ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 理想のニッポンはどうあるべきか?(NO,3)

<<   作成日時 : 2016/10/13 08:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

理想のニッポンはどうあるべきか?(NO,3)

<< 作成日時 : 2007/06/18  >>


今日は、提出した論文に対して、今、私が付け加えたいことをダラダラウダウダと書くことにします。

それなりに面白いものになるかもしれません。

なにしろ提出する文章は文体も、言いきりに揃えなくちゃならないので、

どうも私の言葉としてピンと来ないし・・・付けたしたい部分も沢山あります。

随分省いてある部分もあるので、通じない場所もあったのです。

字数が制約を受けるのは・・・私は苦手です。

青字部分や緑字部分は 書き足し部分です。

黒字部分は 提出した論文の部分。

如何に 論文の提出なんて・・・

言いたいことの何分の一も 話せて居ない事か、

今更 思い知らされます。

ハイ!

私の話は 長いので有名です。 

付き合える人だけ 付き合ってください。



 「2015年 理想の日本」 



先ずこの題目・・・2005年の募集だから十年先ということらしいが・・・

十年なんて本当に直ぐのことです。

こんな目先のことで良いのかしら?

私の考えは、いつも五十年百年というサイクルで考えるから、夢みたいになるのかしら?

そう言えば、犬の流行も随分前にゴールデンリトリバーを

( 今から 考えれば 1969年 産まれの犬だったから・・・

  46年昔? 当時は 日本じゃ居ない犬でした。! ) 

(イギリスからの輸入犬) 購入しちゃったし・・・

食料問題も 「ブラジル頼りの予言」 を三十五年前に言い当てている私?

近い将来、水の心配が地球規模で起こることも・・・。

中東が 世界の争いの大元になることも・・・

三十年前から 心配していた私。

私って・・・ふふ!予言者かもしれないわね?  

それも・・・先を見るのが 早過ぎて? 当たらない予言者? 

過ぎてみれば 全部 当たって居るではないか?   

我ながら 恐ろしい!          


1.はじめに


現代社会が抱える問題は多い。

地球規模で考えたとき、日本が正しい道を歩むには、いかなる政策を取るべきだろうか。

日本人は人間として、どのような行動をとるべきだろうか。

私は諸外国での暮らし(ブラジルでの3年間、イラクでの3年間)や旅の中で、

普通の生活をしている人々の涙や感動に触れ、

彼らの理想や国家のあり方などを自分なりに見聞してきた。

生活をその地でするということは、旅行者とは全く異なる現地の方との交流もあるし、

政治的な不安や自然の脅威もまともに受けるわけだから、

とにかく、いいかげんな見聞ではないということです。


そこらの甘ったれな二世議員や 就職先の無いプー太郎議員とは、わけが違う!


まぁ〜駐在しても、アンテナが低いと (現地の方と交流しないと) 解からないことが殆どで、

それでも・・・「 行って参りましたの! 」 オッホッホ〜〜!

と、おっしゃる方の話は信用しない方が良いと思います。( 笑 )

彼女らは・・・テニス や ショッピングにうつつを抜かして居た!( 笑 )




それらの国には日本の国が見失った大切なものがあった。

ブラジルでは客人を迎える心の大きさ、人が増えても大らかに受けいれる懐の深さを感じ、

イラクでも貴重な水や甘いお茶で温かく客人をもてなす優しさを感じた。




現地へ入れば、その国の食べ物を食べ、水を飲むわけだから・・・

一宿一飯どころか、365日×6という日数であるから、

私は古い人間かも知れないが、当然のことながら感謝をした。

その国の風習、その国の文化を先ず理解しなくては滞在の意味がないと思います。




マザーテレサが指摘した

「日本は豊かな国でしょうが、心の貧しい人が増えたのではないでしょうか?」

と、言う言葉を再認識させられた。



都市化の生活が、日本にもあった温かさや奥深い心を失わせたようにも思われる。

実際年々人の心は荒び、毎日途切れることが無い凶悪な事件のニュース・・・

ブラジルもイラクも、なかなか物騒な国ではあったが、

人の心は日本より数倍も優しい!

それは確実に言えることでした!



核家族化も日本をゴミの山にしているのではないか。

もったいない、最後まで使い切る、再工夫して使う、という精神が大家族では生きている。

何処の国でも(もちろん私が滞在した国は途上国であるから、そうなのだが・・・)

家族の形態が基本的に大家族が多い!

年寄りである長(おさ)を中心に、家族の知恵を大切に生活していた。

( イラクでは 長の家まで訪問させていただきましたよ!

  なんと その奥様は 日本人・・・今は どうされて居るか? 

  私と同い年でした。連絡はつきません。 )

ところが日本はどうだろう?

核家族でさえ今はさらに小家族になり・・・

果ては、夫婦という固まりまでが崩壊寸前の有様である。

だから・・・家財道具も数多く、無駄ばかり増えているようです。

親が使ったものなんて・・・捨てられるのが あたりまえ?

したがって、ゴミも多いのです。


年金制度が現代の親不孝を生んでいるとも考えられる。

年金制度がない時代には、親に対する仕送りとか、

親の喜ぶ顔を見たいがために好きな物を買って帰るといった、

ほのぼのとした心の交流があった。



クウエートで働いていたアジア人やインド人は皆故郷の家族に仕送りをしていた。

「 良いですね!日本は・・・お金持ちで・・・ 」

と、どれだけ言われたことか!

本当にそうなのだろうか?

日本人は親孝行しているのだろうか?

お土産を買って帰宅する父親の姿がどれだけあるのだろう?

お父さん!働いてくれて 「ありがとう」 という感謝の言葉を掛ける家族が

どれだけ居るのだろう?



世代間の不公平感も渦巻いている。

若者が夢を持てる社会はどうすればできるのか。

我々世代の責任として良い方向に導き直さなければならない。



そりゃ〜出た!!

年金問題です。

世代間で助け合うという制度・・・少子化で危うくなって来ています。

果たして この方式が いつまで続くのか?

なんで他所の年寄りの年金まで、我々が・・・と、若い世代が・・・。

自分達の世代の年金が出るか出ないか?

とっても不安なのに・・・ねぇ〜。

おまけに今回の宙ぶらりんの年金騒ぎ、社保庁の 『不始末』 、政治家の怠慢・・・

簡単に解決できるレベルではありません。

誰も 責任を取らない・・・この不思議な国!

そこらに 社保庁 とか・・・

そういう役所で いい加減な仕事をして・・・

そのまま退職 天下りもして〜

優雅に老後生活を シャーシャーとして 送って居る 【 お年寄り 】 が

居るんじゃないですか?

あの 元東京都知事たちも 同じですね!

そう・・・あの方たちですよ。




最近ニュージーランドに旅をした。

そこに日本が見失った大切なものを感じたのはなぜか。

諸外国との比較、昔の日本との比較をしながら、

現代の問題点を明らかにすれば、理想の日本がどうあるべきかが見えてくる。



この文の中に盛んにニュージーランドが出てきます。

ちょど旅行したばかりの徹夜なので、

よほど、かの国のことが語りたかったのでしょう。

でも、本当に規模といい、島国である所といい〜

かって日本が美しい国であった良いところが、かの国にはあったのです。



1、の はじめに・・・という部分だけで、

こんなに書き足しというか〜、

私の無駄話が多くなってしまいました。

青字 緑字部分の増えたこと!

これまた 我がことながら 面白い!



2、の政治参加の意識向上 については、

次に回します。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
理想のニッポンはどうあるべきか?(NO,3)  ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる