ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS トルコのクーデターに思いを馳せて居ます。

<<   作成日時 : 2016/07/19 16:07   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

トルコで、クーデター?

(CNN)からのニュースです。

トルコからの情報によると、同国で15日に起きたクーデター未遂では

300人以上が死亡した。



その大半は警官で、首都アンカラの国会議事堂付近で起きた

軍ヘリコプターとの銃撃戦で死亡したという。

クーデター未遂では軍司令官を含む将官ら数千人が拘束された。



政権側は少なくとも7500人を拘束した。

 

18日には、イスタンブールの空軍基地では

クーデターの企てに関連した兵士の捜索が行われていた。

この日も続けられた政権側による掃討作戦。

政権側はこれまでに軍関係者や司法関係者、7500人以上を拘束したと言う。

 

また、エルドアン大統領がクーデターの黒幕と名指しするイスラム教の指導者

ギュレン師の支持者とみられる警察官ら8700人以上が停職処分となった。

拘束されたクーデター未遂に関わったとみられる兵士らの中には若い兵士も多く含まれていた。

 

政権側の対応に国際社会は−。

 
EUモゲリーニ上級代表 「 EUは法の支配の重要性を強調する 」

 

クーデター未遂に乗じた対抗勢力への掃討作戦が行き過ぎた弾圧にならないか、

懸念の声があがっている。


大統領府の情報筋は、軍の将官少なくとも2839人が拘束されたとしている。

国営アナトリア通信は16日、アンカラの検察が最高裁判事ら

約200人の身柄を拘束したと伝えた。



エルドアン大統領は事態掌握を宣言したものの、

今回の騒乱には軍内部に広まる不満の根深さが表れている。



トルコは北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国で、

過激派組織 「 イラク・シリア・イスラム国(ISIS) 」 と戦う米軍のパートナーでもある。

クーデター未遂がこうした関係にどのような影響を及ぼすかは、まだ不明のままだ。



軍人2839人も拘束、反乱勢力の大規模な弾圧が始まったもようだ。

エルドアン大統領は、敵対する米国在住のイスラム教指導者ギュレン師が

背後にいるとして米政府に拘束と強制送還を要求。

外交問題にも発展しそうだ。

 

地元メディアは空軍のアクン・オズトゥルク前司令官も拘束されたと報道、

首謀者の可能性があるとしている。

どのような勢力がどんな理由で反乱を起こしたのかが今後の焦点となる。

 

AP通信などによると、ペンシルベニア州に住むギュレン師は

記者会見し、クーデター未遂について

「 最も強い言葉で非難する 」 と述べて関与を完全否定。



エルドアン氏による自作自演の可能性があると指摘した。???

 

ケリー米国務長官は訪問先のルクセンブルクで、

正式な要求があれば検討するとした上で、

同師が関与した証拠を示すべきだと強調した。

( そう・・・イラク戦争の時のように〜

  あいまいな理由で 裁くのは 危険だ! )

 

ユルドゥルム首相は16日、欧州連合(EU)加盟条件を満たすため、

2002年に廃止した死刑を復活し、クーデター未遂の首謀者らに適用する可能性を示唆した。

 

ギュレン師は エルドアン氏と連帯関係にあったが、

エルドアン氏が独裁色を強め、敵対するようになった。

トルコで本人不在のまま政権転覆未遂の罪で裁判にかけられている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



こんなことを して居て・・・

トルコは 真の安定など あるのだろうか?

クーデターの首謀者? 

そのために 動いた軍人や司法関係者など・・・

あとあとに 不満が残らないのだろうか?

そういう分子が また 再び動かないという保証は無い!

最悪の場合は ISとの連携分子を産まないか?

それが一番に心配だと思う。



トルコは 親日国。

我が家も イスタンブールの素晴らしさに魅かれ・・・

その土地を訪れた家族。

当時は イラク戦争当時であったが・・・

トルコ国内は 安定していた!

イラクとイランは 戦争をして居たが・・・

トルコで出会ったイラン人にも お世話にもなったし〜

にこやかなトルコの普通の人々との触れ合いも懐かしい。

それが 今 隣国シリアの混乱により、

難民問題で揺れ〜EUとの関連で・・・

中東の大国 トルコは 揺れに揺れて居るのだ!

安心して 遺跡を巡る旅など 出来る環境では無い!

何より それが悲しい!



考え方は 飛躍し過ぎると、怒られそうだが・・・



親米的? 親EU的な? エルドアン氏

かなり ≪ 強権派 ≫ だとか・・・。

大きな国らとの協調政策を 取って居るのだが・・・



なんだか その姿勢が・・・

日本国の 安倍氏と重なるのは 私だけ?

何処の国も その国の その国らしい行動を取るという方法が有る筈?

難しいとは思うが・・・

あまりに 国内の違う考え方の人々をつぶすことばかり考えて居ては・・・

その国内の安定には繋がらないのでは ないだろうか?

日本も 参議院選での自公勝利に 安倍政権は 酔って居るような気がする。

そして今 東京都知事選で 反対分子を つぶすのに・・・懸命だ!

日本人の性格は 穏健だから・・・

トルコのように 「 クーデター 」 なんて言う方法は あり得ないが・・・

あまりに 自公の勝手な政治ばかりが先行すると・・・

危ないんじゃないかな? と、思うこの頃。

よくは解らないが・・・

あまりに 右へ行くと〜おのずと 左に進路修正の動きが出てくるのが 日本じゃないかな?

もはや、昔のように・・・戦争への道を 行け行けドンドンで・・・

突き進むことはあるまい! と、私は信じます。







アメリカがギュレン師をトルコに引き渡せない5つの理由


ニューズウィーク日本版7月19日 より


<トルコのエルドアン政権は、クーデター未遂に関与したとしてアメリカに滞在中のイスラム教指導者ギュレン師の引き渡しを求めている。しかし確たる証拠も提示されない中で、アメリカがこの要求に応じることは考えにくく、結果としてトルコと欧米側の関係が悪化する可能性もある>

 先週末にトルコで発生した「クーデター未遂」事件に関して、トルコのエルドアン政権は、アメリカに亡命している宗教指導者ギュレン師の引き渡しを要求しています。同師が事件の黒幕だというのですが、これに対してアメリカのケリー国務長官は引き渡しを拒否する考えのようです。

 その理由としては色々ありますが、5点議論してみたいと思います。

 1点目は非常に基本的な法律論です。ケリー長官によれば、犯罪行為に加担したという証拠がなければ、身柄の引き渡しはアメリカの国内法上許されないし、何よりもアメリカの裁判所からそのような執行命令は出せないということです。ケリー長官は最初からこうした姿勢を示していますが、トルコのユルデゥルム首相からは具体的な「証拠」の提示はありません。

 2点目は人道的な判断です。政治的迫害を理由に事実上亡命してきている人物を、その迫害者のところへ送還することは、人道上の問題になります。特に今回のトルコでは、EU加盟の可能性を失うことを覚悟しつつ「死刑復活」の論議が始まっていること、ギュレン派の人々に対する大統領支持派による殴打の様子を映した写真が出回っていることなどから、迫害が行われているのが明白だということもあります。

【参考記事】トルコは「クーデター幻想」から脱却できるか

 3点目は宗教上の問題です。ギュレン運動というのは、政教分離、世俗主義との整合性を掲げた穏健な教義で知られます。欧米にとっては、イスラム教の教派の中でも最も理解しやすい考え方です。地元のペンシルバニア州「ポコノ地方」の新聞によれば、ギュレン師の立場というのは、原理主義の対極にあるものだとして、仮にタリバンがブッシュ前大統領とギュレン師を捕まえたとしたら、ギュレン師に先に危害を加えるだろうと書かれていました。その例えが適切かどうかは別として、そのような人々に迫害が加えられている中で、指導者を送還するという判断は取りにくいと思われます。

 4点目は政治的な問題です。トルコのエルドアン政権は、6月末にロシアのプーチン大統領との劇的な関係改善を行うなど、シリア情勢への関与、ISIL対策の問題などで米欧との協調姿勢から外れつつあります。そのような中で、原則論を曲げてまで関係改善を図る政治的な環境にはないことがあります。



 5点目は地理的な問題です。現在ギュレン師が居を構えているのは、ペンシルベニア州のセイラーズバーグという場所です。このセイラーズバーグというのは、州北東部にある「ポコノ山地」という高原地帯の入り口にある閑静な山間部のコミュニティです。

 筆者の住んでいるニュージャージーからは車で1時間半程度の距離で、ニューヨーク州の北部やペンシルベニア州の北部に用事のある際には良く通る州道の高速33号線に沿ったところにあります。本当に静かな山の中です。言ってみれば、ポコノが軽井沢なら、セイラーズバーグは松井田とか下仁田という感じでしょうか。都会からは離れた山地ですが、静かな住宅地、あるいは別荘地として知られています。

 興味深いのは、このセイラーズバーグにはヒンドゥー教の改革運動である、アーリヤ・サマージ系の宗教学校もあります。そもそもアメリカというのは、旧大陸で迫害を受けた清教徒(ピューリタン)が建国しましたが、なかでもこのペンシルベニアというのは、その設立者の一人であるウィリアム・ペンの考え方により、特に「信教の自由」「他宗教への寛容」を徹底する考え方が今でも生きています。

 ですから、ドイツのルター派の中で近代文明を否定したり、徹底した博愛主義を唱えたりして迫害を受けた「アーミッシュ」のコミュニティが、ペンシルベニアには今でも残っているのです。そうした風土がアーリヤ・サマージ系の拠点となった背景にあり、亡命地としてギュレン師がここを選んだのも同じ理由だと思います。

【参考記事】人種分断と銃蔓延に苦悩するアメリカ

 そのような土地に暮らすギュレン師を、迫害される可能性が濃厚な中で、トルコに送還してエルドアン政権に引き渡すのは、アメリカの建国の理念そのものに反することになってしまいます。

 以上のように、アメリカがギュレン師の身柄をエルドアン政権に引き渡すことは、非常に考えにくく、結果として米欧とトルコの関係は一層の冷却が進むことが考えられます。エルドアン政権は、そこまで計算して行動している可能性もあります。

 とは言え、他の中東のイスラム諸国とは違って世俗主義を旨とするトルコで、ナショナリズムに火が付いて「反欧米」的な運動が強まり、大統領の求心力を支えるような展開になるかどうかは見えにくいところがあります。トルコで発生した「クーデター未遂」によって、ペンシルベニアの静かな高原の町はにわかに騒々しくなっています。




Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2013年 7/16号 [雑誌]
阪急コミュニケーションズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2013年 7/16号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ハイジママさん同様、トルコのクーデター失敗のニュースに私も気持ちの中で引っかかりを持っています。これをチャンスとばかりにさらにイスラム色を強めていくトルコを心配しています。また、死刑を再開するとの報告にはぎょっとしました。これからトルコはどちらの方向に向かうのでしょうか?積み上げてきたアメリカ・ヨーロッパの関係がこの辺りから変わってきそうですね。うまく表現できないのですが、ヨーロッパにごく近いこの国の行く末を案じています。
arara
2016/07/20 01:38
TOPの考え方ひとつで 一国の方向が 変な方向に向かう場合が在りますよね。過去の歴史が物語ります。
多くの人 軍や警察関係者を処分した?ようですが・・・そんなことをしたら よけいに人々の恨むが増幅するんじゃないかしらね。
TOPに変な人を掲げないように・・・何処の国も 要注意かも?
ハイジママ
2016/07/20 15:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
トルコのクーデターに思いを馳せて居ます。 ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる