ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS さあ庭で野菜を育てましょう!!

<<   作成日時 : 2016/09/16 09:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 4

私は 野菜を育てるのが 大好きです。

街も好きだけれど・・・同時に田舎暮らしも好きな 欲張りな人間です。




以前は 山の畑を借りて けっこう多くの野菜を作って居ましたが・・・

今はもう〜其処まで通うのが億劫になり 止めました。

( 山の畑は 石が多くて・・・

  いくら肥料をつぎ込んでも 落ち葉を入れても 野菜くずをすべて持参しても・・・

  なかなか 良い土にならず 成果は 満足できるもので有りませんでした。

  開墾とは そんなものか! と、すごく苦労しました。

  環境は 桃源郷のような場所で のんびり過ごすには 良い所でしたが。 )

今は・・・少しの野菜を プランターで 作って楽しんで居ます。

この頃は・・・

少し大きなプランターの土を入れ替え〜運ぶだけでも・・・

息がフ〜〜フ〜〜!

齢が増えたからねぇ〜 昔とは 違います。

力仕事が しんどくなりました。




今日は・・・

ブロッコリーを 四本 植えましたよ!

苗の下には 沢山の 【 鶏ふん 】 を 入れました。

無事 大きく育ってくれるのを 楽しみにして居ます。




ブロッコリーは 花蕾を収穫してからも 

横から 次から次へと つぼみが出てくるので

収穫が長く楽しめます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




野菜作り初心者におすすめなのは・・・、

種から簡単に育てられる葉物と、大根、カブなどの根菜かな。

私が知って居る 「 わらしべ婆ちゃん 」 は・・・

家の横の空き地に トロ箱を置いて けっこう多くの大根を収穫したと、

威張って居ましたよ! 

たまに来る娘まで その大根をくれ〜と、言ったとか!




そして、小松菜、春菊、ホウレンソウなど

種まきから短期間で収穫できる葉物野菜ですね。

今から蒔けば・・・

お正月の時期 けっこう収穫が出来るはずです。

お正月前には 葉物が 高騰します。




収穫まで2カ月以上かかりますが、

収穫する達成感が味わえ、

かつ比較的簡単に育てることのできるブロッコリーや茎ブロッコリーも

おすすめの野菜の一つです。




庭に菜園スペースが確保できれば、

野菜を育てるにはベストの環境ですが、

花壇の一角を菜園スペースとしても十分育てられます。

野菜が 花の中に デ〜〜ンと鎮座するのも なかなか面白いものです。

ただし、日当たりが問題ですね。

我が家は 残念ながら 南に他所の家・・・

少々 日当たりが悪い〜! 残念です。




根菜や葉物野菜は種を多めにまき、

間引きながら株を徐々に大きく育てていきます。

その間引いた野菜は成長の度合いによってさまざまな料理に利用できます。

パセリなど 実に重宝します。




小さな芽の頃の葉物野菜や根菜の葉は

そのままサラダに混ぜて食べてもおいしく、

少し成長した大根やカブの間引き菜は、刻んでお味噌汁に入れたり、

カツオ節を入れゴマ油、醤油で炒めてもおいしいです。

成長過程を随時楽しめるのも、自分で育てたからこそですし、

これぞ秋冬野菜を自宅で育てる醍醐味です。

真夏の暑さを もうこれからは 心配しなくて済むので、

作りやすいかも?





「 でも、わが家には植え込むスペースがない 」

という方は、鉢植えでも十分に楽しめます。

我が家など その手の家、狭い庭には 植える場所が無い! 

それにね。

もう一つ 残念なことが・・・

うちの旦那が 私が野菜を作ることをあまり 好ましく思わないのです。

野菜より お花にしてほしい? と・・・。

野菜は 買えばいいじゃないか!と・・・。

私の楽しみなのにね!

夫婦の価値観は なぜ こんなに違うのでしょうね? 




あぁ〜〜理想どおりには いかないわね。

出来れば 家のすぐ前に 畑のあるおうちが 良かったなぁ〜!

他の人生の選択?? 

女は そういうことが言えますよ!




鉢では難しいと思われがちな大根は、

ミニ大根や小さな品種であるラディッシュなど短い丈の品種を選びます。

ブロッコリーなどの大きく成長する野菜は

8号以上の大きな鉢に欲張らず1苗で・・・

元肥(植え付ける前にあげる肥料)をしっかりと施して植え付ければ、

立派な花蕾(からい)を収穫できます。

※蕾を収穫するブロッコリーは、収穫する箇所を花蕾といいます。




まったくの初心者は、まずはリーフレタスやサンチュの小さな苗を

植えることからチャレンジしましょう。

失敗はほとんどなく、葉の外側から随時収穫できます。





立派な秋冬野菜を収穫するためのもうひと工夫。

植え付け直後に虫除けのネットを張ることをおすすめします。

9月といえども、まだ虫たちが活発に活動する時期。

幼い苗の時にたくさんの食害に遭うと、その後の成長にも大いに影響します。

植え込んだらすぐに、防虫ネットで覆い虫除けすることが大切です。





育てる楽しみ、おいしい収穫、うまく行けばお裾分けしたり、

成長過程ごとにいろいろな料理に取り入れたり、楽しみは無限大です。

これから始める人も、すでに始めている人も、今の適期を逃さずに! 

さあ庭で野菜を育てましょう!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



五嶋直美さんの記事を参考に引用させていただきました。

彼女は 大学卒業後、都内老舗造園会社に勤務し退社。

その後房総半島に移住し、庭で野菜や花を育てながら

プチ田舎暮らしを実践。

現在、イラストレーションおよび、園芸にまつわるエッセイ、企画、デザイン、

レクチャーなどを通し、緑のある豊かなライフスタイルを提案している方。

なんだか 理想的な生活を手に入れている方ですね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
もう やってます!(笑)
雨が多くなったら ナスが復活してきてます! ピーマンまったくも 毎日2〜3個収穫できてますよ!
まだこもよ
2016/09/16 17:29
まだこもよさんの畑は 素晴らしいですね。
熱い夏の間は 野菜も不作でしたね。
うちのゴーヤも あまり生りませんでした。
もう・・・ならないかな?と 始末してしまいました。
ハイジママ
2016/09/16 19:16
こんばんは。
お野菜日当たりのいい南側で少しおおきめのプランターでは野菜を上手に育てて居るお宅があります。
真似しようと思うのですが・・・中々実行が伴いません。
大根の芽がだいぶ大きくなってきました。もしかしたら種まきが少し遅かったかしらと思っています・暑くて暑くってそれどころではなかったので^^。
のろばあさん
2016/09/22 20:54
のろばあさん。
そうですね。冬野菜も、熱い夏の間に 畑を耕し〜種を蒔く・・・そういう努力があってなのですね。
ハイジママ
2016/09/23 12:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
さあ庭で野菜を育てましょう!! ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる