ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 理想のニッポンはどうあるべきか?(NO,7)

<<   作成日時 : 2016/10/14 06:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

理想のニッポンはどうあるべきか?(NO,7)

<< 作成日時 : 2007/06/20 >>

今日は第五章です。


先ずは 雑談から・・・


早く、この文章から、逃れたいので、連続して提出?してしまいます。

忙しい時に、たまたまこの文をドキュメントから引っ張り出してしまったので・・・

読者の方もウンザリするほど、堅い?文が続いています。(ゴメンなさい!)

当たり前の内容ばかりです。

書いているうちに〜何処までが 論文そのものか?

書き足し部分が 何処からか 分からなくなっています。

一度書いたことが 再び出て来たり?

まるで 「 ボケ老人の独り言 」

それほど、私の頭の中は 整理整頓が出来ません!  

これも・・・老化?

イヤ 元々〜〜いい加減な性格からでしょう。




第五章の環境の時代・・・というのも、当然出てきます。

これを書いた時点で・・・環境に関する「株」を買っておけば??

今頃・・・資産を二倍にも三倍にもしていたかも知れませんね。(爆笑・・・)

今からでも、中国の環境をきれいにしてあげるというプロジュクト関係!

詳しい企業名は、私なりのヒラメキはあるのですが・・・!

かなり冒険かも。

かなり行けると思いますが・・・私はとても出来ません。

言うだけで・・・とんと、頭の中で・・・「 お金なんか!という考え方 」 があって・・・

実行に移せないのです?

武士は食わねど・・・という貧者のやせ我慢でしょうか? さて? ( 爆笑・・・)



5.21世紀は環境の世紀



始末良く美しい環境が保たれている国、そんな国が尊敬に値する国だ。



市民として社会に働きかけることは、地域社会の中で、

若い人や知り合いに無理なく自然の大切さを訴えることだ。



小さな行動かも知れないが・・・感動のある写真を撮り

その写真を出来るだけ多くの人に見せることにより、

自然やあらゆる生物との共生を訴えるとか。



一生懸命子育てをするツバメに人は子育ての基本を学ぶことができる。

動物の子育てを見ることにより、自然の大切さも親子の情も学べる。

幼稚園に送り迎えする父母をつかまえて写真を見せながら語りかければ

意外に真剣に聞いてくれる。



穏やかに住むには住宅環境を良くしなければならない。

今のように百年持たない家では庭の木々も大木にならず、

無責任な小さな住宅開発ばかりがなされる現状だ。



まぁ〜住み方・生き方には色々な意見があるもので・・・

狭い土地にしがみ付き、狭い庭に花を植え・・・庶民はささやかな生活を毎日繰り返している。

考え方としては、

「 自分は家があるからしあわせ・・・

  花を作るこころの余裕があるからしあわせ・・・

  なんとか毎日の生活が送れているからしあわせ 」 と?

現状維持? ささやかな庶民の暮らし。

「 人間下を見れば切りも無い。上を見ても切りも無い。」

しかし・・・食べるもの、着るもの、寝るところ、

それだけ揃えば、しあわせなのかも?

「 他所の国を見なさい!

  食べ物さえ毎日充分に口に入らない人々が居るんだよ!

  着るものも、先進国の古着ばかりで・・・靴もない!

  安心して横になる家もないキャンプ生活者が居るんだよ! 」


「 でも・・・でも・・・下ばかり見ててどうなる?

  人間は向上を目指すものでしょう? 」


「 先にしあわせを手に入れた国は今になって、後進国に、二酸化炭素を出すな!

  石油を使うな!と勝手な言い草でしょう〜。

  まるで、蜘蛛の糸に摑まって、

  極楽への脱出を計る餓鬼の姿?

  その姿とアナタは、どう違うのでしょうか? 」


大きな街の住宅地、まったく猫の額のような庭、

家の中も客人を泊めるスペースも無い!

それにしても・・・

田舎の家に比べて、街の家 (もちろん庶民のレベル) の狭さは本当に気の毒である。

いわゆる一流大学を出て、立派な会社に入り、真面目に仕事をしてきて、

定年を迎えたお父さんたちが、最後に手にいれる家のチッポケさは・・・

実に「評価が変」としか言いようがない。

まぁ〜それが日本の現実!

ウサギ小屋と外国人に言われたが・・・

街に於いては、その現実は少しも改善されていない。

やがて・・・その小さな家たちも〜〜

廃墟となる!!



予算を使い果たす為に無駄に掘り起こされる道路行政も問題である。

住宅政策や町の設計に、大きなビジョンを持ち計画的に進めなければ美しい日本は保てない。

江戸幕府が考えた都市計画のようなものを各自治体が知恵を持って進めるべきだ。

現代日本の都市開発にはビジョンがなく、無秩序な町ばかりが広がっている。

もっと上空から日本の町を眺めるべきだ。


自らが神になったような大きな目で、地域全体を眺めないと、理想の街づくりは出来ません。


最近では、東京駅の周辺開発に三井不動産は、ジオラマを作って、

小型カメラで作戦会議をしていると聞いた。

やはり少しずつ開発の手法は変わってきているという手ごたえは感じられる。

しかし、そういう手法は地方の小さな町や村では生かされない。

旧態依然として、思いつきの開発が行われているように感じます。

田んぼは田んぼのままで、山は山のままで・・・

人口が減ってくる時代に応じた再開発が駅を中心に行われるべきなのです。

昔は歩ける範囲で人々は生活をした。

やがて・・・老人大国になった日本のあるべき姿は、

歩ける範囲という江戸時代的な発想が大切になって来ると、私は断言します。

多くの市町村が間違った住宅開発を未だに続けているツケが近い将来、必ず回ってくると思われます。

そら!自治体で車を出せ!自治体で看護師を派遣せよ!言いたい放題の住民に・・・

行政はこれまでいい加減にしてきたツケを払わされるのです。

それは、結局住民の税金というわけですから、悪の循環ということになります。




駐車場を作るにしても地温の上昇を伴うコンクリートだけの駐車場は認めず

(止められる車の数は減るが、そんな採算だけを考える拝金主義は通用させない)

必ずグリーン地帯を作ることを義務つける厳しい規制をしてほしい。

そういう規制は大歓迎なのだ。



全体を考えず個人の利益ばかりを大切にして来たツケが結局は住みにくい社会を作ってきた。

住まなくなった廃屋は綺麗な更地にして緑の復活を計る土地に戻すと言う法律があれば、

美しい国土は守られる。

でないと、この国は高齢化社会の果ては、廃屋だらけの列島になりかねない。



人口が減ってくることが確実なのですから・・・

そういうシュミレーションが出来ないで・・・百年大丈夫!!

と、言ったのは、何処のどいつだ!と、怒りばかりがこみあげてくる昨今です。



産めよ増やせよ!と政府が号令を掛けても、

今や国民はそんな素直に 「子作り」 に励みませんよ。



兵士をかっては産んだ時代とは、明らかに女たちも国の犠牲は沢山だ!と思っているのですから・・・。

いつも思います。

「 母親は兵士を産む道具じゃない 」と・・・。

子供達が平和にしあわせに暮らしてくれることが願いなのです。

過労で死ぬほど働いて、変な使われ方をする税金を払う企業戦士を産むわけでもありません。




ニュージーランドの人々は捨ててあるゴミを持ち帰る人が99%だと聞いた。

日本の国はゴミを見ても多くの人がどういう行動を取るだろう。

現代の日本人は何%の人が良き人であろうか。

コンサート会場で あるいは サッカー場で・・・

多くの若者が ゴミを拾う行動が 称賛されて居る。

このような行動が取れる人を増やしたい!

そして こういう行動を取る日本人の姿が 全世界に広がれば良いですね。




しかしながら・・・まだまだ 日本には 心無い方も多いです。

車から平気でゴミを投げ捨てるような運転者、

元警察官がうちの溝にタバコやガムをポイ!!と捨てた行為を見て・・・

その人が嫌いになりました。

地元の名士と言われる男が・・・

ガラガラ〜ペッツ! と、道路に痰を吐く姿を見て・・・

もう、その男は 私から見て 【 最低男 】 に、成り下がりました。

転勤で捨ててはいけない不燃物を分別もしないでガバッと入れた教員家族には、

あれから・・・ものも言いませんでした。

大きくなった子供が使わなくなったお習字の道具をビニールのカバンのままで捨てた家族も、

私の中では最低レベルの人間になりました。

日本人は悪くなっています。

( 今回の津波では 多くの日本のゴミが・・・太平洋を彷徨い〜

  多くの生き物 多くの国に迷惑を掛けてしまいました。

  何とか 今からでも回収の方法が無いのでしょうか? )


建築資材がドンドン捨てられ、山や海が汚れることを考えたら・・・

とても家など建て替えられません。



なにの平気で、二十年くらいのサイクルで、考えない人々は家の立替えを行います。

自分だけ便利な生活が出来れば良いのよ!と言う勝手人間が増殖中です。



平和産業を国家の主なる産業にするべきだ。

日本はかなりの人々が軍需産業という分野に携わっている。

最近の動きでは武器輸出三原則の緩和の方針が心配の種になっている。

これらの産業に属する多くの人々を、

リサイクル地球の資源を大切に使う産業にうまくシフトできたら、

日本は胸を張って平和を愛する国だと言えるのではないか。

やはり産業構造の見直しが問われているのです。



環境産業の隆盛こそ、これからの日本のあるべき姿ではないか。

この地球を子供たちに、責任を持って美しく残すために私たちは何ができるか。



第一に、環境問題の深刻さを、今、生きている私たちが認識する。

第二に、省エネ・循環型社会を目指した生活をする。

第三に、市民として社会に働きかけ、自分に出来る事を自分らしい方法で企てる。



市民として社会に働きかけることは、地域社会の中で、

若い人や知り合いに無理なく自然の大切さを訴えることだ。

感動のある写真を撮りその写真を出来るだけ多くの人に見せることにより、

自然やあらゆる生物との共生を訴える。

一生懸命子育てをするツバメに人は子育ての基本を学ぶことができる。

動物の子育てを見ることにより、自然の大切さも親子の情も学べる。

幼稚園に送り迎えする父母をつかまえて

写真を見せながら語りかければ意外に真剣に聞いてくれる。



昔、水は井戸からタダで飲めるものであったが、今や買うものという常識が定着しつつある。

水環境の汚染は富栄養化による水質汚染、地下水の化学汚染、海洋汚染等など

恐れていた事が現実問題となり新聞を賑している。

ゴミの廃棄場が山に作られている現実は、

長年の間に地下に染み出し川の水を汚染し、さらに私達の飲み水を危険なものにしている。



今年は、お隣中国から、汚染物質を含む黄砂が襲って来た!

夏前というのに、光化学スモッグも発生した!

中国の汚染は、いまや深刻な問題であり、一国の範囲で収まるものでなくなって来ている。

富めるものだけが水を買い、貧民は汚い水を飲み、病気になれ!という国である??

あれだけの人口を抱えて、思想を一にし・・・

今はそれ!オリンピックだ!万博だ!と目標に向かって、行け行け!ドンドンの状態ですが・・・

その後が、怖いですね〜。



おりしも岐阜市で善商というとんでもない業者による廃棄物の山が発覚し、

その処理問題に頭をかかえ合併問題で合意していた周りの市町村は

負担金問題で「嫌なこと!」と、逃げの姿勢である。

どこの市町村でも、自分の近くにゴミの集積場が作られたり、

燃やされるのに反対の大合唱である。

身近な自分たちの問題なのに当事者意識のない人が多い。

広報でも「あなたたちの問題なのですよ」と、知らせるべきである。


そう〜、環境の問題は、私たちの問題として・・・地球全体の問題として、

一番に立ち向かわなければならない重要事項なのです。

サミットでも話し合われたが・・・

イマイチ米国やロシア・中国の姿勢がEUに比べて消極的なのは非常に残念なことです。

こういう時こそ、日本の総理は、大きな声を挙げなければならないのに・・・

アメリカに気を使い、声が小さいよ!と感じたのは、私だけでしょうか?

やった!やった!成果があった!と言われますが・・・疑問です。



環境の問題は、今の時代に地球に生きている人類としての使命として、

大きな声を出して訴え続けていかなければならない問題だと私は切に思います。



だから・・・うちは建て替えもしないし・・・エコの生活を守り、野菜を作り・・・

野菜ゴミは全て土に返している、雨水を溜め、花にあげる。

野菜にあげる。

そんな生活を心がけているのです。

田舎の婆さんの独り言です。



さらに NO、8 NO、9 NO、10 と、続きます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもコメントありがとうございます、今日は朝から何だか雑用で動くことが多く落ち着いていられません。今の政治に批判的な人はそれを気に入らない人も多い今の社会、気を付けて頑張ってください、政治には何と言っても大きな力があり個人を潰すことなどいとも簡単にできますから、今はそういう時代に入りつつあるようです。
henokaapa
2016/10/14 15:04
こちらこそ、長文 駄文を読んでいただき ありがとうございます。
ハイジママ
2016/10/14 16:36
日本も市場移転問題のことでも責任の回避ばかりしていて情けない日本をさらけ出している気がして恥ずかしいですね。昔はこんな風では無かったと・・・いつか聞いた言葉ですが言いたくなりますね。
のろばあさん
2016/10/14 22:09
のろばあさん
コメントありがとうございます。
実に恥ずかしい日本です。
なんでも 東京都は 豊洲だけじゃ無いそうですよ。
これまで、歴代の都知事 何をしていたのか・・・。
もう〜〜あきれ果てますね。
普通にしているだけなのに 小池さんが光ります。
まぁ〜小池さんも あれだけ自民党にやられたのに・・・また自民党に歩み寄り?
政治って 実に駆け引き? ずるい人ばかりですね。
ハイジママ
2016/10/15 07:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
理想のニッポンはどうあるべきか?(NO,7)  ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる