ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS ダライ・ラマ14世の 『 人生で大切な18カ条 』

<<   作成日時 : 2016/09/13 16:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 8

私・・・宗教とは まったく無縁の人です。

これでも、一応 親の影響もあり〜

宗教に満ち溢れた? 環境で育ちましたが・・・

( ごく普通の家庭 あたりまえの 日本の宗教行事には参加していました。 )

今は まったくと、言って良いほど〜

宗教的な行事も 信心もしておりません。

ただただ・・・我が道を行く。




冗談半分に よく訪れる 宗教勧誘や行事の案内の方に、

私は 「 私は 信じません。 私自身が 教祖ですわ〜 」 と、

追い払います。

何か 困りごとは有りませんか? と 言う宗教団体の方には

「 私は 困りごとは 自分で解決します。

  神にも仏にも頼りませんから

  それに、今 しあわせなのです。 」 と、

お断りします。

ボランティアで 冊子を配る宗教家の方には・・・

「 無駄です。冊子を配られても 読みませんから〜

  それに、ボランティアとは 何ですか?

  あなたが 勝手に歩いて居られるのが ボランティア?

  考え方を押し付けるのが ボランティアですか?

  私が思うボランティアとは 街を綺麗にする為にゴミを拾ったり・・・

  自分が〜自分が〜と、言わずに・・・

  ソ〜〜っと 善行をすることじゃないかしら? 」

と、反論させて頂きます。

  





1989年にノーベル平和賞を受賞したダライ・ラマ14世を崇拝するのは、

チベット国民だけではなく宗教の宗派を超えてたくさん存在します。

そう・・・

宗教という 狭い?? 域を超えた何か 【 哲学 】 と、言うならば 賛成です。





そのチベット国民の象徴であり、世界の平和の象徴と言っても過言ではない彼は

多くの教えを説いています。




あまりに世界の違う人生に

「 私たちが学べることがあるのかな? 」

と疑問を抱く人も多いはず。

しかし彼の 『 人生で大切な18カ条 』、

は私たちの襟を正してくれるような言葉が多く並んでいます。

哲学として 読むならば 納得したり 感心することが多いです。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


チベット国民の象徴

1959年に中華人民共和国の侵略、人権侵害行為に反発し、

インドへ亡命を決めたダライ・ラマ14世は、

インドにいながら世界中のチベット系民族に対して

政治、宗教両面において指導的立場にありました。





2011年に政府の長から引退しますが、亡命チベット人憲改革法案に

「 チベット国民の守護者にして保護者であり、

  チベット人のアイデンティティと統合の象徴である 」

と規定されたため、ダライ・ラマ5世以来続くダライ・ラマが権威者の座に即く

という伝統が終わることとなりました。




そんな彼が説く 「 人生で大切な18カ条 」 どうぞご覧ください。

私は 人生における 哲学として 捉えてみました。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1カ条

「 大きな愛や仕事を手に入れるには大きなリスクがつきものである 」


人生の大きなチャンスや転機には、

リスクがついて回るのだと心に留めておくてください。

2カ条

「 失敗しても良い。

   失敗から学ぶことが大切だ 」


失敗は成功の元ということなのでしょう。

人生に於いて 我々は多くの失敗を繰り返してきました。

その代わり、失敗から学ぶ努力は必要だとも言っています。

3カ条

「 自分を尊重し、周囲の人を尊重し、

   自分の行動に責任を持つこと 」


自分自身を尊重してこそ偉大な成功を成し遂げることができ、

自分自身を大切にすることで周りを尊重することができるようになり、

また自分の過ち、災難を誰かのせいにせず、全ては自分の責任であると知りましょう。

そうですね。

先ずは 自分を愛しましょう。

誰かに親切でありたいなら

自分自身にまず愛情と優しさを持たねばいけないし、

誰かの幸せを願うなら

同じことを自分自身にも願いましょう。

なかなか目から鱗が落ちるような言葉が並びます。

言葉にしていくとストンと納得できる気がします。



見えてくる、人生を豊かにする方法

生きていく上で自分を曲げなければいけないこともなりますよね。

ここからはそんな日々すり減らして生きている、

と、感じている方にこそ見て欲しいと思います。

見方を変えるだけで心が楽になるそんな言葉が並びます。

4カ条

「 望むものが得られないことは、

  時にすばらしい幸運を引き寄せてくれる 」


希望通りいかない時は宇宙からの贈り物だと思い直しましょう。

希望どおりに行かなくても、

それがきっかけで幸運を引き寄せてくれるかもしれません。

5カ条

「 ルールを破るために、ルールを学べ 」


ルールを破りたいのであれば、まずはルールを知り守ってみることが大切です。

そうすればいらぬ処罰を受けずに済むし、

ルールをどう壊していけば良いか学ぶことができます。

素直になれない人のために

人間関係に悩んだり、素直になれない人にこそ見ていただきたいです。

世の中には 素直になれない人が 如何に多いか?

そういう私も 【 素直 】 になれないで・・・

間違いの道を歩んだことが 如何に多かったか?

それは当たり前の様でなかなかできず、

誤解を生んだり大切な人距離が離れたり…。

誰しも一度は経験しているのではないでしょうか?

6カ条

「 ささいな争いで、大切な友人を傷つけてはならない 」


小さないざこざで、大切な友人関係が壊れてしまうことがあります。

財力や権力が多くの友人を引きつけるかもしれませんが、

彼らはあなたの財産と権力が無くなった時にいなくなってしまうでしょう。

7カ条

「 間違いに気づいたら、プライドを捨てすぐに処置すること 」


間違いに気づいたら、すぐに訂正する処置を講じることです。

プライドを捨ててお詫びをし、

全責任を負う姿は間違いを犯した事実よりも人々の心に深く印象付けます。

8カ条

「 毎日少しの時間でも、一人で過ごすこと 」


いつでも1日最低30分一人で過ごすことにより、

あなたの今置かれている立場、進むべき道、願いを見直すことに繋がります。

何を選択したら良いか迷った時は…

変化が恐い人、変化しすぎて自分自身ではなくなってしまった人。

何を選べば良かったのか?

あとから振り返ると黒歴史…。

なんて方も多いのではないでしょうか?

失敗したくないけれど失敗してしまった時の最善の方法、

変わり行く世界にどう付き合えば良いのか?

9カ条

「 変化を受け入れても、大切な価値観は、失わないこと 」


世界は常に動き変化しており、その変化を受け入れましょう。

そうすれば素敵な未来が待っています。

注意すべきことは、

自分自身の価値観を見失ってはいけません。

10カ条

「 沈黙は時として、最高の解答になる 」


感情を爆発させ、議論に投じずに静かに論理を持って取り組む方が、

問題を早く解決できます。

困難な時ほど沈黙し、行動に移しましょう。

11カ条

「 立派な人生を生きること 」


自分自身に誇りを持って過ごすことは、

老年になって過去を振り返った時、思い出を楽しむことができます。

後悔しない生き方をしましょう。

自分の心ひとつで幸せを作れる!

それが・・・なかなか 難しい!

愛情や親切は、世界共通の幸せを作る魔法なのだと気づかされます。

愛情や親切を持って誰かに接するということは、

日常の一コマからも感じ取れる幸せが積み重なって、

良い人生を作るのだとしみじみ感じます。

誰かと繋がるということ、

愛情や親切は必要不可欠だという気持ちにさせてくれます。

12カ条

「 家庭の愛情あふれる雰囲気は、あなたの人生の基盤となる 」


家族愛は人生を上手くいかせるために不可欠です。

振る舞い一つで家族の空間が愛にあふれた雰囲気になり、

素晴らしいものになります。

愛情を惜しみなく注ぎましょう。

13カ条

「 愛する人と口論になったとき、昔話を持ち出してはいけない 」


愛する人と議論を交わす時、

過去を持ちださず現在の状況だけで判断しましょう。

苦痛を伴い、悪化させてしまうだけです。

14カ条

「 あなたの知識を分け与えよう。それが不死への道である 」


あなたが失敗した時に、他の人が同じ失敗をしないように共有しましょう。

生涯かけて学んだ知識を、

周りに分け与えることが不死を達成する方法です。

自信がない、余裕がない時に

今何かに追われている人、

驕った態度の人は是非見ていただきたいです。

振り返って見つめ直すと大切な物が見えてきます。

大切な物が見えた時心が幸せに満たされるのではないでしょうか?

読み終わった時に幸せの第一歩を踏み出せるかもしれません。

豊かな人生のためにぜひ最後までご覧ください。

15カ条

「 私たちが住んでいる場所、地球に優しくしよう 」


地球を傷つけると自分自身、子供たち、

愛する人の未来を傷つけることになります。

これからもずっと住み続ける地球を大事にしましょう。

16カ条

「 できるだけ頻繁に、 行ったことがない場所へ行こう 」


行ったことのない場所でたくさんの経験をし、新しい自分を発見しましょう。

以前より幸せが増えるでしょう。

17カ条

「 最高の人間関係は、

   互いを愛する気持ちが、

   互いを必要とする気持ちよりも、勝るものである 」


愛する気持ちは見返りを考えずどんな時でも動きませんが、

依存関係であればピンチになった時や感情の浮き沈みで左右されます。

愛なのか、執着なのかの線引きが必要です。

18カ条

「 それを得るために諦めなくてはいけない物で、

  成功かどうかを判断すること 」


自分自身や愛する人を、危険や窮地に追い込んでまで手に入れることは、

本当の成功とは言えません。

本当に望んでいることは何か?

生きる目的は幸福を手に入れることなのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


いかがでしたか?

大きく人生を変えることはなくても、

日々のちょっとした気持ちの入れ方で大きく幸せに近づくことができるのかも。

そんな気持ちにさせてくれるダライ・ラマ14世の 「 人生で大切な18カ条 」。

宗派を超えて心に届くような気がします。

いわゆる 【 宗教 】 じゃ無い!

( 宗教なんて・・・

  仏壇に頭を突っ込んで居れば 病が治ります〜みたいな・・・

  意味の無い 自分勝手な祈り? 願望のようなもの )

それは 私が求め続けている 【 哲学 】 であるような気がします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ダライ・ラマ14世の『 人生で大切な18ヶ条 』を拝読しました。おっしゃる様に宗派を超えて人間の生き方の処方箋を述べていると思います。日本へ良く来られており、数年前に広い講演会場でお話を直接に聴いたことあります。たいへん親しみ易い話し方や姿勢で、哲学と科学的な合理的思考の両方できる素晴らしい人でしたね。ノーベル平和賞も受賞しており、チベットでは生まれ変わりを具現した『 生き仏 』と言う存在です。
華の熟年
2016/09/13 19:17
華の熟年さん
真面目な宗教心のある華の熟年さんにコメントを頂き恐縮です。
私は宗教心は有りませんが・・・哲学する心は 持ち合わせております。
宗教と言うもの 突き詰めれば 真実は一つ 哲学に通じると思います。
争いや迷いを誘う宗教よりも やはり〜〜古来からの哲学 人として どう生きるか? 人間の当たり前の在り方? それこそ 皆が真に求めるものじゃないかな?
ハイジママ
2016/09/13 19:31
いつもコメントを頂きありがとうございます、自然に生きることはなかなか難しく自分の欲ばかりが先行する人生、よく考えてみると私のブログもエゴの塊のような気がします、自然に人に接することができるようになるには100年生きても無理かもしれません、生きるということは難しいことだと思います。エゴイズムだけで生きている私には、悟りを得ることは無理かもしれません。
henokaapa
2016/09/13 22:02
自らの経験を通してより良い生き方を考え続ける「哲学」は、主体的な知的活動だと思います。語源は philo-sophia(知を愛すること)ですものね。
一方で、他者の説く教えを信仰するのが「宗教」のようにとらえています。受動的な感じがします。religion(固く守るもの?)。こちらは語源も曖昧のようですし。

『信教の自由』が憲法で保障されているはずなのに、引っ越してきたらいつの間にか「氏子(?)」になっていたり、「家」の仏事に加わることが当たり前だったり、・・・。
ハイジママさん同様 宗教心のない私は、まだまだ現実に違和を感じます。

ダライ・ラマ14世の『人生で大切な18カ条』は、おおよそ現在の私の目指す生き方「哲学」に通じるように思いました。
14カ条の「・・・。それが不死への道である。」がちょっと一致しませんけれど。
他者の言葉の中から気持ちよくストンと入ってくるものを自分に取り込みながら、自分の生き方を考えていきたいと思います。
栗原
2016/09/13 22:20
宗教という単語でくくれないものが、この長い歴史の中で育ってきたように思えます。宗教は、お金のにおいがします。まつりごと含め、見積金額を上げるために用意する、プレゼン資料としか、思えません。
ダライラマさんは、バックボーンにチベット仏教があるとは思いますが、宗教家でなく、精神的な指導者として、好きです。チベット仏教は、大変好みですが、マニグルマのような、安易な部分もあって、正面からは受け止められていません。
哲学としてならば、夫婦ともども、好感を持っていました。
主教の勧誘には、私が神だと答えています。神に従いなさい、寄付をおいていきなさい・・・と、くだらんジョークで返しています。
フリーハンド(元ベランダ農負)
2016/09/14 14:18
henokaapa さん
殆どが henokaapa さんと同様な意見なので 時々読ませていただいて 「 そうだ! そうだ! 」と、相槌を打って居ますよ。
ハイジママ
2016/09/14 23:32
栗原さん
コメントありがとうございます。
他者の言葉 そういう中にも素晴らしい教えが有る物が。
ダライダマさんは 立派だと思います。
怪しい宗教は 大嫌いですが・・・哲学的に考えるのは好きです。
ハイジママ
2016/09/14 23:34
フリーハンド(元ベランダ農負) さん
宗教でお金がらみのものは 本物ではありません。
お布施がどうとか? お墓の値段がどうとか? 戒名はいくらだとか?
話になりませんね。
あなた様が使われるジョーク いつか私も使ってみようかな?(笑)
ハイジママ
2016/09/14 23:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダライ・ラマ14世の 『 人生で大切な18カ条 』 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる