ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS クリントン女史 最後の言葉 若者へ〜〜!!

<<   作成日時 : 2016/11/10 17:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 6

日本の皆さんは・・・

はっきり言って・・・

トランプ氏より クリントン女史の方が好き! だと、思うよ!

私も 同性ということもあり〜

日本へ来られた時も 天皇に 敬意をもって

キチンとご挨拶された!

常識のある 【 政治家 】 だと評価して居ました。

ところが 今回 残念なことに

投票総数では トランプ氏より多いのに・・・

アメリカの オセロ式の大統領選で 負けてしまいました。

時として 民主主義は 愚かです。



クリントン女史が 最後に 素晴らしい言葉を 若者に捧げました。

さすが クリントンさん!

とても、こんな内容は トランプさんには 言えないでしょう。

此処に 記録しておきます。



ヒラリークリントンは 素晴らしい女性だと思います。

日本にも こういう女性が 現れると良いね!

いつかは きっと!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

敗戦のクリントン氏が最後に語った最もパワフルな言葉 

「 若い人に聞いて欲しい 」

BuzzFeed Japan 11/10(木) 配信記事から



t
敗者は、いつもと変わらぬ笑顔を浮かべて会場に入ってきた。

アメリカ大統領選でドナルド・トランプ氏に敗れたヒラリー・クリントン氏が、

一夜あけた現地時間11月9日、支持者たちに敗戦の弁を語った。

【BuzzFeed Japan / 古田大輔】

.

いつものように夫と娘とともに姿を現し、

壇上に立ったクリントン氏。

満場の拍手に笑顔を浮かべ、右手を上げて答えた。

まるで勝者のように。

( 彼女は 美しく見えました! )


最初にトランプ氏について

「 彼がアメリカ大統領として成功することを望む 」 と、勝利を祝福した。

その上で、大統領選をともに戦った支持者に感謝の言葉を述べ、

憲法に基づく、民主党から共和党への平和的な権力の移譲を訴えた。



選挙戦の結果が明らかになった直後から、

トランプ氏に対する抗議デモが各地で発生している。

そのことを念頭に置いた発言だったのかもしれない。

クリントン氏は「 憲法に基づく民主主義 」 について、もう一つ付け加えた。



「 憲法に基づく民主主義は、私たちの参加を求めます。

  4年に1度の選挙のときだけではありません。

  常に参加を求めているのです。

  だから、できることをやりましょう。

  私たちが大切にしている理念や価値を前に進めていくために。

  私たちの経済を富裕層だけでなく、みんなのものにするために。

  私たちの国を、私たちの地球を守るために・・・ 」



選挙戦中に、移民やイスラム教徒や女性に対する蔑視発言が目立ったトランプ氏。

クリントン氏はこう語った。



「 アメリカン・ドリームは大きい。

  誰もが夢見て良いほど大きい。

  全ての人種、全ての宗教、全ての男性と女性

  (ここで声を大きくして強調した)、

  移民、LGBT、障害者。

  全ての人たちのものです。 」



さらに、オバマ大統領夫妻や、民主党関係者、家族らへの賛辞が続く。

真剣な表情で、これまでの演説に比べると、やや口調が早い。

でも、それが素顔に近いように感じられた。

選挙戦では演説中も満面の笑顔を浮かべていることが多かった。

それが不自然に映ることもあった。



ひときわ大きな拍手が送られたのは、

若者を鼓舞するメッセージを送ったときだった。



「 皆さんに、特に若い人たちに聞いて欲しいんです。

  私は、自分が信じるもののために、生涯をかけて戦ってきました。

  勝ったことも、負けたこともあります。

  辛い思いもしました〜〜 」



「 あなたたちも、勝つこともあれば、負けることもあるでしょう。

  負けることは辛い。

  でも、決して、信じることをやめないでください。

  権利を求めて戦うことは、価値のあることです。

  やるべき価値のあることなんです。 」



彼女がこの言葉を繰り返すと、会場から大きな拍手が起きた。

その様子をゆっくりとうなづきながら見渡す目には、涙で光っているようにも見えた。

そばに立つ夫の目にも。




少し間を置いて再び話始めたクリントン氏は、

女性の社会進出を阻む「ガラスの天井」についても、

若い女性たちにメッセージを送った。




「 私たちは最も高い 『ガラスの天井』 を打ち破ることはできませんでした。

  でも、いつか誰かが打ち破るでしょう。

  そのときが、今、私たちが考えている以上に早いことを望みます。 」



そして、全ての少女たちに聞いて欲しい、と言葉を続けた。



「 あなたは、価値がある存在で、しかも力強い。

  あなたの夢を実現する機会を追い求めるに値するんです。

  そのことを、決して疑わないで 」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そう・・・

政治に 男も女も無い!

同じ人間として 参加できるのです。

今回 初めての女性大統領の出現を望んだのは 

私ばかりでは無かったと思います。

残念な結果でしたが・・・

今 彼女の言葉は 

全世界の若い女性たちへの重要なメッセージとなるでしょう。




ヒラリー・クリントン 運命の大統領 (朝日新書)
朝日新聞出版
越智道雄

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒラリー・クリントン 運命の大統領 (朝日新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
高学歴層はヒラリー支持が多かったの対し、低学歴層はトラップ支持が多かったようです。
貧富の差が拡大している今、勝ち組の象徴のようなイメージや正直といったイメージが無いなどがヒラリーには有ったのではないかと推察します。
ただヒラリーも安全保障面で更なる負担を求めてこないとも限りませんし、経済面では日本より中国重視に傾くのではないかとも思ってましたので、果たしてこの結果が日本にとって良いのか悪いのかは動向を注視する必要はあると思います。
日本の女性政治家、現状では小池知事が人気抜群ですが、時の権力者に擦り寄り今まで来たイメージがあるだけに、本音はどこにあるのか、真の能力はいかがなものか、これまた今後に注目でしょう。
稲田、野田、丸川、蓮舫、高市といったところが現状における有名どころですが、総合的観点からトップに相応しいのは誰でしょう???
最も現総理も、小心者、思考が浅い、度量が無い、お調子者と言った印象がぬぐい去れないのですが。
MONTA
2016/11/10 18:53
MONTAさんへ
日本の女性政治家たちですか!
今のところ 私の眼鏡にかなうお方は居られません。
どちら様も その中身を存じておりますので とんでもないお方たちだと評価いたしません。
現総理も なんとも 評価しがたいお方。
日本には 居るのかな? イヤ 居ないかも?
ハイジママ
2016/11/10 19:25
今回の大統領選は、互いを非難し、
罵倒する言説が目立って、耳を傾けるべき言葉、
印象に残る演説が無いままに終りました。
(T氏にそれは望むべくもありませんが…)
最後の最後になって、クリントン女史の
敗戦の弁は立派だったと思います。
yasuhiko
2016/11/10 21:50
yasuhiko さん
残念でしたが、もう今はトランプ氏に期待するしか無いのですね。
世界の平和を願うばかり!
トランプ氏には 頑張ってもらいたいものです。
ハイジママ
2016/11/11 08:06
ママさん、こんばんは、、いつもありがとうございます(笑顔
世界の報道に流れるトランプ氏の印象は、発する言葉の端々のみを集めて、危険な候補者の印象を全世界に配信していたんじゃないでしょうか、、。
現地ですべての演説を聴いた聴衆は、ときどきハッと驚くような内容の発言もあるが、概ね嘘偽りのない正直な発言だと考えたのでしょうね、、。
政治家経験のないトランプ氏は、今は大統領の器ではないかも知れませんが、副大統領候補や国務長官などの取り巻きがしっかりしていれば、何とか無難にやって行けるのではないかと私は考えています、、。
次期大統領に決まったときの演説では、ちゃんと練り上げられた文章を読んでいましたね、、これからは無神経な発言はなくなるのではないでしょうか、、。
しかし、在りし日の強いアメリカを取り戻すことは、容易なことではありませんね、、。
トランプ氏より日本のA氏の方が、もっと危険な印象を私は持っています、、。
ママさんのお考えはいかがでしょうか?
OTSUKYON
2016/11/11 23:42
OTSUKYONさん
オバマさんと会談しているトランプ氏を見ていると借りて来た猫みたいでしたね。固く緊張していました。あのこれまでの暴言野郎はいずこへ? という感じ。
まぁ〜アメリカの為に 世界の平和の為に 慎重にかじ取りしてくれれば良いのです。言われるように 「 知恵 」 の無い 危険な右翼に牛耳られているようなA氏の方が 危険! なるほど、もう少しA氏も 自分の頭で考えてくれる人ならば良いのですが・・・どうしても危険分子のいう通りの方向に行きそうな人ですものね。
ハイジママ
2016/11/12 07:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリントン女史 最後の言葉 若者へ〜〜!! ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる