ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 凄い不幸って! あるんだなぁ〜

<<   作成日時 : 2016/10/18 17:46   >>

驚いた ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 14

2016年 10月14日午前9時50分ごろ

東京都港区六本木3のビルの外壁工事現場から鉄パイプ

(長さ約1.8メートル、太さ約3センチ)が1本落下し、

歩道を歩いていた新宿区東五軒町、

無職、飯村一彦さん(77)の頭部に刺さった。

飯村さんは搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。

一緒にいた70代の妻はけがはなかった。

警視庁麻布署が業務上過失致死容疑で関係者から事情を聴いている。


2016年 10月 13日午後10時ごろ


韓国南東部・蔚山の京釜高速道路で13日午後10時(日本時間同)過ぎ、

バスが炎上し、10人死亡 7人が負傷した。




韓国南東部・蔚山の京釜高速道路での出来事だった!
 
乗客は、化学製品大手ハンファケミカルの退職者や家族らで、

消防当局や釜山の日本総領事館によれば、

「 死傷者はすべて韓国人 」という。

一行は中国旅行を終え、大邱空港からバスで蔚山に向かっていた。

 

警察当局は運転手を拘束。

韓国メディアによれば、運転手は

「 タイヤがパンクし、傾いた車体がコンクリートの分離帯に接触したまま走行し、出火した 」

と供述しているが、警察は追い越しのため車線を変更しようとして事故が起きたとみている。 




これら 二つの事故のニュースを聞いて・・・

なんと悲惨なことだろう〜と、心が痛んだ!

世の中には こんなことも有るんですね。




たまたま・・・

その下を通りかかった という偶然。

事故を防ぐ為に〜シートも張られて居たと言うのに・・・

たまたま・・・そのシートが はずされて居た空間から 落ちてきたのだから。

なんと言う運の悪いお父さんだったのでしょう。

まさか! まさか!

奥さんと出かけた六本木で そんな事故に遭おうとは・・・

お買い物に行かれたのでしょうか?

楽しいお食事に行かれたのでしょうか?

誰も 想像すらしなかったであろうに〜

運というものは とんでもない事故を、容赦なく与える。

恐ろしいものだ!



韓国のバスだって そうだ!

韓国のお父さんたち 家族も・・・

長年のお仕事を退職したお祝いに〜

家族揃って 中国旅行!

留守番の家族には お土産もあったであろうに・・・

楽しかった思い出も 語るはずだったろうに〜

何故 そんな時に バスのタイヤはパンクしたのか?

バスは、何故 車線変更したのだろうか?




すべて たまたま?

全て 偶然?

まさか! まさか!

楽しかった旅の最後に・・・

そんな最期を迎えるとは〜

運とは 恐ろしいものですね。




考えてみるに 世の中の出来事 事故 事件。

必然も多いのですが・・・

偶然も多い!

まったく 考えられないような結末が待って居る場合が在るのだから・・・

皆さま〜

気をつけてくださいね!

静かに 安らかに あの世に逝きたいものですね。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
東京の事故はパイプの落ちた原因が今一つ不可解な面が残っているようですが、人生宿命としか思えない悲劇があります、災害で亡くなった人々もたくさんおられます、天災、人災、偶然の悪戯、そして今は未失の故意ということもあります。人生小舟で大洋を航海しているようなものですね、生きているだけで儲けもの、ですか。
henokaapa
2016/10/18 18:30
henokaapaさん
宿命だったか と 簡単にあきらめきれない死に方・・・言葉もありません。
そういうお方も居られるのは 実にお気の毒!
自分もいつ何時 そういう不幸な目に遭うかも知れない!
今日も友人と そういう話をしたばかりです。
ハイジママ
2016/10/18 20:37
人生には、まさかの‘坂’があると聞きますが・・・・
次は、私の番かも
人生、何が起こるかわかりませんね。
ゴル子
2016/10/19 06:57
ゴル子さん
そうですよね。
まさか!まさか!と、起こること、あるかもです!
注意してても まさかの地震!
注意してても まさかの交通事故!
急にあの世に連れて行かれるお方 多いのかも?
他人事ではありませんね!
ハイジママ
2016/10/19 07:59
こんにちは。
運命を変える大きな事故について、ハインリッヒの法則というのがあります。重大事故の陰に29倍の軽度事故と、300倍のニアミスが存在するらしいです。確率の問題でも有りますが、日頃から危ない事に近付かずリスクを避けるのが賢明だと思います。『 君子危うきに近づかない 』と言う格言もありますね。

将来に身に起こり得るリスクを事前に把握する想像力が問われます。更には、避けられない天災や偶然の事故については、自分を見守っている『 守護霊 』に時間や空間を少しずらして間一髪で助けて貰うしか方法は有りませんね。

今回の鉄パイプの落下やバス事故での犠牲者は大変にお気の毒だと思います。ご冥福をお祈り致します。
華の熟年
2016/10/19 11:51
宿命などと言ってられません。
人の寿命はあらかじめ決まってるなんて無責任がいまだにある。
ほんとに不幸なんて・・・その人にかけることばもないほどの不幸せ。
いやですねえ・・・。
きろひの16
2016/10/19 14:50
華の熟年さん
確率ですか〜!
そうですか? まぁ〜少しズレれば そういう事故には遭わなかったとも言えますね。しかし、それも ズレて初めて分かること。
どのくらいズレれば良いのか 誰にも分からない。
だから、怖いし〜残念ですよね。
ハイジママ
2016/10/19 16:25
きろひの16さん
あなた様のブログに寄りますと、大変な手術をされたのですね。まだ詳しくは見ていませんが。
言葉を簡単に掛けられない程の不幸、ありだと思います。
もっとも、死んでしまったら 言葉さえ掛けられない。
慰めることが出来るのは 未だ 不幸中の幸い!と、よく言うではありませんか? 今 生きて居るのが むしろ偶然? 考えてみれば この世に生まれてきたことさえ 偶然かも?
誰もが いつかはこの世にオサラバするんだけれど 産まれた以上は 人生 謳歌したいですものね。
ハイジママ
2016/10/19 16:30
ビルの工事現場付近、横断歩道、若者の危険運転等々、危険な時は多々あります。
出来る限り、そこに巻き込まれないように気を付けたいものです。
MONTA
2016/10/19 17:51
MONTAさん
交差点に立っていても、急に車が突っ込んで来たら?と、想像したりして、少し後の方に並んだりします。工事現場 やはり上を見たり 横を見たりして注意します。危ない箇所には近づかない! ヤバい人が居そうな場所には 近づかない! それだけ注意して居ても ヤバい時には ヤバいかも?
住処も 山の斜面 海の近く 過去に事故が有った所など避けて 住むように。地名なども気になります。
ハイジママ
2016/10/19 20:36
私は、守護霊とか宿命とか、そうゆうのも好きなのです、原始宗教的な匂いや感覚がイイですね(爆笑)しかし、不運にも防犯のために止めておくべきシートが外れていて。。「なんと不運なこと」ですか?最大の責任を追求するべきでしょう。こんなことがどんな事情があっても許されるべきではない不注意です、道路際の建設工事中の歩道に、道具が飛んできて不運にも通行人に当たった?事故に会わなければ幸運、事故にあった人は不運ではないでしょう。私達の子供時代には、頻繁にこの種の事故があって、工事現場のそばは危ないと無意識に思うようになったが、殆どが人災・人の不注意から起きることです。一部の地震や台風さえも。地質学を知らなくても、昔の人は悪天の場合は土砂崩れが起きるから、あそこには家を建てない、大雨の場合は作物が流されるなどと警戒した・・。そして信号。近代社会の約束・法律を無視して人身事故を起こしたなど、許されることではない。子供達も社会の約束を信じているから、青でGo ですよ。ハイジさん同様私も注意深く青なのに、右左を見るので笑われます。以前はこうした人災が多かったため、安全な社会追求は遅れていた。
天災も人災に起因していると、今日の学問ではその違いも明らかにしております。
サワークラウト
2016/10/24 16:30
サワーさん
あなたは事情が解っちゃ居ない!みんな、注意して居たのですよ。
しかしながら 事故は起こってしまった!
シートは、もう〜仕事が終わったので、組み立てて在った構造物を取り除く段階であったのです。もちろん、ガードマンも三人配置されて居ました。
そのガードマンが 常に上を見て居たかは不可能でしょう。
工事をしている人も、慎重に養生物を外して居たのだと思います。
それが運悪く〜落ちてしまった!万分の一の確率だったのかも?
当たってしまったお爺さんだって 何平方Mのうちの何分の一か?その場所に居たことが不運です。少しでもズレれば そんな頭に突き刺さるなんて言う最大の不幸は無かったはずです。
土砂崩れだって 近頃の天候は昔では考えられない激しさです。
日本の人口が滅茶苦茶増えて〜住宅地が作れる土地があまり無かったので、業者は そんな危険な場所にも関わらず、住宅団地にしてしまった!
法律なんか無かったのが現状。責めるべきは、行政と業者です。
そんな土地を購入したり家を建ててしまったお方も そこまで調べることも無かったし〜その能力も無かった!

だから、非常に運が悪いと言ったまで。

これからの世の中 地球 街の中・・・予想を超える危険性に満ちていると思います。学問で解決出来るレベル? 細心の人に寄る注意? そういうものを超えて 運の悪い災害が起きる時代なのかも知れません。
ハイジママ
2016/10/26 08:04
だからこそ、普通に暮らすって、奇跡なんです。運が良いのです。命に差別はありません。大事にしたいものです。自殺で、残された人を多く知っています。宗教とか関係なく絶対だめです。鬱でも生きるんです。そのために医者にも言って、人とのつながりを消さないことです。自殺は本当は、送検されない罪です!命を大切にしましょう。死ぬくらい頑張っていきましょう!うつ病の人に頑張ろうっていうなといわれますが、頑張って欲しいです!
フリーハンド(旧姓ベランダ)
2016/10/26 12:51
フリーハンドさん
そうよね!
普通に暮らす 暮らせるということが 奇跡なのですよね。
どちら様の人生も結構ドラマです。
私の人生も結構ドラマですよ!
ハイジママ
2016/10/26 14:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
凄い不幸って! あるんだなぁ〜 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる