ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS ” 息子 ” と、いうもの〜〜 

<<   作成日時 : 2016/08/14 17:08   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 4

お気の毒でしたね!

簡単な言葉などで 慰められないご両親の悲しみでしょう。

大切な息子さんが 親より早くに、不測の事故で亡くなるなんて・・・

何と言う悲しみ 不幸だったのでしょう。

私にも 二人の息子が居ますから・・・

立場を置き換えて想像するだけでも 胸が痛みます。

二人の息子は とうに自立して 別世帯です。

が・・・

いつも、親は 子のことを心配して居ます。

可愛いからと?

いつまでも 親元に居て貰っても 心配の種!

遠く 外国へ旅立ったり 遠い土地で 様々な苦労に立ち向かっても・・・

親は 何一つ 助けることが出来ません。



親は 子のことを いつも思います。

頭から 離れることは有りません。

しかし、あまりに干渉などはせず・・・

遠いところから 静かに見守るだけです。



子供が 幸せに 何のトラブルにも巻き込まれず 

平安に生きることを望みます。

それは すべての親の願いだと思います。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「 やっと自分たちの時間が動き始める! 」

およそ4カ月にわたり、いとしい息子を捜し続けた両親は、

熊本県南阿蘇村の黒川の現場で発見された遺体が収容されたのを

対岸の崖の上から見届けると、ようやくほっとした表情を見せた。



大和晃さんの捜索再開から3日目の11日も、

猛暑の中で父卓也さん(58)と母忍さん(49)、兄翔吾(しょうご)さん(24)は、

朝から崖上に立ち、時折双眼鏡をのぞき込みながら祈るように捜索を見守り続けた。

「 今日こそは晃を引き上げてあげたい! 」

その一心だった。
.

『 お帰り、きつかったね、寂しかったね〜 』

 
この日の捜索は日没まで延長された。

しかし、刻々と時間が過ぎていった。

午後5時20分ごろ、卓也さんの携帯電話に県の担当者から遺体収容の連絡が入った。

そして同40分に遺体搬送のために上空をヘリコプターが旋回すると、

忍さんは現場に向かって叫んだ。

 

「 晃、もうすぐ帰れるよ〜 」


 

遺体を乗せたヘリが現場を飛び立つと、

卓也さんら3人は離れていくヘリに何度もおじぎを繰り返した。

 

報道陣の取材に応じた卓也さんは

「 この4カ月間、自分たちは時間が止まっているようだった・・・ 」

と、振り返った。

そして涙を浮かべながら

「 長い間寂しかっただろうけど、これで安心してくれと言いたい・・・ 」

と、晃さんへの思いを吐露した。

 

忍さんは

「 家族みんなの願いが今日かなった。

  晃に『 お帰り、きつかったね、寂しかったね 』 と、言ってあげたい・・・ 」

と、声を振り絞った。

 

午後7時20分すぎ、遺体が運ばれた大津署を卓也さんら3人が訪れた。

県警によると、検視室で焼香し、1時間20分ほどで退室した。

卓也さんは目を真っ赤にはらし、無言で署を後にした。

=2016/08/12付 西日本新聞朝刊=

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

熊本県は14日、熊本地震で崩落した阿蘇大橋(南阿蘇村)の下流で11日に収容した遺体は、

地震後に行方が分からなくなっていた阿蘇市の大学生大和晃さん(22)と確認したと発表した。

死因は多発外傷の可能性が高い。

一連の地震による直接死は50人となった。

 

大和さんは、本震が起きた4月16日未明、熊本市から阿蘇市の自宅に帰る途中、

阿蘇大橋周辺の土砂崩落に巻き込まれたとみられる。

 

大和さんの両親らが7月24日、阿蘇大橋の下流約400メートルの川岸で、

乗用車の一部を発見。

県は今月9日から本格的な捜索を再開し、11日に運転席付近から

遺体を収容、身元の確認を進めていた。



ご遺体が お盆近くに親元へ帰れたのは・・・

不思議な気がします。

探したい! と、言う親さんの執念が 通じたのでしょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お盆のこの時期に…そうですね、
亡骸を連れて帰れて、これでちゃんと息子さんの死を受け入れて
ご供養が出来ることでしょうね。
やっこ
2016/08/14 20:44
このニュースを読んだとき、ブログ仲間のすずりんさんのことを考えました。彼女の苦しみ〈息子さんを山で亡くして、遺体がまだ見つかっていない状態)の深さを思いました。どれほどつらいことかと想像します。ご両親にとって大切な子供が亡くなるという事実だけでも痛手なのに、どこで?と予想することさえも難しい。それはどれほど強靭な神経の人でもめちゃめちゃにまいってしまう出来事ではないかと思います。彼女のために、またご主人のためにも一日も早く解決してほしいと願ってます。
arara
2016/08/15 03:08
やっこさん
私 特別に お盆という時期を意識しませんでしたが・・・やはり、こういう極めて悲惨な重篤なニュースですからね。反応してしまいました。
特別な存在 やはり「 息子 」ですからね。イヤ それは 「娘」でも同じだと思います。子供 自分がお腹で作った子は 格別です。
ハイジママ
2016/08/15 09:45
araraさん
そうですか!
すずりんさん? 私は 知りませんでしたが。
そういう悲しい思いを抱いて居られる方でしたか!
昔 山で遭難された兄を持つ方 知って居ましたが・・・その親さんの悲しみを聞いたことが有ります。季節が来る度に 気がオカシクなるほどの悲しみだとか!
当然だと思います。
近くの御嶽山で噴火に巻き込まれて亡くなり いまだに ご遺体が見つからない方も居られます。悲しい悲しい現実だと思います。
ハイジママ
2016/08/15 09:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
” 息子 ” と、いうもの〜〜  ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる