ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS やっと解放された ビーグル犬!

<<   作成日時 : 2016/07/08 07:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

長い間 実験に使われてきた ビーグル犬

韓国から アメリカへ・・・

やっと 太陽の下 しあわせになりました。

優しいアメリカの人に出会って良かったね。



思い出します。

我が家でも とある処から 救い出した 「 ビーグル犬 」 が 居ました。

名前は 単純に 「 ブ〜〜ちゃん 」 と 呼びました。

ご近所の方々からも 可愛がられました。

しっぽの先 白い毛をピコピコ振りながら〜

いつもニコニコしていたからです。

よほど我が家へ来たのが 嬉しかったのか?

庭に放しても 一度も吠えず〜穏やかで・・・

前の住処の方角は 見向きもしませんでした。

よほど 【 つらい思い出 】 ばかりだったのです。



例えば 水一滴 も満足に飲ませて貰えない生活でした。

水は 降る雨水を舐めて居ました。

犬小屋には 舐めた跡が付いていました。

エサは 余りものの 「 あんこ 」 ばかり・・・

それが 糖尿病になった原因でした。

( 結局 その病で亡くなりました。 

  それでも、おおよそ十年 我が家に居ました。 )




前の飼い主に 冷たくされたにも関わらず、

それでも〜〜ひにくれもせず〜〜気の良い子で・・・

庭に来る鳥と 一緒に ごはんを食べていました。

ウ〜〜 と、怒ることなど まったく無いのです。



次男坊と スケボーをしたり・・・

可愛い子供を産んだり・・・

そんな時期が彼女の一番幸せな時でした。




ビーグル犬は 特に 人間を信頼し〜

けっして歯向かう犬ではありません。

優しいその性格から どうしても 人間の都合で・・・

薬や手術など 医学的な実験に多く使われてしまいます。

出来るだけ 最小限の回数にするとか?

少しでも つらい思いをする 「 実験動物 」 が 減ることを 望みます。




我が家の近くに お猿さんを実験に使う 「 某研究所 」 が あります。

今は 研究者も変わったであろうから・・・

その 厳しい研究は していないかも知れませんが・・・

以前は かなり厳しい実験を お猿さんにしていた? そうで・・・

( 頭を切り開き 冷水に体を浸けて 苦痛を与える実験とか? )

動物愛護の反対を訴える団体の人が・・・

猿を逃がしたことが あります。

人間の為の 研究とは言え なんとも辛い研究ですね!









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっと解放された ビーグル犬! ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる