ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 大腸がん検診は何歳からどの検査をする?

<<   作成日時 : 2016/09/21 06:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 4

私・・・幸か不幸か?

イヤ 幸なのですが・・・

いまだに 大腸検査をした経験がありません。

けっこう 【 健康オタク 】 なのにね。

胃カメラも 飲んだことはありません。

異物を受け付けないタイプだから?

ゲホ! と、拒否しちゃうかも知れませんね。

近頃は 検査をする先生も 上手な方が多いそうです。

被爆するバリューム検査より 胃カメラの推奨らしいですね。

日々 医学も進歩して居るので 楽な方法が 次から次へと考えられることでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



大腸がん検診は何歳からどの検査をする?

米政府機関が実績をもとに推奨




米国予防医学作業部会が2008年の推奨を更新

from JAMA



大腸がんは検診で早期発見し治療することで死亡を防げます。

検診の方法には新しい検査も出てきました。

アメリカの政府機関が、最新のデータをもとに検査方法の推奨をまとめました。




米国予防医学作業部会(USPSTF)がまとめた2016年版の推奨を紹介します。

学術誌『JAMA』に掲載されたものです。

USPSTFは2008年にも大腸がん検診の推奨を出していましたが、

新しく普及した検査などについての情報を加味して、推奨の内容を新しくしました。

推奨を決めるため、これまでに報告された大腸がん検診についての研究結果を調査し、

見つかった実績に基づいて評価がなされました。



50歳から75歳まで、便潜血は毎年




USPSTFは50歳から75歳までの人に、

症状がなくても以下の大腸がん検診が勧められるとしています。

•便潜血検査(グアヤック法または免疫法):毎年

•便潜血検査(免疫法)と便DNA検査の組み合わせ:1年から3年ごと

•全大腸内視鏡検査:10年ごと

•CTコロノグラフィー:5年ごと

•便潜血検査(免疫法)とS状結腸鏡検査の組み合わせ:

  毎年便潜血検査を行ったうえ、S状結腸鏡検査は10年ごと



全大腸内視鏡、S状結腸鏡、CTコロノグラフィーとは?

全大腸内視鏡とS状結腸鏡はどちらも大腸内視鏡の一種です。

全大腸内視鏡は、肛門から盲腸まで大腸のすべての範囲を観察します。

S状結腸鏡は、大腸の中でも肛門に近い側の1/3ほどを観察します。

大腸がんが最もできやすい場所は肛門に近い部分です。

一方、大腸内視鏡検査はごくまれに穿孔(腸に穴を開けること)や

出血を起こす可能性もあります。

S状結腸鏡では、大腸がんができやすい部分を観察できる一方、

観察範囲が狭いことで、穿孔などの危険性は比較的少ないことが期待されます。

CTコロノグラフィーは、CTを使って大腸を撮影し、

内視鏡で見ているような画像を再構成する検査です。

CTを使うので放射線被爆があります。



76歳から85歳以下の人は任意で



( ハハ〜〜ン 外国では 何かと年齢で 検査をするのも制限されます。

  あの 【 人工透析 】 にしても、年齢の高い方には お勧めしない?とか・・・ )



USPSTFは、76歳以上85歳以下の人に対しては、

次の理由で検診は個人の判断によるべきとしています。



• 以前に検診を受けたことがある76歳から85歳の人に対して、

  さらに検診をすることの利益は比較的小さい

• ほかに余命を決めるような持病がなく、

  健康状態が大腸がんの治療を受けるのに問題ない範囲の人にだけ

  検診が適している

( 思うに・・・高齢者は もう〜無駄な延命は無しで・・・
静かに 寿命に従い 死んでいきなさい〜〜 ということかな? 

  なるほど・・・それも一理あり!

本当の長寿とは 医学的な処方をせずに 

  病知らずで ピンピンしているお方を 指すんだと思います。

  失礼な話かも知れませんが・・・

  入退院を繰り返し〜 山ほどの薬を飲んで ヒ〜ヒ〜言いながら

  生きて居る 高齢者が居られますが〜

  其処までして 生きる意味? 考えてしまいます。

  他人さまのことで無く・・・自分の問題として 車椅子に乗ってまで

  生きたい! とは、思いません。

  自分の足で立ち! 自分の頭で考え! 自分の歯で食べ物を味わう!

  それが出来ないなら・・・ 私は 死を選びます。

  極端な話だと、笑わないでください。 )



その他の推奨

86歳以上の人に対しては、

症状や病歴と無関係に検査をすることを勧めないとしています。



さらに別の報告で、

USPSTFは大腸がんの発生を予防するためにアスピリンの使用を勧めています。



推奨の根拠は?

2016年の推奨を決めるために、研究班が最近の研究を含めた研究結果の調査を行いました。

見つかったデータから以下の結果が得られました。

•S状結腸鏡検査によって大腸がんによる死亡が減少する。

•便潜血検査(グアヤック法)によって大腸がんによる死亡が減少する。

•CTコロノグラフィーは6mm以上の腺腫を大腸内視鏡検査に比べて

     感度73%から98%、特異度89%から91%で発見する。

•全大腸内視鏡検査が6mm以上の腺腫を発見する感度は75%から93%。

•便潜血検査(免疫法)は1個の検体で感度73%から88%、特異度90%から96%。

•便潜血検査(免疫法)と便DNA検査の組み合わせにより、感度92%、特異度84%。

•全大腸内視鏡による深刻な有害事象の頻度は以下。

◦穿孔:検査1万回あたり4回

◦大出血:検査1万回あたり8回

•S状結腸鏡検査による有害事象の頻度は以下。

◦穿孔:検査1万回あたり1回

◦大出血:検査1万回あたり2回




感度、特異度とは?



感度とは、実際に病気がある人のうち、検査で見つかる割合です。

大腸内視鏡検査の感度が仮に80%とすると、

検査をしても6mm以上の腺腫のうち20%が見逃されることになります。

特異度とは、実際には病気がない人のうち、

検査で正しく病気ではないと判断できる割合です。

便潜血検査の特異度が仮に95%として、大腸がんがない人20人が便潜血検査を受けると、

1人は間違って陽性の結果が出てしまうことになります。



解釈


がんの中でも、検診による利益が確かなものは一部だけです。

大腸がんは検診が有効ながんです。

大腸がんの検診は、

大腸がんによる死亡を防げることが実績によって示されています。

一方、検査はやればやるほどよいものではありません。

複数の検査の結果が違う場合、かえって判断が難しくなることもあります。

また、高齢の人では早期発見・早期治療によって

余命を伸ばせる可能性が相対的に小さくなり、検診の意義が弱くなってきます。

自分に適したタイミングで検査を受けることが大切です。

ここで紹介した推奨は世界的に重要なものですが、ほかにも意見はあります。

検診の目的と効果をよく知るための材料として役立ててください。

(大脇 幸志郎)

◆参照文献


Screening for Colorectal Cancer: Updated Evidence Report and Systematic Review for the US Preventive Services Task Force.

JAMA. 2016 Jun 21.

[PMID: 27305422]



Screening for Colorectal Cancer: US Preventive Services Task Force Recommendation Statement.

JAMA. 2016 Jun 21.

[PMID: 27304597 ]




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
最近 色々なガンの原因が 「細菌」や「ウィルス」だと わかってきてますよね! だとしたら 「大腸ガン」も 「何かの 細菌かウィルスが 原因?」と思ってしまいますが でも その細菌やウィルスが なぜ大腸に いるのか…が 不思議ですよね!うちの母親も やっているから 私も兼さした方がいいのだが…またやった事ありませんね
まだこもよ
2016/09/21 11:46
まだこもよさん
大腸がん 出来れば罹りたくない病気です。
いつも快便?ですか。
やはり出ないと・・・腸の中に何か悪い物がある証拠かしら。
まず快便の人は 心配無いと思います。
便の潜血検査だけなら 二日に渡って 便を取るだけなので容易です。
市の健康診断で この【 便潜血検査 】 しておられませんか?
私は 二度ばかり したことが有ります。今年は忘れてしませんでした。
申し込みが 保健課へ行って 順番を取るとか! けっこう面倒なので、市民全員にしてほしいです。
ハイジママ
2016/09/21 14:17
こんにちは。
私は、5月に膵臓・胆嚢などの腫瘍マーカー、7月に胃カメラ、8月にファイ腸内視鏡と検査をしましたが、全て異常なし。
医者からは、大腸内視鏡の検査は、4年に一度くらいで大丈夫と言われてますので、次は東京オリンピックの前に検査をしようかと思います。
早期発見、早期治療をすれば、今は癌で死ぬ確率が大幅に減る時代です。
とかいって、交通事故で死んだりして...
ぼてくん
2016/09/25 16:49
賢いぼてくんは 完璧な計画ですね。
検査の計画まで、きちんと決まって居る?
早期発見が何よりですね。
癌も場所によっては 簡単に治る時代!
大いに期待できますね。
今の時代 怖いのは事件( 交通事故やテロ? 殺人事件? )に巻き込まれて不本意ながら 死ぬことかな?
病気の方が覚悟が出来る??
ハイジママ
2016/09/26 04:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
大腸がん検診は何歳からどの検査をする? ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる