。

舛添氏が そうだった!

鳩山氏も そうだった!

小泉氏も そうだった!

だから、政治家は そういう形が 良い形と、思いこんでいるような気がする?

だから、私に言わせれば 悪法! 

【 介護保険法 】 を 政治家は決めてしまった!




たとえ 独りぼっちになっても・・・

自家で 最期を迎える覚悟で 暮らして良いんじゃないか?

と、言う思いが 私には在りますね。

そういう施設には 「 入りたくない 」 と、今現在は 思います。

そういう施設に入ると・・・

【 一人気ままな生活 】 は 出来ませんね!

食べたいものを食べ、やりたい事を自由にする?

そういう生活は出来ません。

持ち物だって 制限されるようですね。




さて? さて・・・

「 そういう処に 入るのは嫌だ! 」 と、いう親を息子は どうするのでしょうね。

責任ある仕事がある 息子たちですから・・・

たぶん 「 ゴチャゴチャ言わずに〜入りなさい! 」 と、言うのでしょうね。




今 同じ町の あらゆる年寄りたち・・・

「 まだ 自分で生活出来るじゃないか! 」 と、思うようなお方まで・・・

直ぐに 【 施設 】 を 頼ります。

「 頼り過ぎじゃないか? 」 と、思うくらい 頼ります。

「 制度は 利用しなきゃ損損! 」 と、思う具合にね!

制度を利用して・・・・

自家を改造しまくりです。

手すりを付けるのも・・・

お風呂を改造するのも 公費補助を使います。

「 そんな改造 自費でやられたら?」 と、思うのですが・・・

ちゃっかりしたお方ばかり?

お金持ちのお年寄りが そうなのですから・・・

矛盾です!




私たちが 「 利用したいな? 」 と、思う時は・・・

「 もう、そんな費用はありません〜。 」 と、言われるのかしら?

もっと言えば 今の若いお方が 年金を貰うことさえ 可能なのかしら?




こんな見方は 間違って居ますか?

もう少し 地域の中で・・・町の中で・・・

年寄りが居ることが 当たり前ではいけないのですか?

年寄りが 自立しちゃいけないのですか?

年寄りは 年寄りらしくしなきゃいけないのかしら?




公に甘え 制度を利用し みんな揃って お遊戯ですか?

幼稚園じゃあるまいし〜

やってられないよ〜!

( そりゃ〜頭の中はかなり退化? 

  そんなゲームが相応しいのか?

  悲し過ぎるよね! )


西洋式? アメリカの老人ホームのような 【 お年寄りの隔離方法 】 が、

果たして 正しい姿だろうか?

イスに座って テーブルを囲んで・・・・

揃って 風船をポ〜〜ン ポ〜〜ンが

そんなに〜〜楽しいですか?

彼らの表情は 少しも楽しそうでありません。

無表情です!




昨年(2016年)9月、敬老の日に因んで総務省統計局が公表した資料によると、

65歳以上の高齢者人口は3461万人、

総人口に占める割合は27.3%と推計されるとのこと。



人口、割合ともに過去最高になったそうです。

今年1月、この高齢者の年齢と区分を見直してはどうかとの提言がされました。

それって、どうして? そして、どんな内容?なのでしょうか。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





以下は・・・生命保険ガイド 小川 千尋さんの記事からの引用です。




65歳以上の高齢者人口は増え続ける?

日本の「 高齢者 」 は65歳以上で、

65歳から74歳を 「 前期高齢者 」

75歳以上を 「 後期高齢者 」 と、区分して、

人口統計や社会保障制度、雇用制度に使っています。



65歳以上を高齢者とする定義は、

明確に法律で決められているわけではありません。

1956年の 「 高齢者は65歳以上と定義する 」

との国連の報告書がきっかけとされています。




当時の日本人の平均寿命は、男性63.59歳、女性67.54歳だったので、

65歳以上を高齢者とするのは妥当だったと言えるでしょう。




しかし、2015年の平均寿命は、男性80.79歳、女性87.05歳となり、

この約60年間で20年近くも延びました。

平均寿命は、まだまだ延び代がありそうで、高齢者人口は増え続けそうです。




一方、65歳から 「 高齢者 」 と呼ばれることに違和感を持つ前期高齢者の人たちが

多くいると思います。

筆者の周りにいる前期高齢者の人たちは、そうです。

皆さん、見た目は若く元気です。




現状2つの高齢者を3つに区分。


高齢者は75歳から!




そんな現状を反映してか、高齢者の定義を見直してはどうかと、

日本老年学会と日本老年医学会の「 高齢者に関する定義検討ワーキンググループ 」

が、提言しました。

提言によると、現在の高齢者は10年から20年前と比べて、

加齢に伴う身体的機能の変化の出現が5年から10年遅延しており

「 若返り 」 現象がみられるとのこと。



従来、高齢者とされてきた65歳以上の人でも、

特に65歳から74歳の前期高齢者においては、

心身の健康が保たれており、

活発な社会活動が可能な人が大多数を占めている、とも。

こういったことを踏まえて、

65歳以上の人を下記のように区分してはどうかと提言しています。

・65歳から74歳(現・前期高齢者)  准高齢者

・75歳から89歳(現・後期高齢者)  高齢者

・90歳以上(現・後期高齢者)     超高齢者



つまり、前期高齢者は 「 准高齢者 」 に区分し、

社会に支えてもらう側から支える側に回ってもらってはどうかということです。



と書くと、すぐにも公的年金の受け取りや公的介護保険の利用が

75歳からになると思う人がいるかもしれません。

しかし、社会保障制度を変えるのは容易ではないので、

ただちに大改革されることはないと言っていいでしょう。




ただ、高齢者の定義を変えるかどうかは別にして、

65歳以降の家計は収入減(公的年金減)で支出増

(公的健康保険、公的介護保険の自己負担増や保険料増)

になることは避けられません。



老後資金をしっかり作ることが重要なのは言うまでもありませんが、

老後を短くするために働く期間を長くする。

医療・介護費用を抑えるために心身の健康をキープすることに、

気を配るなどの努力をしましょう。

これから、高齢者になるお方に・・・

準備をしっかりされておかれることを お勧めいたします!





心身の健康 何より 大切だと思って居ます。

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
歳を取ったら・・・新しい事を やるようにすればいいのでは?
まだこもよ
2017/03/13 08:58
まだこもよさん
こんにちは!
歳をとったら? これは その歳によりますよ!
まだ 新しい事をやろう!という意欲があるうちは 花!
そのうち、その意欲さえ無くなるのですよ。
体が言うことを聞かなくなる。そうなったら ただ生きているだけ?
無意味な毎日になってしまうのが 現実!
そういう年寄りが如何に多い事か!
何か生きがいを見出せる年寄りにならねばね!
まだまだ まだこもよさんは お若いから 高齢者の気持ちになれない?のかも知れませんね。
ハイジママ
2017/03/13 10:56
いい内容ですね。私も高齢者だけにしっかりと読ませてもらいました。
65歳の時にアキレス腱の手術で大学病院に入院した時、あまり年の違わない教授から「高齢者」と言われ、愕然とした覚えがあります。
私も好き勝手に生きたい人間。ホームはぜひ遠慮したいです。
nibari1498
2017/03/14 09:52
nibari1498 さん
私も 心無い医師に 「 加齢だね!」「 老化だね! 」 と、言われて<`〜´>💢ムカッとしたことあり!その医師だって 歳を重ねれば 同じようになるのにね!
優しい医師は そんな事は言いません。自分の母のように、優しくしてくれます。
ハイジママ
2017/03/14 11:01
友達達との話題と言えば老後のことばかりですよ。
生涯自宅で一人になっても頑張るという人や娘が世話してくれると言うけれど迷惑に思われるようになるのが嫌だから断るとか、二人が元気な内に介護付きマンションに入居するとか意見がまちまちです。でも結論は決まって今から考えてもその通りにはならないから成り行き任せという結論になります^^。
のろばあさん
2017/03/15 22:06
のろばあさん
こんにちは!いつまでも若くない事 避けられない現実!
人生も終盤に近付くと やはり悩みますね。
迷惑を掛けないように 逝きたいと思うばかりです。
まだ、こうして思考出来るうちが花!
そのうち思考さえ出来なくなります!
ハイジママ
2017/03/16 15:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
高齢者は 75歳から? まだまだ・・・ ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる