ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS こわ〜〜い 血管の破裂

<<   作成日時 : 2016/09/20 18:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

お年寄りになると・・・

長年 使って来た臓器は 当然〜ガタが来ます。

個人差もあるでしょうが・・・

だからこそ 注意しなければ・・・。




1.日ごろから血圧を管理しておく



大動脈瘤の原因には、高血圧などが関係すると考えられています。

そのため日常の血圧管理はとても重要であるといえます。

血圧が高いと、それだけ血管への負担が大きくなってしまい大動脈瘤ができたり、

あるいは動脈瘤が破裂する原因につながるといわれています。


大動脈瘤と大動脈解離...高血圧の人は要注意


2.正しい生活習慣を心がける


高脂血症や糖尿病などの状態がある場合は、

動脈硬化を起こしやすいと考えられます。

動脈硬化は大動脈瘤とも深く関係があるとされます。

血圧を中心にコレステロールや血糖値などを、

きちんとコントロールすることが予防につながるとされているのです。

そのためには食事の内容や運動はもちろん、

アルコールの飲みすぎや喫煙などにも注意が必要です。

すでに動脈硬化の可能性がある人は、医師の指導を受け、

日頃の生活を見直すことが予防につながるといえます。


大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン (2011 年改訂版) から



3.定期的に検査をうける




大動脈瘤は、破裂した場合には死に至る恐ろしい病気といわれます。

しかし破裂する前に適切な治療を行えば、破裂を回避することができるとされます。

そのためには早期の発見は重要な予防のポイントといえるのではないでしょうか。

超音波検査やCT検査などの定期的な検査を受けることが

予防につながるといわれています。



大動脈瘤は何科?



大動脈瘤は心臓血管外科が専門だとされます。




まとめ




大動脈瘤は、大動脈という心臓から血液を全身に運ぶ主要な血管の病気です。

原因がまだまだ解明されていない部分があるといわれています。

しかし動脈硬化などある程度の原因がつかめている病気でもあります。

症状がでにくいという特徴から致命的な状態になるまで発見されず、

また発見されるときは治療が難しいという状態も少なくないという特徴を持っているとされます。



予防するためには日頃の生活で工夫できるものもありますが、

やはり専門医に相談するのが大切だといえそうです。

「 このくらいの痛みは大丈夫だろう 」

と、いった自己判断をするのではなく、

体調の異変などに気づいた場合は、医師と相談するといった対応が

予防への近道だといえるのではないでしょうか。





安心の脳動脈瘤治療 ー手術をしないカテーテル治療の最前線ー (希望の最新医療シリーズ)
星雲社
桜の花出版 取材班

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 安心の脳動脈瘤治療 ー手術をしないカテーテル治療の最前線ー (希望の最新医療シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こわ〜〜い 血管の破裂 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる