ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS ルーブル美術館 紹介番組を観た!

<<   作成日時 : 2017/01/04 09:04   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4

人生も 終わりに近づくと・・・

色々なことが 走馬灯のように〜

思い出されます。

私の場合は・・・

日本へ帰国してからの生活は〜

割合 平凡なものですから、

やはり、思い出すのは 外国で体験した 【 様々な文化 】 とのふれあいですかね!




【 2時間でまわるルーブル美術館 】 という番組が ありました。

(  2017年1月3日(火) 午前8時15分(125分) からでした。

   良い内容ですから 必ず 再放送もあるでしょう。  )





125分もの長い時間でしたが・・・

TVにくぎ付け?

ついつい・・・観ちゃいました。



 

過去に自分たちが歩いた痕跡を おさらいするのも 良いものですね。

今から もう〜35年くらい前のことですから・・・

まだ 入口の 【 ガラスのピラミッド 】 も 内部の 【 長いエスカレター 】 も無い頃です。

広い〜〜広い〜〜館内を 足が棒になるほど 歩いて回りました。

まだ、小さかった二人の子を 連れての観覧ですから、

主人は まったく ジ==と 観ることが出来なかった! と、言いますが。

私は 大好きな分野。

学生時代に 美術も選択した身ですので、

直に観られる喜びに、心臓はドキドキ!

一応 観たいものは すべて観ましたね。

( 学習していたおかげで、番組で紹介していた彫刻や絵画は ほぼ90%観ています。

  割合 効率良く観た感じです。自分で さすが〜! と感嘆! 自画自賛!!)


幸い ギリシャでも イラクでも ヨルダンでも エジプトでも・・・

( イラクを基軸に あらゆる中東地域を 出来る範囲で動きましたから )

事前に観たものが 多かったので〜

その地域の物は まさに復習感覚でした。





だから、番組の中でも メソポタミア文明の紹介時には・・・

「 あぁ〜我は その本物を 直に現場で観たのだ! 」 の思いで一杯になりました。

バビロンの遺跡・・・

まだ、当時は すべて発掘もされて居なくて・・・

バベルの塔も・・・たぶん此処に在ったであろうという 大きな土の山?

ユーフラテス川も 懐かしく思い出されます。

イラクの少年たちが 遺跡のかけらを 売りに歩いて居ました。

シリア・イラク地方でも…今 まさに 貴重な遺跡が〜〜 

ISによって 破壊され続けて居ます。


素晴らしい遺跡 素晴らしい彫刻類が その現地に在ることも 大切なのですが・・・

心無い無教養な馬鹿者によって破壊されるくらいならば・・・

安心できる場所で、保管した方が良いと思います。




今 北イラク モスールの遺跡は、どうなっているのか?

( ニムルドの遺跡・・・ アッシリアの遺跡・・・ 

山の上には キリスト教の古い教会が・・・

其処へ登るとき 息が切れたのを思い出す。 )

それらの遺跡が とても心配です。

ISは すべてを否定する集団だからね!


一部が このルーブルに保管されて居て

ホッとするのは 私だけではないでしょう。



再放送があったら ぜひ 多くの方にも観ていただきたいですね。



私のお正月は のんびり暮れて行きました!

( まぁ〜毎日が のんびりなのですが・・・ )

日本は・・・

一応 平和に?

お正月が 越せましたね!

平安に感謝です。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
温故知新。人類の極めて貴重な共通遺産であるはずの旧文明や旧文化遺跡の破壊には強い憤りを感じます。
kazukun
2017/01/04 09:46
kazukun さん
本当に人類の歴史 貴い遺産を壊すあの集団は とうてい理解出来ませんね。北イラクで見た遺跡・・・一部ですがルーブルに運んでいたことにホッとします。
バビロンの遺跡は イラクのフセインも大切に扱って居ました。フセインも 遺跡には理解がありました。それを ISが・・・。フセインも あの世で怒っているでしょうね。
ハイジママ
2017/01/07 14:06
こんばんは。
そんな番組があったのですか。
ルーブルもその対岸のオルセーも何年か前に行ってますが、良い美術館です。
ただ、ルーブルは広すぎて、1日ではとても回りきれません。
そんな美術品や古代の遺物を破壊するなんて、とても人間の心があると思えません。
ぼてくん
2017/01/08 18:05
ぼてくん
こんばんは!
ぼてくんも 世界中へ旅をされていますから、やはりルーブルも経験済みなのですね。パリの小学生が 先生と一緒に見学している光景は 何十年前から変わりません。あんなに素晴らしい芸術が身近なパリっ子がうらやましいです。
申請をすれば 模写をするのも無料で許可が出るそうです。半年くらいかけて 世界から芸術家を目指す若者が模写に励んでいました。
日本の上野にも多くの美術館がありますが・・・パリほど自由じゃありませんよね。
そう・・・本当に I S は 人間の心を持たない野獣です。
ハイジママ
2017/01/08 18:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルーブル美術館 紹介番組を観た! ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる