ハイジの窓

アクセスカウンタ

zoom RSS 大英帝国の変なプライド今も・・・

<<   作成日時 : 2016/06/28 17:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4


ピーター・バラカンさんの話から

「 大英帝国の変なプライド今も 」

聞き手 編集委員・刀祢館正明さん

2016年6月25日



英国の人たちが離脱を選んだことに、僕は複雑な思いです。

ジョン・レノンさん妹さん、英残留に投票 

「 兄だったら 縮小より拡大選ぶだろう〜 」

 ( フムフム・・・ジョン・レノンだったら・・・

   世界の平和 協調 話し合いの精神だものね! )




英国は自分の道を1人で歩くことになるのか。

本当に1人でやっていけるのか。

もちろんそんなわけはないですから、

前より不利な状況で欧州の国々と付き合うようになるし、

米国との関係も難しくなるだろう。

「 墓穴を掘ってしまった 」 などと、思わないように、うまくやってほしい。

僕が今言えることは、こんなことぐらいです。

 

もともと欧州大陸の人たちと英国人の感覚は、

どこか決定的に違うところがあります。

 


欧州大陸の人たちを十把一絡げにはできませんが、

大陸内は陸続きで、昔から行き来があり、

戦争したり貿易したり、仲が良いかどうか別にして、

わかりあっている部分は英国人よりはあると思う。

 

一方で、大陸と、ドーバー海峡を隔てる英国人は少し異なります。

英国人だって、自分たちが単一民族ではない、

雑多な集まりだということはわかっている。




でも、なんだかんだ言いながら

「 昔は大英帝国だった 」


という変なプライドがどこかに残っている。

何かあったら

「 だって我々はブリティッシュだから 」 と。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「 昔は大英帝国だった 」

「 だって我々はブリティッシュだから 」




こういう発想は むしろ 恥だと・・・

私が イギリス人だったら そう〜思う。

今は もう〜過去の栄光?

そんなのに しがみつく時代じゃ無い!




大英帝国の歴史は 考えてみれば〜

世界征服の歴史だ!

むしろ 恥!




それは ドイツ人が 過去 ヒットラーに踊らされて・・・

世界を恐怖に陥れたことと 同様・・・

世界の海に出て〜多くの土地をわが物にした悪徳の国!

中東の国々に 意味なく 国境線をまっすぐに 引いた責任は イギリスだ!

イラクに住んで・・・それは 分かったこと!

住んでみなくちゃ 分からない話。




私は・・・

別に イギリス人を偉いとも なんとも思わない人。

むしろ 野蛮で 人の生活を踏みにじる人たちだった! と、さえ 思う。

( 過去に於いて 踏みにじった先祖・・・それは 確か!

  貴族の歴史だって 考えてみれば 略奪の歴史! 

  王族たち・・・ただ その身分に胡坐をかいてきた人々! )

かって サッチャーだって!

アルゼンチンを攻めて 戦争を始めたじゃないか!

イギリスの利益の為には 平気で 大砲を他所の国に撃ち込む人!

北の誰かさんと、どう違うのでしょうか?




しかし、国民の方々 個人的には なんの罪もない!

みな 平等!

移民の人も 難民の人も・・・

みな 平等!

同じ 地球の上の 兄弟でしょう?

みな しあわせになるように〜〜

協力しなきゃ なりません。

勝手な行動が 許されるわけがありません。




理想を語った EUの精神

忘れちゃいけません。

私は そう〜思います。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ふふふ、すごく良く分かります、ハイジママさんの言いたいこと。
どの国に対してもあの国は「上から目線」の態度を変えることができないみたいです。常に階段の一歩上に立って物事を判断しているような雰囲気です。イギリス人自体は私、好きですが、国家としてみた場合、ヨーロッパの他の国から見ると「お宅が班長って誰が決めたの?」と言いたくなります。
arara
2016/06/30 04:25
araraさん
やはり「 上から目線 」ですか〜!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!
嫌な国かも?
ハイジママ
2016/06/30 10:07
若い世代の大きな反離脱へのデモがありましたね。
一人の若者の発言が印象的です。「自分の世代に幻滅した、腹が立った。何もしないから(投票に行かないから)こんな結果になったのだ!」

オリンピック誘致の国民投票じゃない、未来を左右する大事を軽薄な国民投票で国民に任せる、いわば責任逃れをしたのですからね。
次期候補者はやり直しは認めないと言っているし。。メルケル首相も、長引けば悪の連鎖反応を懸念しているのか・・次のステップを急がせる。。
どっちに転んでもどこから見ても、今回の事件は世界の若者、特に先進国の若者達には、反面教師になったようです。
恵まれている若者達が政治に関心ない場合は、その結果は、誰のせいでもない自分達が自分達のクビを締めたと目覚めさせたのではないでしょうか?

見るからに保守派の初老女性カメラの前で「民主主義の下、みんなで決めたことですからね、(反対デモしてもダメです)」フンと冷たい態度でした(苦笑)

私の希望観測ではなく、私はEU破壊しないと思います。束になれば強いことと、一国の誰それよりも「EU国民」としてより大きく広い権利が与えられたのですから、EU国民は元の不利な状態に戻りたくないでしょう。不当に扱われていた貧乏国の某国民も同権あるために、違法行為があればブルッセルに正当化を訴えられる・主張できることを知りました。
狭い一国でなく、広範囲で職場や仕事も探せるし、学問したい者には今までの国じゃない、EU国民として道が開けているのですから。

海岸で魚の数を数えて生活している漁師や年金者の年金も減少のなか、EU前の思い出を大切にしていても、現実は年金も魚の数も減っているのですワ〜(苦笑。
サワークラウト
2016/07/03 18:32
サワーさん
世界は実に混乱していますね。
EUしかり 諸国でテロ勃発! もはや日本だけのんきに暮らして行けませんね。
せっかくEUとして 長年の夢を実現したのですから 頑張って維持していただきたいものですね。
ハイジママ
2016/07/04 06:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
大英帝国の変なプライド今も・・・ ハイジの窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる